飲食業

飲食店を1ヶ月で辞めると考えるのは間違いではない!転職がうまくいくことだけ考えよう

飲食店に入社したけど、入社してすぐに「辞めたい」と思っているけど

  • 人間関係が理由ですぐ辞めてもいいのかな
  • もう少し続ければ業務にも慣れるのかな
  • すぐ辞めても、ちゃんと就職できるのかな

と心配があると思いますが、株式会社ビズヒッツの調査によると、入社から2週間以内で転職した人が5割超、入社後すぐに転職してよかったと思う人は94.5%もいて、あまり心配せずに次のステップに進めることができることが分かりました。

この記事では、入社して1か月で辞めたいけど心配な方に、心配する必要がない理由と、次の仕事も安心して探せる方法をご紹介しますので、参考にしてくださいね。

 

 

入社後すぐに転職した人の調査から分かった、1か月で辞めることを心配する必要はありません

入社後すぐに転職した理由に関する意識調査

調査対象:入社後1ヶ月以内に転職した経験のある方
調査日:2021年10月9日~28日
調査方法:インターネットによる任意回答
調査人数:383人(女性223人/男性160人)

株式会社ビズヒッツが、入社後1ヶ月以内に転職した経験のある383人を対象に「転職理由に関する意識調査」を実施したのですが、その結果をランキング方式で発表したんです。

  • 入社から2週間以内で転職した人が5割強
  • 入社後すぐに転職してよかったと思う人は94.5%

1か月で辞めることは、今の時代おかしいことでなく、むしろ我慢して働いて体を壊してしまうことが問題です。

詳しい調査結果をご紹介しますので、同じ状況の人がどんな思いで退職して次のステップに進んでいったのか、ぜひ見てみてください。

 

入社から2週間以内で転職した人が5割超いて、初日に退職をしたいと思った人もいます

入社後1ヶ月以内に転職した経験のある383人に、調査した内容によると、入社して2週間以内に転職した人が56.9%(383人中218人)で、なんと5割を超えています。

3日以内に転職した人も18.8%いて、かなり早い段階で転職・退職している人もいるんです。

「初日から無理だと感じたけれど、すぐに辞めるのも気がひけて1週間我慢しました」「給料の締め日を待って退職」といった体験談もありました。

すぐに辞めたいと思って、行動に移せた人はいいのですが、初日に「辞めたい」「辞めよう」と決めたけど、しばらく我慢して働いている人も実は多いんです。

 

すぐに辞められずに我慢している人のSNS上の口コミ

辞めたいから辞めれる人は救いがありますが、問題なのは辞めたいのに辞めれず、ストレスを溜め込む方なんです。

実際に辞めたくても辞められず、体調を壊している方の書き込みがありました。

辞めずに続けた結果、体も心も壊している人のSNSへの書き込み

 

 

入社して辞めたいと思いながら、頑張って働き続けると心身ともに悪い影響が起こってしまう人もいました。

辞めたい理由は人それぞれかもしれませんが、飲食店だと1日の大半を職場で過ごすことになりますし、ストレス発散できる休みも少ないので、どんどんストレスが溜まっていくだけになってしまいます。

 

会社から止められて辞められない人のSNSへの書き込み

入社時点で、やばい会社と分かっていても辞めるタイミングを逃してしまったせいで、退職を止められている人もいました。

泣いてお願いしても辞めさせてくれないとなると、どうしたらいいか分からなくなってしまいますよね。

もし、入社してすぐに「この会社は合わない」「この仕事は自分に向いていない」と直感で分かったら、行動に移すことであなたの体も心も守れますよ。

 

 

入社後すぐに転職してよかったと思う人は94.5%もいました

先ほどの調査に戻るのですが、入社してすぐ辞めて「よかった」「まあよかった」という人が合わせて94.5%もいました。

入社してすぐに「辞めよう」と決意して行動を起こすことで、強いストレスから解放され「よかった」と感じる人が多いんですね。

 

