糖質ダイエット

ケンタッキーを糖質制限でも食べたい!カロリーと糖質、ダイエット中の注意事項も解説

この記事では、ケンタッキーで販売されているメニューのカロリーと糖質をご紹介します。

ダイエットをする時は、カロリーも大切ですが糖質も低いメニューを選ぶことが大切。

この記事を読めば、糖質制限中やダイエット中でもケンタッキーが食べられるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

ケンタッキーのカロリー・糖質が低い定番メニュー

チェックしたいメニューをクリックしてジャンプ

ダイエット中にケンタッキーを注文するときに大切なことは、カロリーと糖質をチェックしながら食べること。

何も考えずに注文してしまうと、カロリー、糖質オーバーになってしまいます。

成人のカロリーと糖質についてふれておきますね。

成人の場合、あまり運動しない人は、女性の場合1400~2000kcal、男性の場合は2200±200kcalにおさえることが必要です。

そして、糖質はダイエット中の方、糖質制限をしている人は、1日あたり1食あたり20~40gにしましょう。

 

食・楽・健康協会の山田悟代表理事によると、食事一食あたりの糖質量を20~40gとし、それとは別に間食からの糖質10gを含めた一日の糖質量(=適正糖質)を70~130gにすることが推奨されています。
出典:グリコ

特に糖質を摂りすぎると、糖質が中性脂肪に変換されたあと、内臓脂肪になってしまいます。

ダイエットをするときは、カロリーだけでなく糖質もチェックするようにしてくださいね。

 

 

ケンタッキーの『フライドチキン』のカロリーと糖質を低い順にご紹介

ケンタッキーのメインと言っても過言ではないフライドチキンのカロリーと糖質をそれぞれ低い順でご紹介します。

【フライドチキン】カロリーが低いメニュー

商品名 カロリー(kcal)
1位 カーネルクリスピー 130
2位 ポップコーンチキン 186
3位 骨なしケンタッキー 204
4位 ナゲット5ピース 230
5位 オリジナルチキン 237
6位 レッドホットチキン 266

ケンタッキーのメインとも言える、フライドチキンはカロリーも控えめでたんぱく質が豊富なので、ダイエット中でも食べることができます。

オリジナルチキンの部位は、キール(胸)・ウイング(手羽)・サイ(腰)・ドラム(脚)・リブ(あばら)の5つがありますが、平均のカロリーが書かれています。

ケンタッキーでは、部位の指定はできませんが、キール(胸)がダイエット向きの部位なので、当たったらラッキーですね。

 

【フライドチキン】糖質が低いメニュー

商品名 糖質(g)
1位 カーネルクリスピー 6.6
2位 オリジナルチキン 7.6
3位 ポップコーンチキン 7.7
4位 レッドホットチキン 8.3
5位 ナゲット5ピース 10.6
6位 骨なしケンタッキー 10.7

フライドチキンの糖質を調べてみましたが、ほとんどの肉が糖質10g以下とヘルシーです。

 

なかでも、カーネルクリスピーは胸肉を使っているのでカロリー、糖質ともに一番ヘルシー。

オリジナルチキンでどこの部位が入ってくるか心配な方は最初から、カーネルクリスピー一択というのもおすすめです。

現在、ケンタッキーではチキンにソースをつけるディップソースが販売されていますが、しっかりとカロリーと糖質があるので、ダイエット中や糖質制限中の場合は、控えた方がよさそうです。

 

ソース カロリー(kcal) 糖質(g))
バーベキューソース(ディップソース3種セット) 56 12.2
マスタードソース(ディップソース3種セット) 140 8.2
明太マヨソース(ディップソース3種セット) 176 3.1
ケチャップ 11 2.6

 

 

ケンタッキー『サンド』でカロリーと糖質が低いメニュー

ケンタッキーのハンバーガーやツイスターでカロリーと糖質が低いメニューをご紹介します。

【サンドメニュー】カロリーが低いメニュー

商品名 カロリー(kcal)
1位 ペッパーマヨツイスター 371
2位 てりやきツイスター 392
3位 チキンフィレサンド 415
4位 和風チキンカツサンド 478
5位 ブラックホットサンド 509
6位 ダブルチキンフィレサンド 697

