※本記事で紹介している商品にはPR商品を含みますが厳格なコンテンツ掲載基準を満たさないものは一切排除しております。詳細はコンテンツポリシーにて掲載しております。

40代からの学び直し

【2023年版】40代主婦の仕事復帰&給料アップにおすすめの資格8選

この記事では40代主婦の仕事復帰におすすめの資格をご紹介します。

  • 仕事復帰を考えている
  • 今後役立つ資格がほしい

子育てもだいぶ落ち着き、時間にも余裕が出てきて、仕事復帰を考えている主婦の方も多いと思います。 今後、仕事復帰を考えている方や役立つ資格がほしい方は、ぜひこの記事を参考にしてください。  

 

40代主婦の仕事復帰におすすめの資格8選

40代主婦の仕事復帰におすすめの資格を8つご紹介します。

取得すれば、資格があるということで有利にもなり今後役立つため、取得して損はありません。

①:簿記

種類 民間資格
資格発行元 商工会議所
資格実施日程 1級:年に1回、2・3級:年に3回
難易度
受験料 1級:7,850円 2級:4,720円 3級:2,850円
推定学習時間 250~500時間
推定年収 250~350万円

簿記は、企業規模に関係なく、お金や財産の取引きなどを記録、計算し整理するもので、経営状態を知ることができます。

簿記を理解することで、会計や経理の知識がみにつき、経理などの事務職に就職できます。

経理などの仕事を考えられている方は、2級以上を取得することをおすすめします。

簿記1級を取得すれば、税理士の受験資格が得られるなど、今後、しっかりと安定した職の道も開けてくる資格です。

また、今後、個人で事業を始める予定がある方も取得して損はありません。  

 

②:医療事務認定実務者

種類 民間資格
資格発行元 全国医療福祉教育協会
資格実施日程 月に1回
難易度
受験料 5,000円
推定学習時間 200時間
推定年収 250~350万円

医療事務は、医療機関でレセプト(診療報酬請求書)作成をし、医療費の計算や診療報酬請求を行う仕事で、窓口での患者さん対応となります。

医療事務は大変人気で、取得する方が多い資格ですが、医療業界での人手不足や今後も需要のある仕事のため、取得して損はありません。

また医療事務の資格があれば、全国どこの医療機関でも働けるところも魅力です。

人と話すことが好きな方や接客業の経験がある方にも、おすすめの資格です  

 

③:登録販売者

種類 国家国務院
資格発行元 日本FP協会
資格実施日程 1級:年に1回、2・3級:年に3回
難易度
受験料 1級:8,800円、2級:6,600円、3級:5,500円、4級:5,500円
推定学習時間 50~100時間
推定年収 平均300~350万円

登録販売者は、ドラッグストアや薬局などで風邪薬や鎮痛剤といった一般用医薬品が販売できる資格を持つ人です。

薬剤師の人手不足により設けられた資格で、薬剤師並みに働けます。

登録販売者は第二類・第三類医薬品の販売が可能で、ドラッグストアで販売されている医薬品の9割が第二類・第三類医薬品のため、重宝される資格です。

薬についての知識も深まり、実生活においても活かせる資格です。年1回の試験実施日に向けて、すきま時間にコツコツ余裕をもって勉強できます。

合格後は、正式な登録販売者になるためには、試験の合格と直近5年の間に2年以上の実務経験が必要になってきます。

とはいえ、通常のパートで働くより資格手当がもらえ、ドラッグストアなどで店舗管理者になるには、登録販売者の資格を持っていることが必須条件となります。

そのため登録販売者資格を取得していれば、自分自身のキャリアアップにもつながり、昇進の道も開けます。  

 

④:保育士

種類 国家資格
資格発行元 一般社団法人 全国保育士養成協議会
資格実施日程 年2回 前期:筆記4月 実技7月 後期:筆記10月 実技12月
難易度
受験料 12,950円
推定学習時間 100~200時間
推定年収 平均214万円

保育士は、乳児から未就学児を預かり、保護者の代わりに基本的な生活習慣を身につけさせる人です。

今後の人格形成に関わる大事な時期に関わるため、重要な役割を担います。

保育士は国家資格ですが、必ずしも専門学校や大学に通う必要はなく、通信講座でも勉強可能です。

子育てを経験された方だからこそ、保育士として活かせる知識や経験があります。

両親共働きの家庭は多く、保育士の需要も高いです。保育園をはじめ、病院などさまざまな施設で求められています。

 

⑤:介護職員初任者研修

種類 民間資格
資格発行元 民間のオンラインや対面講座
資格実施日程 常時
難易度
受験料 4~10万円
推定学習時間 130時間
推定年収 240~350万円

介護職員初任者研修は以前ヘルパー2級と呼ばれていた資格で、統合され介護職員初任者研修という名称になっています。

介護の仕事には入浴は排泄といった直接身体に触れる「身体介護」と身の回りのサポートをする「生活介護」に分けられます。

身体介護を行うには、介護職員初任者研修以上の資格が必要です。

未経験でも介護の仕事に携わることもできますが、資格を持っていることで、給料アップにも繋がります。また、国家資格である介護福祉士などへの道も開けます。

介護職員初任者研修は年齢や性別、実務経験に関係なく受講が可能です。

厚生労働省認定の資格で、130時間のカリキュラムを修了し、認定試験を受け合格すれば介護職員初任者研修の資格が与えられます。

高齢化社会において、欠かせない介護職。今後ますます必要となる職種です。

 

⑥ :ファイナンシャルプランナー

種類 国家資格
資格発行元 日本FP協会
資格実施日程 1級:年に1回 2・3級:年に3回
難易度
受験料 1級:20,000円 2級:11,700円 3級:8,000円
推定学習時間 80~150時間
推定年収 300~400万円

