飲食業

飲食業で働く旦那の給料が安いのに労働時間も長い!もう耐えらない場合どうするべき?

この記事では、飲食業で働かれるご主人の給料が安くて、生活も精神的にもつらいと思い始めた時、どうしたら楽になるのかをご紹介します。

 

飲食業で働く旦那の給料が安いという悩みは多くの方が持っています

 

 

飲食業の旦那を持つ方の多くの方が、『勤務時間のわりに給料が安い』といった不満を持っているのではないでしょうか。

給料が今と同じでも勤務時間が短かければ、まだダブルワークができ生活がもっと豊かになったり、家族と会話する時間も増えるのでまだ我慢できますよね。

しかし現状と言えば、飲食業で働く多くの人が、給料が安いのに朝早く出勤して帰りは深夜、休みも月数回しか取れないという状況。

そんな生活を続けていると、お金の負担だけでなく、子育ての負担、生活リズムのずれなども妻の負担が知らない間にどんどん増えていって、気付いたら不満爆発ということも起きてしまいます。

 

 

旦那の仕事に我慢できなくなったときは

給料が安くて労働時間も長い飲食業の旦那の仕事に我慢できなくなったときは、一度自分の気持ちをしっかり伝えてみて、アクションを起こすことも大事です。

具体的に、どんなアクションが起こせば状況がよくなるのかを、ご紹介しますので参考にしてみてください。

 

1.転職できないか旦那に相談してみる

おすすめ度
解決できる可能性

「生活が苦しい」「勤務時間のわりに給料が安いので体が心配」と正直に言って、一度相談してみましょう。

もし旦那が同じようなことを考えているのであれば、転職も考え始めてくれるかもしれません。

しかし、旦那は妻が思うほど、給料や長い拘束時間について危機感がなく、今の仕事にやりがいや誇りを持っていることもあります。

その場合は、旦那に転職のことを口にすると、『自分のことを分かってない』と逆効果になってしまうこともありますので注意が必要です。

 

 

2.旦那の上司に給料を改善してほしいと直接交渉してみる

おすすめ度
解決できる可能性

2つめの方法は、旦那の会社に直接交渉するとやり方。

会社が旦那の給料を上げなければならないという証拠がある場合は、弁護士を通して交渉することも可能です。

しかしこの方法、ご自身の労力・時間・お金がかかるだけでなく、最悪のケース裁判になってしまうことも。

ご自身だけでなく、旦那も家族も傷ついてしまうリスクを考えると、この方法はおすすめできません。

 

 

3.家を出ていく(離婚する)

おすすめ度
解決できる可能性

もう我慢の限界で、自分の体も心もボロボロという方には、家を出て行ていく・離婚するという選択もあります。

もしその行動を起こす場合は、感情的にならず計画をしっかり立てることが大事です。

  • 家を出て行った後に住まいや敷金はどうするのか
  • 生活費はどうするのか
  • もし働いた場合も、最初の1か月のお給料が出ない月はどうするのか
  • 働きに出た時に子供はどうするのか

自分で生きていけて、子供も一人で育てられると確信できれば、行動を起こすのも1つの方法です。

 

4.自分でできる仕事を始めてみる

おすすめ度
解決できる可能性

もしご自身がやれる仕事があれば、家計も豊かになり旦那の給料が安いという問題を解決することができます。

もしご自身が子育て中だったり、外に働きに行くのはきついと思う方がいれば、在宅で仕事ができるコールセンター『コールシェア』がおすすめです。

  • 在宅で仕事ができる
  • 普段着でできる
  • スマホがあれば仕事できる
  • 人間関係のストレスがない
  • 勤務時間が自由なので、旦那が急に休みが取れたという時も休むことができる

いざ仕事をしようとなると、履歴書から写真の準備、通勤服、ランチ、意外とお金がかかりますが、コールシェアはそういった準備は不要なので、無駄なお金を使う必要がありません。

通常の仕事と違って、旦那の予定にも合わせられるので、報酬で休みの日に旦那と一緒にマッサージや日帰り温泉に行って体を労わってあげることもできますよ。

\旦那の好きな飲食店の仕事を応援したい方は/

コールシェアの公式サイトを見てみる

採用、研修、仕事まですべて自宅でできます

 

 

これが飲食業の給与水準の現実!自分たちで解決方法を見つけるしかない

ネット上では、飲食店の旦那の給料はいくらかという質問を見かけました。

飲食店によっても規模や職種によって変わってきますが、国税庁から飲食業のデータが出ていました。

国税庁が調査した『民間給与実態統計調査 -調査結果報告』によると、「宿泊業,飲食サービス業」は最も低いく260 万円となっています。最も高い「電気・ガス・熱供給・水道業」の 824 万円比べて、年収564万円もの差が出ていました。

どうしてこんなに金額の差が出るのかというと、宿泊業や飲食サービス業は、学歴や専門的な知識やスキルの必要性が他の業種比べて比較的低いので、給与が低くなっていると言われています。

このデータを見ていてもこれから先も、飲食業の給与が急激に上がる可能性は低いですよね。

もし旦那が仕事にやりがいを感じている場合で、ご自身もこの生活を何とかしたいと思うならば、ご自身がアクションを起こすしかありません。

 

 

旦那の給与に我慢できない場合は、自分自身で状況を変えるしかない

  1. 転職できないか旦那に提案してみる
  2. 旦那の上司に給料を改善してほしいと直接交渉してみる
  3. 家を出ていく(離婚する)
  4. 自分にできる仕事を始めてみる

飲食店の給与は、ただでさえ低いのに、この2年でさらに低くなった方も少なくないと思います。

私の旦那も給料が10万カットされたまま忙しさだけが復活して、私自身も旦那の会社に何度給与を元に戻してほしいとお願いしようかと思った時期もありました。

しかし、私も仕事をするようになったことで、旦那の給与のこともあまり気にしなくなったので気持ちが楽になりました。

『給料安いけど旦那は頑張っているから、私も頑張りたい』という方は、「コールシェア」に登録して無理のない程度で仕事を始めましょう。

\旦那の好きな飲食店の仕事を応援したい方は/

コールシェアの会員登録をする

採用、研修、仕事まですべて自宅でできます

 

 

 

-飲食業

Copyright© おすみとおかず , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.