ケンタッキーでサンドでは、トルティーヤで巻いたツイスターがカロリーが低くなっています。

ペッパーマヨツイスターは、カーネルクリスピーが使われているので、やはり一番カロリーが低くなっています。

 

【サイドメニュー】糖質が低いメニュー

商品名 糖質(g)
1位 ペッパーマヨツイスター 28.7
2位 てりやきツイスター 32.2
3位 チキンフィレサンド 32.6
4位 和風チキンカツサンド 39
5位 ダブルチキンフィレサンド 45
6位 ブラックホットサンド 45.2

ケンタッキーのサンドの糖質をチェックしてみると、実は糖質が多いメニューが意外とありました。

ペッパーマヨツイスターが一番低いですが、一緒に食べるものによっては、すぐ糖質オーバーとなってしまうので注意しましょう。

 

 

ケンタッキー『サイドメニュー』でカロリーと糖質が低いメニュー

ケンタッキーのサイドメニューでカロリーと糖質が低いメニューをご紹介します。

【サイドメニュー】カロリーが低いメニュー

商品名 カロリー(kcal)
1位 コーンサラダS 57
2位 コーンサラダM 82
3位 コールスローS 92
4位 コールスローM 130
5位 ミニアップルパイ 158
6位 フライドポテト S 195
7位 ビスケット 200
8位 キャラメルパイ 217
9位 フライドポテト L 390
10位 フライドポテト ボックス 908

サイドメニューで一番カロリーが低いのは、サラダ系のメニュー。

しかし一番低いと言っても82kcalもあるので、ダイエット中にサイドメニューを頼むのはあまりおすすめできません。

 

一番高いカロリーは、フライドポテト ボックスでカロリーは908kcal。

一番カロリーが低いコーンサラダと比べると15倍のカロリーとなっています。

 

【サイドメニュー】糖質が低いメニュー

商品名 糖質(g)
1位 コールスローS 5.3
2位 コールスローM 8.6
3位 コーンサラダS 10.2
4位 コーンサラダM 14.5
5位 ミニアップルパイ 17.1
6位 フライドポテト S 26.3
7位 ビスケット 20.9
8位 キャラメルパイ 24.8
9位 フライドポテト L 52.6
10位 フライドポテト ボックス 122.3

サイドメニューの糖質が低いメニューは、コールスローです。

コールスローに使われているキャベツは、他の料理を食べる前によく噛んで食べること、満腹中枢が働き食べすぎを防ぐことができるので、ぜひとも食べたいメニューです。

ミニアップルパイも意外と糖質が低いので、おやつに食べることができそうですね。

 

 

ダイエット中、糖質制限中のおすすめのケンタッキーの組み合わせ

商品 カロリー 糖質 金額
ペッパーマヨツイスター 371kcal 28.7g 340円
コールスロー S 92kcal 5.3g 230円
KFCf富士山の天然水 120円
合計 463kcal 34g 690円

ダイエット中や糖質制限中に、ケンタッキーを食べるなら「ペッパーマヨツイスター」「コールスローS」「ミネラルウォーター」の組み合わせが、一番食べごたえがありバランスがいいです。

具体的にいうと、ペッパーマヨツイスターを食べる前に「コールスロー」をよく噛んで食べることで、満腹中枢が刺激されます。

ペッパーマヨツイスターは胸肉を使っていて、レタスも入っているので、たんぱく質も食物繊維もバランスよく摂ることができます。

ぜひ一度試してみてくださいね。

 

糖質制限中やダイエット中でもケンタッキーが食べたい!3つのポイント

ケンタッキーのおすすめの組み合わせをご紹介してきましたが、ダイエット専用の食事に比べるとやはりカロリーや糖質は高めです。

食べ方を気をつけないと太ってしまうので、3つの注意点をぜひ気をつけるようにしてくださいね。

 

ポイントその①:オリジナルチキンを食べるときは2個まで

ケンタッキーといえばやはりオリジナルチキンが一番好きという方が多いと思います。

もしオリジナルチキンを食べたい場合は2個までにしましょう。

そして、野菜についてはサラダを自分で用意してノンオイルのドレッシングで食べることで、ダイエット中でも安心して食べることができます。

 

