仕事・ステップアップ

仕事についていけないと感じてしまう40代の原因と対策、別の道を考えたい人も必見

この記事では、今まで一生懸命に仕事に取り組んできたのに、40代になって仕事ができなくて行き詰っている方に向けて、対処方法についてお伝えします。

結論から言うと、40代で仕事についていけない原因を理解して、ご自身なりに工夫していくことで、少しずつ悩みは解決していく可能性は高いです。

しかし、もうついていくのは限界と感じているのであれば、退職して別の道を考えることも考えてみた方がいいでしょう。

この記事を読めば、仕事がついていきない原因と対策が分かりますので、ご参考になさってください。    

 

仕事についていけない!40代で抱えがちになる原因と対策

40代は、就職してから様々なキャリアを積み重ねてきて、それがご自身の財産になっている年代です。

しかし一方、年齢やキャリアを重ねているからこそ、仕事についていけない事態が発生していきます。  

原因としては大きく3つありますので、それぞれ解説していきます。

 

原因その①:前頭葉が衰えてきている

顔は覚えているのに名前が出てこない、買い物に行ったけど必要なものを買わずに帰ってきてしまったなど、その作業記憶に深く関わっているのが、おでこあたりにある『前頭葉』。

前頭葉』は、年齢を重ねるごとに衰えやすい部位なんです。

30代頃から、少しずつ物忘れが増えてくるのを感じる人は多いのではないでしょうか。
おすみ

この脳が衰えると、名前が出てこないということだけにとどまらず、通常怒りが収まらない、意欲が湧かない、柔軟性がなくなるといった症状が多くなります。

 

前頭葉の機能は思考力、判断力、集中力、気分のコントロールなど幅広く、この領域が働いていないと仕事や勉強に大きく影響を及ぼします。 引用:ブレインケアクリニック

 

仕事上でも、前頭葉の衰えが影響して、やろうとしたことを忘れてしまったり、出来ないことに対して感情的になってしまうことが起こります。

残念ながら脳の老化そのものを止めることはできませんが、脳は使えば使うほど脳細胞同士の連携がよくなり、萎縮してしまった部分の機能をほかの部位がカバーすることもできます。

精神科医の和田秀樹氏が書かれた「40才から始める脳の老化を防ぐ方法」には、脳の老化テストや脳を鍛える方法なども書かれていますので、一度読んでみるのもおすすめです。    

 

 

原因その②:失敗したくない気持ちが優先してしまう

40代になると、20年以上も仕事をしてきたという自負やプライドもあるのは当然です。

しかしそのプライドが邪魔をしてしまい、新しいことを受け入れられない、行動を起こさない人になっていく人が多くなります。

その背景には、失敗して自分が傷つきたくないという気持ちが強くなったり、だんだん体力が落ちてきて行動力がなくなるといったこともあります。

新しいことを受け入れなかったり、失敗を恐れて新しいことに挑戦せずにいると、周りからも「あの人は仕事ができない人間」とレッテルを貼られるのも仕方がありません。

何ごともチャレンジする時には、失敗はつきものと思って、まずは行動を起こしてみましょう。

そうすることで、周囲からの評価も変わり、今の辛い状況に変化が現れる可能性が高いです。

 

 

原因その③: 時代や環境の変化に追いついていくのが辛い

若い頃と違い、情報の変化のスピードと情報の風化が早くなっています。

若い頃にたくさんの試行錯誤を重ねて、ようやく安定して成果を出せる方法に辿り着いたのに、プログラミングやデータ分析など、新しいスキルをまた覚えて続けて、情報をアップデートし続けるというのは辛いものがあります。

20、30代の若手社員は学びに熱心で、どんどん仕事に生かしている姿を見て、焦ってしまうことも。

もう40代だからといって、新しい知識を身につけようとしない、難しいことは若い人に仕事を振ってしまうという態度を取り続けていると、周囲からの信頼は減り、仕事もさらについていけなくなります。

