仕事・ステップアップ

仕事ができない、居場所がないと感じたら、信頼を取り戻すのは難しいので退職した方がいい

この記事では、仕事ができなくて居場所がないと苦しんでいる人に向けて、環境をリセットして居場所を作るのが大事ということをお伝えします。

結論から言うと、仕事ができないと評価されてしまい、居場所がないと感じている場合は、その場所から離れてあなた自身を守ってあげることを優先しましょう。

この記事をきっかけに、あなたが生き生きできる居場所を見つけてくださいね。

[toc]

 

実際に会社に居場所がなくて悩んでいる人の体験談をご紹介します

一度、職場に自分の居場所がないって感じてしまうと本当に辛いです。

人の目や、言動に敏感になってしまって、仕事に集中できず余計に空回りしてすることもありますよね。

株式会社ビズヒッツの調査では、会社を辞めたいと思ったことがある889人に「どんなときに会社を辞めたいと思うか」の理由を聞いたところ、1位は「職場の人間関係が悪い(206人)」、2位は「理不尽な扱いや叱責を受けた(188人)」で、約44.3%の人が同じように悩んでいました。

いじめや無視といった直接的な被害がある以外に、陰口が多く陰湿な職場に耐えられないと言ったことが実際に声に上がっていました。

なかには、「気に食わないからと仕事を回してもらえなくなった」「関係を拒んだら無視されるようになった」などのハラスメントを受けている声もありました。

 

居場所がないと感じたら、心が壊れる前に職場を離れましょう

居場所がないと感じ、追い詰められた場合、心もボロボロになりうつ病になってしまう可能性が高いので、まずは離れることを考えましょう。

転職することは逃げと感じる人もいますが、決してそうではありません。
おすみ

なぜなら、会社に居場所がないまま我慢して続けていると、職場の人の見えない圧力で精神的にボロボロになるだけでなく、何度も配置換えをされたり、自己退職を強要される恐れもあります。

そして、自分のために職場以外の居場所を作ってあげて、心を軽くしてあげましょう。

もし今の職場で耐え続けてうつ病になってしまった場合、今の職場で働けないことはもちろん、回復できるまでに、数年かかってしまうこともあります。

仕事のブランクが空いてしまうと、転職活動でもうつ病だったということで懸念され、転職活動がうまくいかない可能性もあります。

居場所がない会社で、人生を棒に振るなんてもったいないです。

 

 

退職後の生活が不安だから我慢するという方は、行政などのサポートがあるので安心してください

陰湿ないじめや、理不尽な扱いを受けているのに、辞められない理由として、過半数の人が生活のためや仕事が見つからるか分からないなど、収入が絶たれる不安から、我慢して働いている現状があります。

特に家族を養っていたり、一人暮らしだったりする場合、生活できなくなるってむちゃくちゃ不安ですよね。

退職後に住むところや生活費など、行政などがサポートしてくれる制度がありますので、ぜひ頼ってほしいです。

 

1.退職後の住まいのサポート体制

1人暮らしや、賃貸に住んでいる場合は、家賃の問題も出てきます。

退職後の家賃が払えるかなど生活が不安な方は、ハローワークや、自治体から委託された支援機関に相談しましょう。

ハローワークは、仕事の紹介だけではなく住む場所が無くなってしまうという人に対しての支援もしてくれるんです。

市営団地や雇用促進住宅などを紹介してくれたり、就職活動をしながら家賃補助として「住居確保支援金」がもらえるという制度もあります。

特に「住居確保支援金」は、失業者が一定の条件を満たすこと、家賃相当額の一部や全部を支給してもらえる制度なので、まずは近くのハローワークや、自治体から委託された支援機関(自立相談支援機関)に相談しましょう。

>>全国のハローワークの連絡先はこちら

>>全国の自治体から委託された支援機関はこちら

 

