飲食業

飲食店社員が職場を『地獄だ』と思い始めたら心も体も限界のサイン

これまで飲食店で社員として働いてきたけど、職場が地獄だと思い始めたら心も体も悲鳴を上げている状態です。

そんな状態になったらまずどうしたらいいのか、同じ状況を経験してきた私が解説します。

 

 

職場が地獄だと思ったら店から離れることを考えましょう

職場が『地獄』と思うのは、その状況から逃げられない、つまりしばらくお休みしたり退職ができない状況だからなんです。

  • ただでさえ人手不足なのに、自分が休んだら店が回らなくなる
  • 店に社員は自分しかいないから、休んだらバイトしかいなくなる
  • 休んだら、オーナーから怒られるし、ますます休めなくなる
  • 学歴や年齢からして今の会社を辞めても、希望する条件の会社には入れないだろう
  • パソコン操作が苦手だから他の業種への転職が出来ないだろう
  • 独立なんて資金的に無理

こんな自分の置かれた環境を考えてしまうと、我慢して働き続けることになります。

そして限界を超えてしまうと、心身に不調をきたしてしまうことも。

一番は仕事をしばらく休んでみるのが一番ですが、それも難しいということであれば退職を考えるのが一番の解決方法です。

 

 

退職を考えた方がいい5つの状況

あなたは当てはまりますか?

  1. 疲れているのに寝付けないし寝坊をする回数も多くなった
  2. お酒の量が増える
  3. 忙しい時間帯になるとすぐイライラしてしまう
  4. 通販サイトで大量に買い物をしてしまう
  5. お客さんに接していても楽しくない

飲食店で社員として働いていて退職すべき5つの状況を、経験を通して解説していきます。

ストレスで取返しのつかないことをしてしまった同僚もいて、同じ思いをしてほしくないので真剣にご自身を向かってください。

 

1.疲れているのに寝付けないし寝坊をする回数も多くなった

朝から夜遅くまで働いていて体は疲れているはずなのに、なかなか寝付けない。

仕事のことを忘れるためにYouTubeを見てしまう、気付いたら寝坊してバタバタと店に出勤するいう生活になっている人はストレスが溜まるばかりでなく、体も壊してしまうかも。

ランチタイムの後は、無理やりでも休憩って仮眠する。

アイドルタイムもろくに休憩が取れないようでしたら、しばらく休みをもらうか、病院に行くことも検討しましょう。

 

2.お酒の量が増える

お酒で体をリラックスさせてストレスを解消しようとして、お酒の量が増えている方は注意が必要です。

お店でもお酒を引っ掛けて、テンションを上げて仕事をするようになったら、危険なサインです。

お酒を飲むとストレスホルモンである「コルチゾール」の分泌が増えます。飲む期間が長くなるにつれ、ストレス耐性が下がり、「抑うつ」の度合いも高まります。ストレスが溜まって、飲酒量が増えることは、「うつ病」に向かって、一気に突き進んでいることと同じです。
出典:週刊ダイヤモンド・オンライン

早めに退職して、あなた自身を正常な状態に戻したほうがいいです。

 

3.忙しい時間帯になるとすぐイライラしてしまう

忙しい時間になると、イライラしてバイトさんやパートさんにあたってしまう場合、困った時に協力してくれなかったり、シフトに入ってくれないことが発生します。

バイトさん、パートさんも、きっとあなたの大変さや負担を大きさを分かってくれているはずですが、バイト・パートさんにも限界があります。

分かっていても当たってしまうという状態まできてしまっていたら、職場は離れた方がお互いのためです。

 

 

4.通販サイトで大量に買い物をしてしまう

通販サイトの利用はたまにしてたけど、最近大量に購入してしまうという場合は、買い物をすることでストレス解消をしているサインです。

支払いがカードの場合は、気付いたら請求額が大変なことになっていたということもあり、私の同僚は実際にお店のお金に手を出してしまいました。

取返しがつかない状況にならないためにも、飲食店の環境からは離れるべきです。

 

5.お客さんに接していても楽しくない

お客さんに接していても楽しくない、むしろ「この客、むかつく」などの感情が出てしまっている場合は、今のあなたは接客業をしていてもやりがいを感じられなくなっている状態です。

この状況が続けば、お客さんからのクレームやグルメサイトへの書き込みがきたりして、ご自身の評価が下がるだけです。

最悪な場合、給料も下げられ休みをもらえなくなるかもしれません。

退職をして飲食業以外の仕事を探してみましょう。

 

退職を考えた方がいい5つの状況のまとめ

  1. 疲れているのに寝付けないし寝坊をする回数も多くなった
  2. お酒の量が増える
  3. 忙しい時間帯になるとすぐイライラしてしまう
  4. 通販サイトで大量に買い物をしてしまう
  5. お客さんに接していても楽しくない

もし1つでもご自身で実感しているのであれば、飲食業を辞める決断をするタイミングです。

ここでとどまっていても、同じ状況の繰り返しどころか悪くなる一方です。

自分がいなくなったらお店は大丈夫かなと心配されているかもしれませんが、今のあなたの状況はご自身を一番に大切にするべきです。

退職して一旦休む、別の仕事を探してみることも視野に入れて前に進みましょう。

 

 

もう地獄のような職場で働きたくないという方は

飲食店を辞めてしばらく休みたいけど、生活が心配という方は、自宅でコールセンターの仕事ができる「コールシェア」がおすすめです。

コールシェアは、学歴やスキルといったものは必要なく、今までの接客業で培ったノウハウが生かせるお仕事です。

そして、スマホで自宅で好きな時間に働けるので、ご自身の時間を作ることができます。

しばらくは地獄のような飲食店から離れて自宅でゆっくり働きたいなという方は、、まずはコールシェアに会員登録をしてくださいね。

今までなかなか行けなかった買い物も行けるようにもなり、温泉旅行にも行けるようにもなりますよ。

\自分のプライベートを充実させたい方は/

コールシェアの会員登録をする

スマホで始められて、教育担当のサポートも受けられます

 

 

この記事のまとめ

この記事では、飲食店社員が職場を地獄と思い始めた場合に、どうすればいいのかを解説してきました。

  • ただでさえ人手不足なのに、自分が休んだら店が回らなくなる
  • 店に社員は自分しかいないから、休んだらバイトしかいなくなる
  • 休んだら、オーナーから怒られるし、ますます休めなくなる

お店のことを考えるのも大事ですが、一番はご自身の体と心を大切にするのが大事です。

私も飲食店の店長をやっている時に、同じことを考えてなかなか一歩が踏み出せませんでしたが、退職しても実際にお店は回っています。

飲食店を辞めてしばらく休みたいけど生活が心配という方は、自宅でコールセンターの仕事ができる「コールシェア」に登録して、自分のプライベートの時間も大切にしながら、次のステップに進んでいってくださいね。

\自分のプライベートを充実させたい方は/

コールシェアの会員登録をする

スマホで始められて、教育担当のサポートも受けられます

 

 

 

 

 

 

 

 

-飲食業

Copyright© おすみとおかず , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.