飲食業

【2022年最新】飲食業の転職サイトおすすめ5選、飲食転職の経験の目線からご紹介

この記事では、飲食業の転職サイトのおすすめをご紹介します。

飲食店では深刻な人出不足で、未経験でも人材を求めている飲食店は非常に多く、転職サイトを通して活動すれば、交渉によっては条件よく転職できることもあります。

今の職場を辞めて、もっといい条件で働けるところを見つけたいという方は参考になさってください。

 

 

飲食店転職サイトおすすめ5選

サービス名 求人数 おすすめ度
フーズラボ・エージェント
itk(アイティーケー)
リクルートエージェント
doda
クック・ビズ

結論から言うと、飲食業界への転職を成功させるなら、飲食業界に特化した転職エージェントを利用しましょう。

特に、飲食への転職を決めているということであれば、転職エージェントは飲食業界を知り尽くしている転職のプロがいるので、客観的なアドバイスをもらうことができます。

一方、飲食業だけにこだわらず、ご自身の強みが活かせる仕事につきたいという方は、飲食業界も豊富にある転職エージェントにも登録しておくのが、おすすめです。

ご紹介する飲食業に強い転職サイトだと、飲食店に勤務しながらの転職活動に、なかなか時間がかけられないという実情も理解してくれるのもありがたいです。
おすみ

転職サイトはあまり多く登録するとやり取りが大変なので、多くても2社の登録十分です。

 

 

1位:フーズラボ・エージェント

求人数 50,000件以上
対応地域 東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・名古屋・福岡
※オンラインで全国でも対応可能
取扱職種 店長候補・ホールスタッフ・料理長候補・キッチンスタッフ・寿司職人・パティシエ・ブーランジェ・ソムリエ・バーテンダー・バリスタ・本部スタッフなど

フーズラボ・エージェントは、外食産業・飲食業の転職支援を専門に手掛ける株式会社クレオが運営する飲食求人サイトです。

求人は、外食産業・飲食業界の転職支援に特化し、年間20,000名以上の実績があります。

優良企業の独占求人も数多く保有していますので、飲食業への転職を考えているなら登録しておきたいエージェントです。

 

メリット

  • 将来性、安定性の会社のみを紹介してくれる
  • オンラインで対応してくれるので、すきま時間で相談してくれる
  • 面接から条件交渉まで手厚いサポートがある

デメリット

  • 50歳以上は利用できない
  • 求人が公開されていない
  • 飲食業界以外の求人がない

キャリアアドバイザーとの面談を重ねながら転職活動を進めていくので、サポートが手厚く体験入店や見学にも応じてくれるので、会社ことを分かった上で入社することができます。

またフーズラボエージェントは、今の職場に不満があってすぐに転職はしないけど、この先どうしようといった状況でも相談にのってくれるところも、心強いです。

業界の知識が豊富で、親身になってくれる点も評価がとても高いポイントです。
おすみ

 

 

 

2位:itk(アイティーケー)

求人数 1万件以上(※非公開求人含む)
対応地域 東京・神奈川・千葉・埼玉・海外
取扱職種 料理長候補、寿司職人、バリスタ、栄養士・管理栄養士、ソムリエ・ソムリエール、バーテンダーなど

『itk』は、外食産業特化型の飲食業界でトップクラスの求人数を誇る飲食業界でも大手のエージェントです。

全国に店舗を持つ飲食大手から、個人商店のような飲食店、バックオフィスの求人まで種類も幅広いので、希望の求人が見つからないということはまずありません。

メリット

  • 年収600万以上賞与・昇給などの福利厚生が整っている求人が多い
  • 海外の求人を取り扱っている
  • 飲食業界での経験が豊富なキャリアアドバイザーが多い

デメリット

  • 求人が関東エリアのみ
  • 契約社員や派遣求人を紹介されることがある

飲食に転職するのは人手不足なので簡単ですが、良い転職先を見つけたいといった点では、豊富な求人数を取り扱っているitkに登録して絞り込むのがおすすめです。

フーズラボ・エージェントとitkに登録しておけば、間違いなしと言ってもいいでしょう。
おすみ

 