2.辞めた後の生活費のサポート体制

離職票を受け取った後は、ハローワークでの求職手続きをして、失業保険を受け取るようにしましょう。

1年以上お店で働いていれば、失業保険がもらえるのですが、自己退職の場合は失業保険はすぐに受け取ることができないんです。

自己退職をした場合は、失業保険を受け取るまでに3か月間待たないといけないんです。

退職金がある人や貯金がある人は、待機期間は貯金を切り崩して生活する必要が出てきますが、手元にお金がない人は待期期間の生活も心配になってきます。

その場合は、国からお金を借りる「生活福祉資金貸付制度」という制度を利用するのもおすすめです。

「生活福祉資金貸付制度」銀行などからお金を借りられない人のために設けられた国の公的融資制度で、連帯保証人がいなくても、年1.5%という低金利で借り入れでき、返済の負担が軽減できるんです。

生活福祉資金貸付制度の申し込み窓口は、各市役所内にある『社会福祉協議会』となっていますが、ハローワークでも相談に乗ってもらえるので、まずはハローワークで相談してみましょう。

また、失業給付の手続きを行い、受給資格が決定した日から通算7日間の待期期間中以外で、1週間に20時間未満の勤務時間であれば、アルバイトをすることもできますよ。

アルバイトをする場合は、ハローワークによって条件が異なる場合があるので、必ず事前にハローワークで確認を取るようにしておきましょう。
おすみ

 

3.辞めた後の転職についてのサポート体制

お店を辞めて転職先が見つかるか、もし転職しても同じような勤務環境だったらどうしようと不安な場合は、ハローワークの求人を探しながら、転職エージェントにも登録しておくのがおすすめです。

というのも、ハローワークで膨大な求人票から自分に合った仕事を探すのが大変なのももちろんですが、今の会社で受けた扱いのことを理解してくれた上で、あなたが活躍できる会社や、転職方法まで相談に乗ってくれるからなんです。

特に転職するときに退職理由や転職理由を何て言うのか悩んでしまいますが、その点も転職エージェントでアドバイスを受けることができますよ。

転職に成功している人は、いくつかの転職エージェントをかけもちしているケースがほとんどです。

未経験の業界への転職やサポート体制が安定している『duda』、転職経験者の大半が利用したことがあって、求人数が転職業界No. 1の『リクルートエージェント』に登録しておきましょう。

もし、転職エージェントを利用しないとなると、これらを全部自分一人でやらなければいけないということになるので、頭に入れておきましょう。

「転職エージェントって、バリバリのキャリアがある人だけがするもんじゃないの」と思われがちですが、正社員で転職したいということであれば、年齢のキャリアも関係ないので安心してくださいね。
おすみ

転職エージェントを利用する時は、1つだけでなく複数の転職エージェントに登録するのをおすすめします。

▼おすすめの転職エージェント▼

転職エージェント 特徴
リクルートエージェント 国内最大級の求人数、未経験でも強味を企業へアピールしてくれる交渉力や企業サポート体制も充実
マイナビエージェント 異業種転職の成功事例た豊富、サポートが手厚い
duda 未経験でも他業種にチャレンジしやすい、転職サポート体制共に業界トップクラス

転職エージェントは約17,000社ありますが、異業種への転職でも受け入れてくれるエージェントに登録するのがおすすめです。

まずは、手厚いサポートで評判の「リクルートエージェント」と「マイナビエージェント」に登録しておけば安心です。

もし、余裕があればdudaにも登録しておきましょう

リクルートエージェントの公式サイトをみる


マイナビエーエントの公式サイトをみる


dudaの公式サイトをみる

 

 

次の職場で同じ辛い思いをしないための3つのコツ

  1. もしミスをしてしまったたら、まず誤り今後どう行動していくかを伝える
  2. ひたむきに仕事に取り組む
  3. 「報連相」を徹底する
  4. 職場、家庭以外に居場所を作っておく

人間なので、次の職場でも、いくら注意していてもミスをしてしまうこともあるかもしれません。

その時は、お伝えする4つのアクションを起こすことによって、会社に居場所がなくなる状況を避けられますので、ぜひ心がけてみてくださいね。

 

1.もしミスをしてしまったたら、まず誤り今後どう行動していくかを伝える

ミスの原因があなたにある場合は、必ず誠意もって謝罪しましょう。

言い訳を言いたい気持ちは十分分かるのですが、言い訳はせず、聞かれたら答える程度にとどめておきましょう。

そして、謝罪とあわせて今後どう行動していくかもしっかり伝えましょう。

同じ過ちを繰り返さないためにはどうすればいいのかを考えることが大切です。

 

