仕事・ステップアップ

仕事 ができないから辞めたいと思うことは逃げではない、自分を責めるのは間違っている

この記事では、「仕事 ができない辞めたい」と苦しんでいる人に向けて、どうしたらいいのかをお伝えします。

毎日、辛い思いでこのまま出勤を続けていると、自信をなくす必要がないのにどんどん自信をなくし、心も体も壊れていく可能性があります。

この記事を読めば、今の苦しい状況を抜け出すことができ、気持ちも体も楽になりますので、ぜひ参考にしてください。

 

 

仕事ができないから辞めたいと思うことは決して逃げではありません

  • 何をやっても遅い
  • 要領が悪い
  • 焦るとパニックになってしまう
  • 空気が読めなくて周りの目線が痛い
  • 仕事ができなくて周りをイライラさせてしまう
  • 頑張っているのに上手くいかない、空回りしてしまう

仕事ができず、上司から注意されたり、怒られたりすると、どんどん自信をなくして辞めたいと思ってしまいますが、自分を責める必要はありません。

自分を責め続けると、自己肯定感がなくなり、体も心もボロボロになっていきます。

仕事ができないのには、能力の問題もありますが、出来ないことで周囲からの評価が下がり、職場で孤独になってしまったりと精神的な面で、さらに仕事をできなくさせてしまっています。

もし、今すぐ辞めたいけど生活のことを考えて今の会社で頑張っているのであれば、抜け出す方法もあります。

 

以前、「2ちゃんねる」や動画サイト「ニコニコ動画」などを手掛けてきてたひろゆきさんのインタビューの中で

何かを成し遂げるために頑張らなければいけない場所を選んだ時点で、ちょっと頑張っただけでうまくいってしまう人に本気を出されたら、すぐに先を越される。
正面突破の方法だと、ハンデのついた100メートル走をやらされているようなもので、絶対に勝つことができない。
~中略~
だから自分にとって頑張らなくても結果が出る場所に行ったほうが、絶対にうまくいく
引用:月刊ダイアモンドオンライン

と言っていました。

ひろゆきさんは、「競争のいらないところにいよう」と伝えていて、ご自身も現在フランスに住み、「4chan」といった英語圏最大の匿名掲示板などを運営して、成功をおさめています。

仕事ができないのは、あなたがすべて悪いわけでないですし、活躍できる場所は他にありますので、もう苦しまないでください。

 

このまま我慢して働いていると体も心もボロボロになります

もし、仕事ができないのは自分のせいだから、努力が足りないからだと思って、働き続けるとよくない方向に行ってしまう可能性があります。

実際に我慢して働いている人の書き込みがSNS上にあったので、いくつかご紹介します。

 

もし苦しい状態でこのまま続けていくと、体調が悪化したり、職場いじめのような扱いを受けたり、また死にたいとまで追い詰められている人もいました。

特に、皆さん他人のせいにせず、自分で全部背負ってしまっているところに、胸が苦しくなります。

仕事も働き方も、今の時代はたくさんあるので、その環境からまずは離れることを強くおすすめします。

まずは、今の状況に苦しんでいる自分を解放してあげることが第一です。

 

あなたを自身を守るために今取るべき4つのステップ

 

1.まずは、原因になっている環境から離れる(退職する)

まずは、今いる職場から離れることを考えましょう。

我慢は必要な時もありますが、我慢することで体も心も崩れていくのも時間の問題です。

もし、あなたが我慢し続けて心の病気になってしまうと、退職したからといってすぐに完治するわけでもなく、これから先何年もクリニックに通って、薬やカウンセリングを受けながら、治療をしていかなければなりません。

例え治ったとしても、その時は50代になっているかもしれませんし、そうなると転職が難しくなってしまいます。

あなたが病気になる前に、職場から離れることが大事です。

 

2.心と体を回復させる

  • 体を動かしてみる
  • 景色がいい場所へ旅行へ行く
  • 寺院巡りをしてみる
  • スパやマッサージでリラックスする
  • 親しい友人や家族と過ごす
  • 動物と触れ合う

あなたの心身は、負荷がかかっている状態であり、心身が悲鳴をあげている状態ですので、退職したらから、まずは好きなことをして、心と体を元気な状態に戻してあげましょう。

心と体が元気になることで、前に進もうという力もみなぎってきて、新しい一歩を踏み出せますよ。

 

3.金銭的な不安があればサポートを受ける

金銭的に不安な場合、「衣食住」など活費のサポート制度を受けることができます。

いざ、退職しても貯金もない、家賃が心配、仕事も決まっていないとなると不安ですよね。

そういって、店を辞めたくても辞められないという方もいると思いますが、退職後に住むところや生活費などのサポート制度がありますので、安心してくださいね。

 

退職後の住まいのサポート体制

もし、現在一人暮らしで家賃が払えるかなど生活が不安な方は、ハローワークや、自治体から委託された支援機関に相談しましょう。

ハローワークは、仕事の紹介だけではなく住む場所が無くなってしまうという人に対しての支援もしてくれるんです。

市営団地や雇用促進住宅などを紹介してくれたり、就職活動をしながら家賃補助として「住居確保支援金」がもらえるという制度もあります。

特に「住居確保支援金」は、失業者が一定の条件を満たすこと、家賃相当額の一部や全部を支給してもらえる制度なので、まずは近くのハローワークや、自治体から委託された支援機関(自立相談支援機関)に相談しましょう。

>>全国のハローワークの連絡先はこちら

>>全国の自治体から委託された支援機関はこちら

 

