飲食業

飲食店での勤務で年収500万円を得る3つの方法を解説します、私自身も実現できました

この記事では、飲食店勤務で年収500万円を得る方法についてお伝えします。

転職時に工夫することで、私自身も飲食店で勤務していた時に年収500万を超えることができました。

年収500万円を得て生活を豊かにしたいという方は、この記事を参考にしてください。

[toc]

 

飲食店で年収500万円を得る3つの方法

方法 おすすめ度 デメリット
スキルアップをする 時間がかかる場合がある
独立する 資金がかかる
転職エージェントに登録する 気軽に様々な求人情報を見ることができない

飲食店.comが出した職種別の給与によると、料理長や店長などの責任者の場合、年収360万円程度が平均となっています。

しかし、実際はここから税金や保険などが引かれて給料として振り込まれるので、長時間の労働時間や休日の少なさからしても、年収500万円はもらいたいものです。

とは言っても、会社の上司に「年収500万円にしてください」というのも、なかなか言いずらいです。

自分の力で、年収500万円を得る方法について1つずつ解説していきますので、参考にしてください。

 

年収500万得る方法その①:スキルアップをする

年収500万円を得る方法のひとつとして、スキルアップする方法があります。

  • ソムリエ
  • 利き酒師
  • 食品衛生責任者
  • 防火管理者
  • 管理栄養士

資格を取ることで、あなたの強みを作っていくという方法もあります。

その中でも管理栄養士の資格は、難易度も高く資格獲得にも時間がかかりますが、高齢化社会や宅配弁当の需要が増えていることから管理栄養士と調理師のダブルライセンスの需要がますます高まり、年収500万円以上得られる可能性が高いです。

資格を取る時間もないという場合は、飲食店の売り上げを伸ばす、改善するためのスキルを身につけることもおすすめです。

あなたが入ることで、飲食店の売り上げが回復できる可能性が高いと思ってもらえば、年収500万以上も狙えます。

また、スキルアップをすることのもうひとつのメリットとして、転職先の職種をホールや調理場ではなく、転職先を本部や管理部門にも広げることが出来ます。

そうなると、同じ飲食業でも選択肢の幅も広がり、転職のハードルも下がります。

 

年収500万得る方法その②:独立する

年収500万円を得たいという場合に、独立するという方法もあります。

とは言っても独立するとなると資金も時間もかかるので、フランチャイズの力を借りて独立する方法もあります。

最近では、ゴーストレストランのフランチャイズも増えてきていて、飲食店で一番経費がつく人件費がいらず、レンタルキッチンで運営すれば設備投資もいらないところから、人気が増えています。

まずは、資料を取り寄せるところから始めてみるのもいいでしょう。

>>食専門「Food's Route」から資料を取り寄せてみる

 

 

年収500万得る方法その③:転職エージェントに登録する

一番近道で、年収500万円を得られる方法として転職エージェントに登録する方法があります。

というのも、私も転職サイトで年収600万円の案件を紹介してもらい、転職することができた経験があるからです。

転職エージェントに登録すると、飲食業経験のある専任コンサルタントさんがついてくれ、年収の希望や休日や勤務時間などの条件をヒヤリングした上で、飲食店を紹介してくれます。

担当のコンサルタントの話では、飲食店はどこも人手不足なので、即戦力があると見なされた場合、年収500万円も現実的に増えているとのことでした。

もちろんハローワークや求人サイトでも500万円以上の求人はあるのですが、入ってみて条件が違うという話がよくあります。

しかし、話が違うとなると転職エージェントの信用問題になるので、実際に入社前とのギャップが少ないのも安心です。

トラブルを避けるためにも転職エージェントを通して転職しておいた方が安全です。

飲食業界の転職エージェントはいくつかありますが、外食産業特化型のトップクラスで、飲食経験の豊富なキャリアアドバイザーに相談できる『itk(アイティーケー)』と、外食産業での求人数が一番多い『フーズラボ・エージェント』にの2社に登録しておくと間違いありません。

転職エージェントに登録すると、専任のコンサルタントが転職活動の支援をしてくれます。

コンサルタントと話す時には、あなたの強みを伝えられるように、一度あなたがやってきたことや得意なことを書きだしておきましょう。

 

 

飲食店で年収500万円を得ることはできます

この記事では、年収500万円を得る方法について3つお伝えしました。

  1. スキルアップをする
  2. 独立する
  3. 転職エージェントに登録する

飲食業は、学歴やスキルがなくても誰でもできる仕事と思われていることから、他業種と比較しても飲食業は平均賃金が低いと言われています。

また飲食店は残業代もつかないことが多く、残業代で稼ごうということも難しいのが現状です。

そのため、あなたが行動を起こす以外に、年収500万円を得ることはできません。

一番確実で早く500万円を得る方法として、転職エージェントに登録する方法があります。

転職エージェントはあなたの希望に沿った求人を紹介してくれるので、給料以外にも、休日などの希望条件もしっかり伝えるようにしましょう。

飲食業界の転職エージェントはいくつかありますが、外食産業特化型のトップクラスで、飲食経験の豊富なキャリアアドバイザーに相談できる『itk(アイティーケー)』と、外食産業での求人数が一番多い『フーズラボ・エージェント』にの2社に登録しておくと間違いありません。

年収500万円もらえれば、今まで我慢してきたことができるようになり、より仕事にも力が入ってますます成長できますので、ぜひ年収500万円を目指してください。

 

 

 

 

-飲食業