ドリンク

オロナミンCが体に悪い原因は飲みすぎ!1日1本なら問題なし

オロナミンCは「今日は頑張ろう!」とか、「今日は疲れた」という時に飲みたくなりますが、オロナミンCを飲むこと自体、体に悪いというのは嘘です。

体に悪いのは、オロナミンCを飲みすぎることです。

この記事では、1日1本オロナミンCを飲みすぎると体に悪い理由とおすすめの飲み方をご紹介します。

 

 

オロナミンCの飲み過ぎが体に悪い理由

オロナミンCは飲むこと自体には、問題ありませんが、多く飲みすぎると体によくないんです。

その原因を1つずつ詳しくk解説していきます。

カロリーが高い

エナジードリンク 1本分のカロリー
オロナミンC(120ml) 79kcal
レッドブル(250ml) 115kcal
モンスターエナジー(355ml) 177.5kcal

オロナミンCは、カロリーが高い言われていますが、他のエナジードリンクと比べるとカロリーは低めです。

オロナミンCは120mlと量が少ないので、もっと飲みたい2本以上飲むということになると、カロリーが高くなってしまいます。

 

ビタミンB6が多い

オロナミンC(1本あたり)
1日に必要量 一日あたりの上限摂取量 
4.9mg 男性 1.4mg 50~60mg
女性 1.1mg 40~45mg

※18歳以上

オロナミンCには、ビタミンB6が多く含まれていて、1日1本飲むだけで1日に必要な量を摂ることはできます。

しかし、ビタミンB6は、特にかつお、まぐろ、レバー、肉、バナナに多く含まれているので、大量に飲んだり、食べたりしてビタミンB6を摂ると、一日あたりの上限摂取量に達してしまいます。

 

ナイアシンを多く摂りすぎで体に悪い

オロナミンC(1本あたり)
1日に必要量 一日あたりの上限摂取量 
12mg 男性 13~15mg 300~350mg
女性 10~12mg 250mg

※18歳以上

ナイアシンは、オロナミンC1本で1日に必要なナイアシンを摂ることができます。

ナイアシンは、食べ物ではレバー、魚、肉に多く含まれていますが、大量にオロナミンCを飲んだり、食べたりすることで上限の摂取量を超えてしまうということになります。

 

糖質が多い

オロナミンCの1本あたりの糖質が19gあります。

角砂糖で換算すると約2個分。

糖質ダイエットをしている人や、糖尿病の人は、1食あたりの糖質を20~40gに抑えるので、オロナミンCを1本飲むだけで1食分の糖質の量になってしまいます。

糖質の摂りすぎは、太る原因にもなってしまいます。

 

カフェインが多く含まれている

飲み物 1本(杯)あたりのカフェイン
オロナミンC(120ml) 18mg
レッドブル(250ml) 78mg
レッドブル(250ml) 146mg
コーヒー(150ml) 約60mg
玉露(60ml) 約160ml
煎茶(430ml) 約20ml

オロナミンCの1本あたりのカフェインは18mgと他のカフェイン入りの飲み物と比べても少ないです。

健康な成人の場合、悪影響のない1日のカフェイン摂取量は400mgと推奨されています。

オロナミンCを1本だけ飲むということであれば、特に問題はありませんが、オロナミンCとカフェイン入りの飲み物を大量に飲むということをすると、1日に摂取するカフェイン量を超えてしまいます。

カフェインについては、「オロナミンCを飲んだら死ぬ」などSNS上でのうわさもあるので、次にご紹介していきます。

 

 

オロナミンCを飲みすぎると死亡した人はいないけど、カフェイン中毒に注意が必要

オロナミンCを飲みすぎると死亡した人は見つかりませんでした。

オロナミンCにはカフェインが含まれていますが、カフェインの過剰摂取で「カフェイン中毒」になって救急搬送されたり、死亡した例が、国内外問わず発生しています。

厚生労働省でも、ホームページ上で『カフェインの過剰摂取への注意喚起』を出しているほどカフェイン中毒が問題になっています。

カフェインは、成人で短時間に1,000mg以上を摂取した場合にカフェイン中毒になると言われています。

1,000mgのカフェインは、オロナミンCの52本に換算され他のエナジードリンクと比べるとカフェイン量は少ないです。

しかし、カフェインへの敏感な人は、少量でもカフェインの中毒症状が出る場合もありますので、いくらオロナミンCのカフェインが少ないとはいえ、過剰に飲むのは避けてください。

 

 

オロナミンCを飲む時に注意したい2つのポイント

オロナミンCは、「今日は頑張ろう!」とか、「今日は疲れた~」というときにぜひ飲んでほしいドリンクですが、注意点が2点あるので解説していきます。

 

1日2本以上飲まない

オロナミンCは、1日1本だけ飲むようにしましょう。

オロナミンCのようなカフェインが入ったドリンクは、飲むとカフェインの効果で、集中力が高まったり、倦怠感が感じなくなるといったことがあります。

カフェインの効果が切れると、あと1本、あと1本と飲んでいくうちに、気付いたらカフェイン中毒になってしまうこともあるかもしれません。

カフェインはオロナミンCだけでなく、コーヒーやお茶やチョコレートにも含まれています。

最初からオロナミンCは1日1本しか飲まないということを決めておきましょう。

 

寝る前に飲まない

夜寝る前4時間以内にカフェインを摂ると、脳の神経細胞を刺激し、眠気を防ぐ効果があるとされています。

疲れていても、カフェインで途中で目が覚めてしまったり、眠りが浅くなるということもあります。

オロナミンCは、少量ではありますがカフェインを含んでいるので、寝る前に飲むのはやめておきましょう。

 

 

オロナミンCはおすすめするのはこんな人

  • 眠気を覚ましたい人
  • 集中力アップをしたい人
  • スッキリとリフレッシュをしたい人

「オロナミンC」はビタミンCをはじめとする、各種ビタミンが入った炭酸栄養ドリンクで、120mlと飲みきりサイズなのが特徴。

炭酸入りなので、気分転換やスッキリしたい人におすすめです。

また、オロナミンCには、ビタミンB2が含まれているのですが、1本で納豆4パック以上含まれています。

ビタミンB2は、糖質、脂質、たんぱく質を体内でエネルギーにするなどの代謝を支える重要な働きをしています、活発に活動し、エネルギーをたくさん消費する人がたくさん必要になるので、体力が必要な仕事をする方にもぴったりなドリンクです。

 

 

まとめ

この記事では、オロナミンCについてご紹介しました。

  • オロナミンCは、飲むこと自体、体に悪くない
  • オロナミンCの飲みすぎは、体に悪い

オロナミンCは体に悪いといううわさがありますが、オロナミンCは、他のエナジードリンクに比べても1本あたりのカロリーもカフェインも低いので、「今日は頑張ろう!」とか、「今日は疲れた~」というときに、1日1本だけ飲めば問題はありません。

ただし1日多く飲みすぎるのはよくありませんので、1日1本を目安に飲んでくださいね。

 

 

 

-ドリンク

Copyright© おすみとおかず , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.