辞めた後の生活費のサポート体制

辞めた後の生活費については、ハローワークでの失業保険の他に、国からお金を借りることもできます。

まずは、離職票を受け取った後は、ハローワークでの求職手続きをして、失業保険を受け取るようにしましょう。

自己退職の場合は失業保険を受け取るまでに3か月間待たないといけないので、手元にお金がない人は待期期間の生活も心配な場合は、国からお金を借りる「生活福祉資金貸付制度」という制度を利用することもできます。

「生活福祉資金貸付制度」銀行などからお金を借りられない人のために設けられた国の公的融資制度で、連帯保証人がいなくても、年1.5%という低金利で借り入れでき、返済の負担が軽減できるんです。

生活福祉資金貸付制度の申し込み窓口は、各市役所内にある『社会福祉協議会』となっていますが、ハローワークでも相談に乗ってもらえるので、まずはハローワークで相談してみましょう。

また、失業給付の手続きを行い、受給資格が決定した日から通算7日間の待期期間中以外で、1週間に20時間未満の勤務時間であれば、アルバイトをすることもできます。

もし心身的に、元気になって何かをやってみたいということであれば、アルバイトで別の世界を見てみるもいいですよ。

アルバイトをする場合は、ハローワークによって条件が異なる場合があるので、必ず事前にハローワークで確認を取るようにしておきましょう。
おすみ

 

4.土台がしっかりしたら転職活動をする

心身ともにエネルギーをチャージして、衣食住の心配もなくなったら、ハローワークの求人を探しながら、転職エージェントにも登録して転職活動を始めましょう。

なぜハローワークと転職エージェントを並行に転職活動を進めていくかというと、ハローワークで求人を探す場合、膨大な求人票の数とハローワーク内のパソコンで探せる時間も制限がネックなんです。

しかも、膨大な求人票の中から、自分に合った職場が探し出せるかといったら難しいものがあります。

また職場が合わない状況は避けるべきです。

そのためにも、マンツーマンで転職サポートを受けることができて、自分に希望に合った仕事を紹介してくれる転職サイトにも登録しておくことがおすすめなんです。

ちなみに、転職に成功している人は、いくつかの転職エージェントをかけもちしているケースがほとんどです。

未経験の業界への転職やサポート体制が安定している『duda』、転職経験者の大半が利用したことがあって、求人数が転職業界No. 1の『リクルートエージェント』には、最低限登録しておきましょう。

転職エージェントの方と話していく中で、自分は何がしたいのか、どんな風になりたいのかを棚卸をしてみて、自分の頭の中を整理しながら、転職活動を行うのがおすすめです。

 

体が壊れる前に、今の環境から離れるためには退職代行の力を借りましょう

あなたの体が壊れる前に、今の環境から離れるためには退職代行の力を借りましょう。

通常、退職する1~2か月前に退職届を出して、退職日まで会社に行き続けないといけませんが、そうなるとますます職場での風当りも強くなって、そんな環境で退職日まで働き続けないといけないと思うと、とても心配です。

退職代行を使えば、明日から会社に行く必要がないし、会社の人と顔を合わす必要がなく、すっきりとした気持ちで辞めることができます。

特に労働組合が運営する退職代行サービス「SARABA」を利用すれば、電話やメール一本でお任せできるので、精神的にも楽になります。

  • 退職したいと思ったら即辞められる
  • 書面だけで辞められるので、嘘の退職理由を考える必要がない
  • 自分で退職を言う必要がないので、上司に退職を引き留められることがない
  • 退職日までの風当り強い環境の苦痛に耐える必要がない
  • 労働組合の退職代行なので、法律に則って退職をすることができる

SARABAを使うと具体的にどういう流れになるかというと、あなたが電話かメールから相談をして、依頼が完了すれば、あとは会社との連絡はすべてSARABAが窓口となって退職手続きをしてくれます。

SARABAでは、直接あなたに連絡しないように交渉もしてくれるので、連絡が来たり、家に来るかもと恐れる必要もないので安心してくださいね。

退職代行サービスを利用することで、料金がかかってしまってしまいますが、退職日までの風当りの日々を耐えてボロボロになるより、自分を守ってあげることを優先してほしいです。

\今の会社でこれ以上ボロボロになりたくない人は/

SARABAの公式サイトを見てみる

365日24時間相談ができます

 

 

仕事ができないから辞めたいと思うことは逃げでありません、苦しみから解放してあげることが大事

仕事ができないから辞めたいと思っているなら、我慢してもあなたの体が壊れるだけなので、心の叫びを受け入れてあげて辞めて楽になりましょう。

退職後もサポート体制が整っているので安心して辞めて、まずは体と心をしっかり回復させましょう。

  1. まずは、原因になっている環境から離れる(退職する)
  2. 心と体を回復させる
  3. 金銭的な不安があればサポートを受ける
  4. 土台がしっかりしたら転職活動をする

退職代行サービスの「SARABA」を使えば、明日から会社に行く必要がないし、会社の人と顔を合わす必要がなく、楽な気持ちで辞めることができます。

退職のことでこれ以上辛い思いをしてほしくないので、ここは退職のプロに全部お任せして、自分の未来のことだけ考えましょう。

\自分が自分らしく働ける会社で活躍したい方は/

SARABAに相談してみる

相談してその日のうちに退職!職場の人ともこれ以上会わずに辞められます

 

 

 

 

 

 

 

-仕事・ステップアップ

Copyright© おすみとおかず , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.