ファイナンシャルプランナーは、人生の資金計画などの相談やサポートをしてくれる人です。

金融、不動産、税金、教育資金などあらゆる知識が必要になりますが、相談者の夢の実現や豊かな人生を歩むためのサポートができるやりがいのある仕事です。

お金の知識が増えることで、ご自身の生活においても活かせます。級にもよりますが、国家資格の中では、比較的取得しやすい資格です。

ファイナンシャルプランナーの資格をもつことで、金融業界や保険業界などでさまざまな業界で活躍できます。

 

⑦:社会保険労務士

種類 国家資格
資格発行元 厚生労働省
資格実施日程 年に1回 8月の第4日曜
難易度
受験料 15,000円
推定学習時間 800~1000時間
推定年収 300~500万円

社会保険労務士は、社会保険や労働関連の専門家で人事や労働管理を行う人です。

雇用保険や社会保険、労働に関する唯一の国家資格で、さまざまな雇用形態がある現在、企業で問題になることも、専門家として解決に導きます。

難しい資格ですが、社会保険労務士として独立することもでき、今後役立つ資格と言えます。

年に1回の試験に向けて、時間に余裕がある際にしっかりと勉強されることをおすすめします。

 

⑧:マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

種類 民間資格
資格発行元 マイクロソフト社
資格実施日程 随時
難易度
受験料 アソシエイト:9,800円 エキスパート:11,800円
推定学習時間 60時間
推定年収 250~500万円

マイクロソフトオフィススペシャリスト、通称MOSは、マイクロソフト社が認定するWordやExcel、PowerPointといったスキルが証明できる国際資格です。

実務レベルのアソシエイトとより高いスキルが証明できるエキスパートの2種類があります。

これまでパソコンを扱ってこなかった初心者は、アソシエイトをまず取得すると良いでしょう。

仕事で使えるオフィスソフトが学べ、パソコンが苦手な方も、MOSの資格があることで事務職などに就くことができます。

試験も随時行われており、仕事復帰におすすめの資格なので、ぜひ挑戦してみてください。

 

40代主婦が資格をとる時のポイント

40代主婦が仕事復帰にむけて資格をとる際のポイントをご紹介します。

難易度が低い資格

難易度が高い資格より低い資格を選びましょう。

難易度が高い資格は、独学が難しかったり時間がかかったりします。40代主婦が資格をとる場合は、難易度が低く比較的簡単に取得できる資格を選ぶことをおすすめします。

実務経験が必要ない資格

実務経験の必要がない資格を選びましょう。

資格の中には、実務経験が必要なものもあります。仕事復帰をするにあたり、実務経験をつむ時間も必要になることは、かなり時間がかかってしまいます。

40代主婦にとって実務経験が必要になる資格はおすすめしません。

知名度や信頼性がある資格

たくさんの資格の中には知名度や信頼性が低い資格もあります。

40代主婦が仕事復帰するための資格取得では、知名度や信頼性がある資格を選んでください。

知名度が低い資格の場合、転職に活かせない可能性が高いです。

資格の知名度や信頼性を考え資格取得するのも、40代主婦が仕事復帰に成功するための秘訣です。

 

40代主婦におすすめの勉強方法

資格取得するには、勉強し、その知識を頭にいれなければなりません。

この記事で紹介した資格は、「独学」「通学」「通信講座」で取得可能なものですが、勉強方法は人それぞれ異なります。ご自身に合った勉強方法で資格取得を目指しましょう。

独学

独学は参考書などを買い、スケジュールをたて、自分ひとりで勉強する方法です。

費用は通学や通信講座より抑えられるため、費用をなるべく抑えたい方は独学がおすすめです。

家事や子供が幼稚園や学校に行っている間で、マイペースに資格取得にむけて取り組めます。

しかし、なにか不明点が出てきた際に、質問したり教えてもらったりすることができないのがデメリットです。

難易度の高い資格になると、独学では難しい点や時間がかなりかかってしまう可能性があります。

通学

資格取得スクールに通い、決まっているカリキュラムやスケジュールに従い勉強します。

スクールということで、多少費用はかかりますが、講師や一緒に勉強する仲間がいて、モチベーションアップにも繋がり、メリハリをつけ勉強ができます。

スケジュールに合わせ、時間がとれる方に向いている勉強法です。

通信講座

「スクールに通う時間の確保が難しい」「独学では不安」といった方におすすめなのが、通信講座です。

独学と同じく、すきま時間に勉強でき、自分のペースで進められます。

独学に似ていますが、通信講座の場合、不明点があれば問い合わせ可能です。

資格取得に向け、分かりやすくポイントがまとめられたテキストで勉強できる点も魅力です。

通学するより費用面も通学する時間も抑えられます。

仕事復帰にむけて、資格取得をするという点で通信講座はおすすめです。

 

まとめ

この記事では、40代主婦の仕事復帰におすすめの資格をご紹介しました。

時間に余裕があるときに、しっかり学び仕事復帰に繋げましょう。

今までとは違う分野の資格にチャレンジすることも、新たな道を開いてくれます。

今回ご紹介した資格は、今後役立つ資格でもありますので、ぜひ参考にチャレンジしてみてくださいね!

 

  • この記事を書いた人

すみれ&かず

40代、50代の夫婦が運営する生活情報メディア。 いくつになっても好奇心旺盛!新しいものが大好きな「すみれ」と、仕事一筋の「かず」が、『生活』『食』の質を上げるためのさまざまな情報をご紹介しています。

-40代からの学び直し