プログラミングやデータ分析など、最近は書籍だけでなく、YouTubeで検索すれば情報があふれている時代。お金をかけなくても十分に学ぶことができます。

すきま時間に、少しでもいいのでまずは勉強を始めてみましょう。

もし、独学での勉強が不安という方は、オンラインスクールを使って勉強する方法もあります。    

 

 

 

仕事ができないままでいると待ち受ける現実

明日から考え方を変えて、新しい知識を取り入れたりチャレンジするというなら良いのですが、今の「仕事についていけない」という状況をそのままにしておくと、辛い現実が待ち受けています。  

 

会社に居づらくなる態度をとられる

  • 出来ない仕事を与え、無理な仕事をさせる
  • 頻繁に注意される
  • 仕事の量が意図的に減る
  • 会話が少なくなる
  • 上司から直接指示がなくなる

といった、態度を取られるようになります。

具体的に言うと、職場の人が「あなたは会社に必要ない人間だ」と伝わるような態度をして、あなたが職場に居づらくなる環境を作っていきます。

というのも、会社はあなたが職場にとって不要な人間だから辞めてほしいけど、会社は「仕事ができない」だけの理由で、法律的にクビにすることができないからです。

つまり、会社はあなたをクビにできないので、あなたから「会社を辞めます」と言う言葉を聞けるまで、いじめのような態度を取られる日々が続いていきます。

 

 

実際に会社に居づらくなる態度を取られている人がいます

毎日いじめを受けるために、会社に行かないといけないと考えると、精神的なダメージが大きすぎます。いつ心が壊れてもおかしくない状況になってしまいます。  
おすみ

 

ストレス解消のはけ口になっている人もいました。ご本人は「仕事終わったら全部忘れちゃうんだんよね」とおっしゃっていますが、そのように気持ちの切り替えができるのは、ほんの一握り。

毎日ストレス発散のはけ口になるなんて、たまったもんじゃありません。  
おすみ

 

仕事での声掛けまで無視されたりすると、できる仕事すら出来ない状態になり、居場所もなくなってしまいます。    
おすみ

 

今の職場に残るメリットを考えてみましょう

仕事ができない状態のままでいると、いじめのような日々が訪れる。。。そんな職場に残るメリットってなんでしょう。

もちろん生活のためと割り切って、定年までこのまま職場にいるという選択肢もありです。

しかし、これから先10年以上耐え抜く力と労力、ストレスを考えると、これから辛い日々が訪れるのであれば、早めに退職するのがご自身のためです。

でも、1つだけ大事なことは、仕事ができなくて辞めるというご自分を責める必要は全くありません。

今の会社で活躍できる場所がなかっただけです。

今の状態を考えると、ご自身が仕事についていけない事実はありますが、あなたがすべて悪いわけでないですし、活躍できる場所は他にあります。

今の会社で仕事についていくために、必死で勉強したり、自分自身を変えることがもう無理と思うのであれば、あなたの強みや、今持っているスキルが生かせる業界や会社に転職するということに、目を向けましょう。    

 

 

まずは自分の強みを見つけることから始めましょう

ご自身が活躍できる転職先を探すとしても、40代で退職活動を始めた場合、何も戦略を練らずに進めると、ご自身に合った仕事が見つけられないだけでなく、転職の成功は難しいのが現状です

 

転職サイトのマイナビが、中途社員を採用予定の企業に対し、採用する想定の人材の調査をしたところ、半数以上の企業が、若手の人材が欲しいという結果が出ています。

しかし40代でも転職は難しい一方で、40代でも転職に成功できた方もいます。

実際転職に成功した方たちが、どうやって転職活動を成功させたかというと、がむしゃらに応募するのではなく、まずは自分自身のことを一度分析した上で、転職活動を行っています。

 

自己分析をして強みを見つける2つの方法

お休みの時でもいいので、集中できる環境で一度じっくりご自身のことを振り返ってみて自己分析を行ってみてください。

 