 

 

3位:リクルートエージェント

求人数 約5,000件(非公開求人含む)
対応地域 全国
取扱職種 ホールスタッフ、フロアスタッフ、店長、店長候補、調理師、シェフ、パティシエ、スーパーバイザー、店舗指導、その他飲食関連職

転職者の約8割が利用する国内最大級の転職サイトで、職種・業界を問わない豊富な求人を保有いるので、飲食業にこだわらず他の業種の転職も視野に入れたいという方におすすめです。

求人に関しては、圧倒的に大手企業の求人が多く、店長候補・エリアマネージャーなどの管理職や商品開発などの企画職をはじめ、販促やマーケティングなどの本部業務も取り扱っています。

メリット

  • 飲食業の中でも企画や販促などレベルアップしたい人にはぴったり
  • 審査が厳しいので、ブラック企業が少ない
  • 履歴書や面接対策のアドバイスが的確

デメリット

  • 飲食業界以外も扱っているので、担当者に知識にムラがある
  • 掲載の求人数が減っている
リクルートは大手企業の取り扱いが多い反面、昨今の状況から掲載求人の数が少なくなっています。転職先は飲食業界だけと考えている方は、リクルート以外にももう1社は登録しておきましょう。
おすみ

 

 

4位:doda(デューダ)

求人数 約2,500件(非公開求人含む)
対応地域 全国
取扱職種 店長、店長候補、ホールスタッフ、フロアスタッフ、スーパーバイザー、店舗指導、事務、その他飲食関連職

dodaは、人材業界No.2のパーソルキャリアが運営する転職エージェントです。飲食業界の求人も、リクルートエージェントには劣るものの、飲食特化型サービスに負けない求人数を持っています。

労働条件が比較的整っていて、オペレーションが整備されている大手の飲食業の求人が豊富で、店舗業務だけでない幅広い求人を多数扱っているのが特徴です。

メリット

  • 飲食でも、ホテル、食品業界、運営スタッフなど幅広い職種の求人が多い
  • 飲食以外にも求人が揃っている
  • キャリアアドバイザーのアドバイスの評価が高い

デメリット

  • 中小の店舗の求人が少ない
  • 調理師の求人が少ない

dodaは拠点数も多いので、小さいことでもすぐに相談に行けるということもおすすめポイントです。

転職先は飲食業界だけと考えている方は、リクルート同様に、doda以外にももう1社は登録しておくのをおすすめします
おすみ

 

 

5位:クックビズ

求人数 約26,000件
対応地域 全国
取扱職種  店長候補・ホールスタッフ・料理長候補・キッチンスタッフ・寿司職人・パティシエ・ブーランジェ・ソムリエ・バーテンダー・バリスタ・本部スタッフなど

クックビズは、飲食業界を専門として扱う求人サイトのなかで飛びぬけて多くの求人を取り扱っています。

またクックビズでは、スカウト機能も無料で使えます。

メリット

  • 飲食業界の求人数が圧倒的に多い
  • 地方の案件も多い
  • 電話応募は24時まで受け付けてくれる

デメリット

  • 20、30代が中心の求人が多い
  • 面談できるのは、東京、大阪、名古屋のみと
ご自身のペースで仕事を探せる制度や、スカウト制度も自由に選べるので、とりあえずゆっくり求人を探したいという方にもおすすめです。
おすみ

 

 

この記事のまとめ

この記事では、飲食業の転職サイトのおすすめを、飲食転職の経験の目線からご紹介してきました。

飲食店に勤務しながらの想像以上に大変ですので、人の力に甘えてぜひ転職を成功させてください。

どれもよさそうで迷うのであれば、最低でも「フーズラボ・エージェント」と「リクルート」に登録しましょう。

 

 

 

 

-飲食業