本ページには広告が含まれています。

生活の質を上げる

ハルメクの雑誌はどこの書店で手に入る?今すぐ読みたい方必見

2023年5月3日

この記事は、ハルメクを書店で購入してすぐに読みたいという方に向けて手に入れる方法をご紹介します。

結論からいうと、ハルメクは残念ながら書店では購入することができませんが、公式サイトからの定期購読以外に購入する方法はあります。

本文を読めばこれからすぐにハルメクを読むことができますので、最後までぜひチェックしてみてください。

\ハルメクをこれからすぐに読みたい方は/

dマガジンを詳しくみてみる

dマガジンは31日間無料で読めます!

 

ハルメクはどこの書店、コンビニに売っていません

冒頭でもお伝えした通り、ハルメクはどの書店でも売っていません。

というのも、ハルメクは購読者の悩みや思いを徹底的に調査して、雑誌の企画や特集に反映させているのが特徴の雑誌なのですが、その基となっているのが読者とのコミュニケーションだからなんです。

定期購入することで、はがきやイベントなどで読者とコミュニケーションを図ることが可能となり、それがハルメクの強みや人気の高さにつながっています。

 

ハルメクの雑誌の購入方法

購入方法金額
定期購読を申し込む・12冊コース(1年)6,960円
・36冊コース(3年)18,900円
バックナンバーを購入する690円(送料・税込)
メルカリで購入する650~1000円程度
dマガジンで購入する1ヶ月440円(31日間無料)

書店やコンビニに置いていないハルメクですが、4つの方法で購入することができます。

 

方法その①:定期購読を申し込む

  • 12冊コース(1年)6,960円
  • 36冊コース(3年)18,900円

公式サイトから、12冊コース(1年)と36冊(3年)コースの2種類を選んで購入する方法があります。

毎月10日に自宅に届きます。

 

方法その②:バックナンバーを購入する

販売期間発行日の翌々月の1日(日・祝の場合は当社の翌営業日)から6か月間
料金(1冊)690円(送料・税込)

ハルメクの公式サイトでは、過去6号分までのバックナンバーの販売をしています。

バックナンバーの購入購入方法は、公式サイトから購入ができて、発売日の翌々月から販売されます。

最新のものを読むことができないのですが、メルカリのように高い金額で購入する必要がなく、公式サイトから購入できるので安心です。

 

方法その③:メルカリで購入する

メルカリでは、ハルメクが出品されていて紙面版を購入することができます。

定期購読したくないけど、紙面版を読みたいという方にぴったりです。

ただハルメクは人気が高いため

  • 出品されてもすぐに売り切れてしまう
  • 金額が高い

というデメリットがあります。

ハルメクは10日発売なので、毎月10日すぎにメルカリをチェックするのがおすすめですよ!
すみれ

 

方法その④:dマガジンで購入する

書店で手に入らないハルメクを無料で試し読みした読みたい人におすすめなのが、無料で試し読みできる「dマガジン」です。

というのも、dマガジンを無料で試し読みすれば、ハルメクの最新号のみならず、2号前まで初回31日間は無料で試し読みができ、解約も簡単にできるので、気軽に利用することができます。

dマガジンは、ドコモユーザーでなくても無料で試すことができますよ!
すみれ

 

dマガジンでハルメクを読む方法

  1. dマガジンの公式サイトにアクセスする(dアカウントを発行する)新規登録
  2. ハルメクなど気になる雑誌を選んで読み始める。
  3. 無料期間が終了する前に、解約手続きを行う

dマガジンでハルメクを読む手続きは、dマガジンにアクセスして登録すれば、すぐにハルメクを読み始めることができますが、「ドコモユーザー」と「ドコモユーザー以外」の方でそれぞれ異なります。

↓ ここで切り替えができます ↓




ドコモユーザーの方の手続き方法

ドコモユーザーの方は、『生体認証でログイン』か『dアカウントID』を入力して『次へ』をタップして、『申し込みを完了する』をタップすれば登録完了となります。

無料期間を過ぎた場合、利用料金(月額440円)の支払いは、携帯電話の料金に合算されます。

ドコモユーザーの以外の方の手続き方法

  1. 『dアカウント』の発行手続き
  2. 『クレジットカード』での支払い

ドコモユーザー以外の方がdマガジンを試し読みする場合、2点が必要となります。

『dアカウント』をつくるには、google、Yahoo!、LINEのいずれかのアカウントがあれば作ることができます。

氏名や性別、生年月日などの基本情報を入力して、クレジットカードの登録をして、アプリをダウンロードすれば手続きは完了です。

利用できるクレジットカードは、『VISA』『MasterCard』『JCB』『AMERICAN EXPRESS』です!
すみれ

\手続きは簡単!/

dマガジンの手続きをする

dマガジンは31日間無料で読めます!