2.ひたむきに仕事に取り組む

もし仕事でミスをしてしまった場合、落ち込みこともあるかもしれませんが、ひたむきに仕事をしましょう。

そして、階段を1歩ずつ登っていくうように1つずつ成果を積み上げていきましょう。

もしかしたら時間がかかるかもしれませんが、あなたの行動を見てくれて評価してくれる人が出てきますよ。

3.「報連相」を徹底する

もしかしたら気が合わない同僚や上司がいるかもしれませんが、「報連相」の徹底して、自分がやっている仕事や疑問を共有しましょう。

上司や同僚も人間なので、あなたの仕事を把握できると安心しますし、もし問題が発生した場合も、解決のスピードも大きく変わってきます。

 

4.職場、家庭以外に居場所を作っておく

今回、職場に居場所がなくて辛い思いをしたと思います。

そうならないためにも職場や家庭以外に居場所を作っておくことで、気持ちがずいぶんと楽になれますよ。

サラリーマンの人が、会社帰りに1杯飲むという行動のもその一つですね
おすみ

趣味を見つけてスクールに通ってみる、1人で立ち寄れるお店を見つけてあえてカウンターに座ってみるなど、あなたがほっとできる居場所を見つけてみてくださいね。

 

 

退職の日まで職場にいるのが耐えられないなら、退職代行の力を借りましょう

退職を決めたら会社に退職届を出して、退職日まで会社に行き続けないといけません。

しかし、あなたに対してさらに風当りが強くなりそうであれば、我慢せず退職代行の力を借りましょう。

退職代行を使えば、明日から会社に行く必要がないし、会社の人と顔を合わす必要がなく、楽な気持ちで辞めることができます。

退職代行サービスはたくさん会社があるのですが、労働組合が運営する退職代行サービス「退職代行ガーディアン」を利用するのを強くおすすめします。

というのも、ガーディアンを使うと、電話かメールから相談をして、依頼が完了すれば、あとは会社との連絡はすべてガーディアンが窓口となって退職手続きをしてくれます。

あなた自身が会社と対応する必要はありません。

  • 退職したいと思ったら即辞められる
  • 書面だけで辞められるので、嘘の退職理由を考える必要がない
  • 自分で退職を言う必要がないので、上司に退職を引き留められることがない
  • 退職日までの風当り強い環境の苦痛に耐える必要がない
  • 労働組合の退職代行なので、法律に則って退職をすることができる

退職代行サービスを利用することで、料金がかかってしまってしまいますが、退職日までの風当りの日々を耐えてボロボロになるより、自分を守ってあげることを優先してほしいです。

また、会社から直接あなたや家族にも連絡しないように交渉もしてくれるので、恐れる必要もないので安心してくださいね。

\今の会社でこれ以上ボロボロになりたくない人は/

ガーディアンに相談してみる

365日24時間相談ができます

 

 

仕事ができない、居場所がないと感じたら、信頼を取り戻すのは難しいので退職した方がいい

仕事ができなくて居場所がないと感じてしまうなら、今の会社は辞めて転職先で一から頑張りましょう。

退職日まで働くのが、さらに風当りが強くなりそうで怖いという場合は、退職代行サービスに力を借りましょう。

そうすることで、もうこれ以上の辛い思いをすることはありませんので、ここは退職のプロに全部お任せして、自分の未来のことだけ考えましょう。

退職後は、自治体などのサポート体制も整っています。

住まいの心配 →ハローワークで支援を受ける、「住居確保支援金」をもらう
生活費の心配 →失業手当をしながらアルバイトをする、国からお金を借りる
転職先の心配 →転職エージェントを使って転職活動をする

ハローワークで膨大な求人票から自分に合った仕事を探しながも、今の会社で受けた扱いのことを理解してくれた上で、あなたが活躍できる会社や、転職方法まで相談に乗ってくれる転職エージェントに登録しておきましょう。

一番大事なのは、これからのあなたです。

次の職場は、あなたらしく働ける場所が待っていますよ。

\退職日まで職場で我慢できる自信がある方は必要ありません/

ガーディアンに相談する

365日24時間相談ができます

 

仕事をやめなさいのスピリチュアルサインに気付く方法、運気の波に乗る転職の方法

続きを見る

 

-仕事・ステップアップ