方法その①:これまで経験してきたことの棚卸しをする

  • どんなときに仕事に充実感を感じていたか
  • どんな成功体験があったか
  • どんな失敗をしてきたか
  • 辞めたいと思う時はどんな時か
  • 自分が仕事に対して大事にしてきたこと

まずはこれまでご自身が積み上げたキャリアの棚卸しをしましょう。

キャリアの棚卸しをすると、普段意識していない自分の思考パターンや、強み・弱みが明確になります。

棚卸は、新卒時、30代、40代と年齢を区切って考えていくのがおすすめです。

 

 

方法その②:「Will Can Must」の方法で分析をする

  • Will ⇒「実現したいと思っていること」
  • Can ⇒「Willのためにできるようになるべきこと/今できること」
  • Must ⇒「Canのために今すべきこと」

「Will Can Must」は、元々リクルート社が従業員の育成のために利用しているもので、それが他の企業に広まっている自己分析の方法です。

ご自身が感じている「Will Can Must」を1つずつ紙に書き出してみましょう。

「Will Can Must」を書き出すことで、ご自身の強みが分かってくるだけでなく、今のご自身の「できること」、つまり強みと「やりたいこと」がしっかり見えてきます。

その上で、転職活動をすれば、今までのような仕事がついていけないという辛い状況に立たされることはなくなり、新しい職場で、喜びややりがいを感じるようになってきます。

 

 

自分の強みがみつからない場合は他己分析も

自己分析をしてもなかなか強みが見つからないという時は、第三者の目線から分析してもらいましょう。

自分では普通だと思っていることが、他人とっては特別な場合もあったり、実際には他人にしか見えない部分もたくさんあります。

ご自身ではわからない強みだけでなく、弱みも見えることもあります。

身近で客観的にご自身のことを分析してくれる人がいれば、一度相談してみてください。

なかなか、こういうことを相談できる人がいないという方は、一度キャリアコーチングを利用してみるのもおすすめです。

キャリアコーチングは、転職させるのが目的の転職エージェントではないので、自分のことを棚卸ししながらこれからの道を一緒に探していくことができます。
おすみ

通常、キャリアコーチングは数十万円と高額なのですが、悩み別に相談できるキャリアコーチングは1面談1,000円~で相談できます。

1回の利用だけでも、ご自身のことを客観的に知って、強みが生かせる仕事を見つけられるきっかけ作りができます。

自分で強みが見つからないと場合でも、キャリアコーチを利用することで、自分でも気づかなかった強みを見つけられ、どんな仕事に転職した方がいいのか分かるようになります。

\自分の強みが見つけられない方は/

キャリアコーチングを詳しく見てみる

オンラインでの匿名個別相談なので、プライバシーも確保されています

 

 

この記事のまとめ

この記事では、今まで一生懸命に仕事に取り組んでいるのに、仕事ができなくて行き詰っている方に向けて、対処方法についてお伝えしました。

  1. 脳が老けてしまっている
  2. 失敗したくない気持ちが優先してしまう
  3. 時代や環境の変化に追いついていくのが辛い

40代は、就職してから様々なキャリアを積み重ねてきて、それがご自身の財産になっている年代です。

しかし一方、年齢やキャリアを重ねているからこそ、仕事についていけない事態が発生していきます。

今の職場で仕事が出来ないと思う点を改善することも大事ですが、限界を感じている方は、ご自身の強みを生かせる仕事に転職するということも、まだ遅くはありません。

しかしこのまま転職活動をしたとしても、うまくいく可能性は低いので、まずはご自身の強みを見つけることから始めましょう。

キャリアコーチングを利用することで、自分では分からなかった強みが見つかり、本当にあなたに合った仕事を見つけられるようになります。

\もう仕事のことで悩みたくない方は/

キャリアコーチを探してみる

9/1~初回無料相談機能も開始されました

 

 

こんな記事も読まれています

仕事をやめなさいのスピリチュアルサインに気付く方法、運気の波に乗る転職の方法

続きを見る

no image
仕事ができない、居場所がないと感じたら、信頼を取り戻すのは難しいので退職した方がいい

続きを見る

-仕事・ステップアップ