ポイントその②:量が足りないと思っても追加注文しない

ケンタッキーのカロリーや糖質が低いメニューをご紹介しましたが、量が足りないからといって追加注文するのはやめましょう。

チキンやサンドを食べる時に、フレンチフライドポテトを一緒に食べたくなりますが、たった1品追加だけでも糖質がオーバーしてしまいます。

食べたい気持ちは分かりますが、ぐっと我慢することが大切です。

 

ポイントその③:糖質をコントロールする

ケンタッキーでカロリーや糖質が低いものを毎回食べていると飽きてくる、新発売や期間限定のメニューがどうしても食べたいという時があると思います。

もちろん我慢するのが一番いいのですが、あまり我慢するとストレスになり、ダイエットが辛くなってしまいます。

そんな時は、他の食事の糖質量とカロリー量を少なくして、1日の糖質量とカロリーを超えないように調整しましょう。

 

 

いつもカロリーや糖質の低いメニューだと飽きるという方は

ケンタッキーにはカロリーや糖質が低いものがあると言っても、種類は限られてきてしまいます。

毎回同じものを食べていると、いくらケンタッキーが美味しくても正直飽きてきますし、新発売や期間限定のメニューも食べたいですよね。

我慢ばかりだと、イライラしてきますしダイエットも続けるのが難しくなります。

そんな時は、ケンタッキーを食べる前に糖の吸収をおさえる「ファンケルの大人のカロリミット」と摂ることをおすすめします。

ファンケルの大人のカロリミットは、食事の前に摂ることによって、糖と脂肪の吸収も抑えてくれ、脂肪を消費しやすくしてくれるんです。

ダイエット中に、たまにはカロリーや糖質を気にせず食べたいという方にぴったりなんです。

私も大人のカロリミットを食事前に摂っているのですが、他のダイエット中や糖質制限の方も大人のカロリミットを摂っているという人がたくさんいますので、口コミをご紹介します。

 

食べまくったのに太っていないという声がありました。

 

大人のカロリミットの「ブラックジンジャー由来ポリメトキフラボン」の成分は、脂肪の代謝を助け消費してくれるという働きがあるので、動くと脂肪が燃えやすくなります。

 

大人のカロリミットを実際に摂っている人の口コミで、食べているのに体重が変わらなかった、痩せたという口コミがありました。

しっかり食べても太ってないと、体重計に乗るのが怖くなくなりますし、ストレスなくダイエットを続けることができますね。

 

  • たまには、ケンタッキーで好きなメニューが食べたい
  • 無理な食事制限のダイエットがきつい

という方は、ケンタッキーを食べるときはもちろん、普段の食事にも大人のカロリミットを摂ってから食べれば、安心して食べることができます。

公式サイトでは、初回限定で28日分が1,000円でお試しできますので、気になる方は28日分でまずは試してみてくださいね。

\ ダイエットを続けるお守りがほしい方は /

大人のカロリミットの詳細はこちら

通販限定!28日分1,000円でしっかり試せる

 

 

この記事のまとめ

この記事では、ダイエット中や糖質制限中にケンタッキーが食べたい時に参考にしてほしいカロリーや糖質をご紹介してきました。

ケンタッキーは3つのことに気をつければ、ダイエット中でも楽しむことができます。

  1. オリジナルチキンを食べるときは2個まで
  2. 量が足りないと思っても追加注文しない
  3. 糖質をコントロールする

しかし、色んな種類があるケンタッキーの中から、毎回カロリーや糖質が低いメニューばかり選んでいると正直飽きてしまいます。

たまには、我慢せずに食べたいメニューを選ぶというのも、ダイエットを継続させる秘訣です。

その時はファンケルの大人のカロリミットを食事前に摂ることで、安心して好きなメニューを選べますよ。

ダイエット中にカロリーや糖質を気にせずケンタッキーを食べたいというときはもちろん、普段の生活に取り入れることで我慢のダイエットから開放されるのでぜひ取り入れてみてくださいね。

\ 食べたいものを食べたい方は /

大人のカロリミットの詳細はこちら

通販限定!28日分1,000円でしっかり試せる

 

 

 

 

 

 

-糖質ダイエット

Copyright© おすみとおかず , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.