入社後すぐに転職してよかった人の声をご紹介します

  • 早いうちに踏ん切りつけたことで、自分に合う仕事を見つけられた(男性、転職時22歳)
  • 仕事をするにあたり人間関係はとても大事で、そのまま仕事をしていたら心が壊れていたと思うから(男性、転職時25歳)
  • 長くいると辞めづらくなりそうだったので、すぐ転職して正解でした(女性、転職時31歳)

出典:株式会社ビズヒッツ

すぐ転職してよかったという声の特徴として、早く気持ちを切り替えられた人が多かったです。

このままずるずる我慢して体を壊すより、退職して別の職場で頑張ることに気持ちを持っていくことが大切です。

 

 

短期離職で転職するのが難しかったという声も正直ありました

  • 履歴書の職歴に傷がついた(男性、転職時25歳)
  • 転職先を探すのに時間がかかった。「すぐ辞める人」というレッテルが貼られ、結局パートを選択することになった(女性、転職時32歳)

出典:株式会社ビズヒッツ

一番心配する、入社してすぐに転職ができるかという点ですが、転職がうまくいった人もいればうまくいかなかった人もいました。

入社後1か月となると、社会保険に記録が残ってしまう時期

履歴書で隠したとしても、転職先での社会保険の手続きでバレてしまうので、履歴書に書くことで就職活動に苦労する人もいました。

 

 

入社後すぐ退職した場合の転職をスムーズに進めるには、転職エージェントに相談するのが確実

入社してすぐに辞めた場合、ストレスから解消される反面、短期退職が理由で転職がうまくいかないということもゼロではありません

そういうことを避けるためにも、今からでも遅くないので、まずは転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントの中でも『doda』は、20代~30代向けの求人の数・質・幅が充実しているのが特徴で、転職に不慣れででアドバイザーが転職をサポートしてくれる手厚いサービスがあるんです。

何よりも、dudaは短期退職で転職がうまくいくか不安という方も安心してサービスを受けることができるのも特徴です。

実際にdudaでの、短期退職の方の質問の一部ご紹介しますね。
おすみ

短期退職で質問した時のアドバイスの一例

短期での退職には「人間関係がうまくいかなかった」「自分の担当したい業務ではなかった」「想定以上に忙しかった」などさまざまな理由がありますが、ただありのままに伝えるだけでは協調性に欠ける、嫌なことがあれば逃げてしまう、とネガティブに取られかねません。理由とともに、現在は心を改めて失敗を繰り返さないように努めている、といった改善していく意欲を伝えることが大切です。
引用:DODA

 

キャリアアドバイザーから短期退職をした人へのアドバイスの一例ですが、否定をせずどうやったら転職がうまくいくか一緒に考えてくれて、適格なアドバイスをくれるんです。

また、履歴書や職務経歴書を作成のサポートも受けることができ、面接対策もしてくれるので、少しでも転職を成功させてたい方はdudaに相談しましょう。

もし飲食業だけでなく、他の仕事にもチャレンジしたいという気持ちがあれば、併せて相談してみてくださいね。

dudaは、転職業界大手ということもあり、約15万件の求人数を持っているので、あなたに希望やスキルにあった転職先を紹介してくれますよ。

\短期退職でも安心して転職活動をしたい方は/

duda公式サイトから会員登録をする

登録から転職が決まるまですべてのサービスはすべて無料で受けられます

 

 

この記事のまとめ

  • 入社から2週間以内で転職した人が5割強
  • 入社後すぐに転職してよかったと思う人は94.5%

1か月で辞めることは、今の時代おかしいことでなく、むしろ我慢して働いて体を壊すことを避けるべきです。

いざ辞めても、短期退職が転職活動に影響も与えるのも正直なところあるので、転職エージェントを使うの一番安心です。

dudaは短期退職で転職がうまくいくか不安という方も、手厚いサービスで転職活動を行うことができるので、短期離職後の転職をスムーズに進めたい方は今からでも十分間に合いますので、dudaに登録して相談しましょう。

\スキルや経験も少ないから就職できるか不安な方は/

duda公式サイトから会員登録をして相談してみる

20~30代がメイン!未経験やスキルがなくてもあなたに合う転職先を紹介してくれます

 

 

 

-飲食業

Copyright© おすみとおかず , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.