 

dマガジンは解約を忘れなければ大丈夫!

dマガジンは、無料期間中の31日間以内に解約手続きを行うことで、料金が発生することはありません。

  • Android端末を利用している場合:dマガジンアプリで解約手続きを行う
  • それ以外:dマガジンの公式サイトから解約手続きを行う

『もうすぐお試し期間が終了しますよ』というお知らせはないので、解約日を忘れずにカレンダーなどに書いておくと安心です!

なお、解約手続きを忘れてしまうと、440円の月額料金がかかってしまうので、ご注意ください。

 

dマガジンの雑誌ラインナップ

dマガジンは、ハルメク以外にも1000誌が読み放題となっています。

ほんの一部だけですが、読み放題の雑誌をご紹介しますね!
すみれ
  • 週刊現代
  • 女性自身
  • サンデー毎日
  • 週刊女性
  • 女性セブン

dマガジンは、最新号だけでなくバックナンバーも読めるので、過去に発行された雑誌も楽しめるのもポイントです。

\手続きは簡単!/

dマガジンの手続きをする

dマガジンは31日間無料で読めます!

 

dマガジンでハルメクを読む前にメリット・デメリットを確認

dマガジンはお金をかけずにハルメク試し読みできる方法ですが、後悔せずハルメクを楽しみたいという方のために、dマガジンの特徴をふまえたメリットとデメリットをお伝えします。

dマガジンで読むデメリット

  • 著作権の関係で一部のページが表示されない
  • 付録がついてこない

ハルメクをdマガジンで読む場合、これはハルメク以外のどの雑誌でも言えることなのですが、肖像権や著作権の関係上、読めないページがあります。

実際、dマガジンのハルメクを確認してみたところ、全ページの3割ほどが省かれていました。

また定期購読をした場合には付録がついてくることがありますが、電子版では付録がついてきません。

ただ、全体で言えば、ハルメクの特集ページなどは問題なく読めるので、まずはハルメクを無料で試してみたいという方であれば、問題なくしっかりと楽しむことができます。

 

dマガジンで読むメリット

  • 無料で読むことができる
  • 販売日に最新号が試し読みできる
  • どこでも読むことができる
  • ハルメク以外の雑誌も楽しめる

dマガジンのメリットは、何と言っても最新号を31日間無料で読むことが出来る点です。

スマホでもタブレットでも読むことができるので、外出先でも読めるのも嬉しいポイントです。

また、ハルメクを読み終わった場合でも、残りの無料期間で約1000種類の雑誌を読むことができるので、無料期間を存分に楽しむことができます。

\無料で読みたい方は/

dマガジンの手続きをする

ハルメク以外の雑誌1000種類も楽しめる!

 

ハルメクの雑誌を読んでいる人の口コミ

 

ハルメクは、50代以上の女性をターゲットにしていて、雑誌業界が元気がない中売上を伸ばしている雑誌です。

人気の理由は、読者が記事を読んだ時に「役に立った、便利」といいうレベルではなく、「びっくりした!感動した!なんで私が知りたかったことが分かるの?」と他にの雑誌にはない情報まで、落とし込んでいるからです。

毎月お家に雑誌が届くのをワクワクして待っているという方も多いんです。
すみれ

定期購読のハードルが高いという方は、まずは31日間無料で、dマガジンでハルメクを楽しんでみることから始めてみましょう。

\まずはお試ししたい方は/

dマガジンで読んでみる

31日以内に解約すれば料金はかかりません

 

ハルメクでよくある質問Q&A

Q1:ハルメクの3冊お試しコースはあるの?

 

Q2:ハルメクの販売日はいつ?

 

Q3:ハルメクは一冊いくら?

 

Q4:ハルメクの雑誌って宗教なの?

 

Q5:ハルメクの出版社はどこ?社長は?

 

この記事のまとめ

この記事は、ハルメクを書店で購入できるかについてお伝えしました。

ハルメクは残念ながら書店では購入することができませんが、他の方法で購入することができます。

いますぐハルメクを読みたいという方には、31日間無料で試し読みすることができる「dマガジン」がおすすめです。

dマガジンで読むことで、ハルメクの最新号を読むことができるようになって、定期購読をするかゆっくり検討することができるようになります。

\ハルメクの最新号はこちら/

dマガジンで読んでみる

無料期間に解約すれば1000種類の雑誌が0円で読める!

 

 

  • この記事を書いた人

すみれ&かず

40代、50代の夫婦が運営する生活情報メディア。 いくつになっても好奇心旺盛!新しいものが大好きな「すみれ」と、仕事一筋の「かず」が、『生活』『食』の質を上げるためのさまざまな情報をご紹介しています。

-生活の質を上げる