生活

接客業が向いてないから辞めたい、続けてもストレス貯まるだけなので辞めた方がいい

この記事では、接客業に向かなくて辞めたいと思っている方のために、今の辛い状況から抜け出す方法についてお伝えします。

結論からいうと、仕事はいくらでもありますが、あなたの体は1つしかありません。

ご自身が体調を壊さないうちに辞めて、別の仕事を見つけるのをおすすめします。

この記事を読めば、もう仕事のことで悩むことがなくなり、未来へ向けて一歩踏み出せますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

接客業が向いていないから辞めたいときの4つの対処方法

 

1.まずは、原因になっている環境から離れる(退職する)

まずは、今いる職場から離れることを考えましょう。

我慢は必要な時もありますが、我慢することで体も心も崩れていくのも時間の問題です。

もし、あなたが我慢し続けて心の病気になってしまうと、退職したからといってすぐに完治するわけでもなく、これから先何年もクリニックに通って、薬やカウンセリングを受けながら、治療をしていかなければなりません。

例え治ったとしても、年齢を重ねたりブランクが空くほどに、職探しが難しくなったり、また見つかったとしても希望する仕事につけない可能性が高いです。

今大切なことは、あなたが病気になる前に、職場から離れることです。

 

2.心と体を回復させる

  • 断捨離をしてみる
  • 景色がいい場所へ旅行へ行く
  • 寺院巡りをしてみる
  • スパやマッサージでリラックスする
  • 親しい友人や家族と過ごす
  • 動物と触れ合う

あなたの心身は、負荷がかかっている状態であり、心身が悲鳴をあげている状態ですので、退職したらから、まずは好きなことをして、心と体を元気な状態に戻してあげましょう。

心と体が元気になることで、前に進もうという力もみなぎってきて、新しい一歩を踏み出せますよ。

 

 

3.求職者支援制度を利用しながら、スキルを身につける

退職してしまうと、これから先入ってくるお給料が入ってこないので当然生活費も苦しくなってしまいます。

だからなかなか辞められないのですが、ハローワークには、月10万円の給付金や交通費をもらいながら、無料の職業訓練が受けられ、就職サポートまでしてくれる制度があります。

「求職者支援制度」の対象となるのは、ハローワークに登録して仕事を探している人のうち、失業手当をもらう資格がなかったり手当がもらえる期間が終わってしまった人、そして働く意思がある人です。

PCスキルやビジネスマナーなど、企業で働くための基本を学べる「基礎コース」や、ITや介護、簿記といった専門的なスキルを身につけられる「実践コース」など幅広く分野から訓練を受けることができます。

すぐに次のパート先を見つけるというよりは、しっかりとスキルを身につけて、より専門性がある職種で働くスキルを身につけられるのが魅力です。

給付金の支給要件

  • 本人収入が月8万円以下[シフト制で働く方などは月12万円以下]
  • 世帯全体の収入が月25万円以下(*)
  •  世帯全体の金融資産が300万円以下
  •  現在住んでいるところ以外に土地・建物を所有していない
  •  訓練の8割以上に出席する(*)
    (病気や仕事など以外の理由で訓練を欠席した場合、給付金を日割りで支給します)
  • 世帯の中で同時にこの給付金を受給して訓練を受けている者がいない
  •  過去3年以内に、偽りその他不正の行為により、特定の給付金の支給を受けていない
    出典:東京都はたらくネット

求職者支援制度で受ける訓練期間はコースによって異なってきますが、訓練期間は2~6ヶ月ほどとなっています。

授業のスケジュールは、平日9時~16時までといった長時間で、場合によっては学校までの通学時間がかかったりして、子育て中の方や、限られた時間しか自由な時間がないという方には、なかなか難しい制度となっています。

>>ハローワーク求職者支援制度について詳しくはこちら

 

4.求人の幅を広げて仕事を探す

  • フリーペーパー
  • 店頭でのポスターで探す
  • ハローワークで探す
  • 人材紹介会社に登録

「求職者支援制度」での長期間の訓練がなかなか難しかったり、自分のやれる時間で働けるなら働きたいという方は、求人の幅を広げて仕事を探しましょう。

 

 

 

我慢して働き続けた場合のリスク

もし退職を言い出せず、このままの環境で仕事をし続けた場合、あなたの体調や環境にとってよくないことが起こってきます。

 

長時間労働が続く可能性が高い

人手不足が続くと、通常の業務に加えて他の業務をする必要が出てきます。

そうなってしまうと定時までに仕事を終えることができず、残業をして仕事をせざるを得ない状況になります。

日常生活では、帰宅時間も遅くなり、睡眠不足や食欲不振などにみまわれ、最悪過労死ラインに達する可能性もあります。

過労死ラインの目安となる時間は、80時間(月に20日出勤とすると、1日4時間以上の残業・12時間労働)と言われています。
引用:人事のミカタ

長時間勤務は、命に関わるといっても過言ではありません

 

休みが取りずらくなる

人手不足になると、休日出勤をしないと業務が追い付かないとこともあります。

また有給休暇はもちろん、体調が悪くても休みも取りずらくなる可能性が高くなります。

休みが取れないと過労で心身の不調が出たり、プライベートの時間も削られてしまいます。

 

社内の人間関係が悪くなる

人手不足の職場で働いていると、それぞれの余裕がなくなってしまう状況になっているので、ピリピリした雰囲気になってしまいます。

ちょっとしたミスでも許すことができず、イライラして態度に出てしまう人も出てきます。

そうなってしまうと、スタッフ同士で衝突も起こりやすくなり、精神的にもボロボロになってしまう可能性が高いです。

 

退職者が増えさらに辞めずらくなる

人手不足の職場は、優秀な人ほど、自分にリスクのある状態を避けるために、すぐに辞めて次のの職場を探していきます。

また、人手不足で体調不良や、精神面でもボロボロになり辞めていく人もでてきます。

あなたが、責任感が強く、また周りに気を遣いすぎて辞めない状態が続くと、今よりももっと人手不足の状態になるので、どんどん辞めずらくなってしまいます。

 

 

接客業から転職してよかったこと

 

 

 

 

 

接客業が向いていない場合の転職方法

退職後は、生活のことを考えても、早めに転職活動を始めるのをおすすめします。

転職活動 おすすめ度 特徴
転職サイトや求人雑誌を利用する  大量の求人情報から自分に合った仕事が見つけるのに時間がかかる
ハローワークを利用する 勤務時間にハローワークに行けないことが多い
企業のホームページから直接応募する 自分の行きたい会社にピンポイントで挑戦できるけど、入社試験に受かるか微妙
転職フェアやイベントに参加する 面接を受ける前に会社の雰囲気を知ることができるけど、開催時間に勤務が重なることが多い
転職エージェントを利用する 第二新卒枠でも就職活動ができる

自分の力で見つける方法もありますが、確実に就職したくて、出来たら別の業界に就職したいという場合は、転職エージェントを利用するのが一番の近道です。

というのも、転職エージェントは、経歴が浅い方や第二新卒を対象とした転職エージェントがあり、未経験でも新しい職種にチャレンジできるのも大きな特徴です。

専属のキャリアアドバイバーが転職の相談にのってサポートしてくれるので、不安な気持ちも消し去ることができます。

  • 転職相談にのってくれる
  • あなたに合った仕事を紹介してくれる
  • 履歴書の添削や面接対策を指導してくれる
  • 面接日程を調整してくれる
  • 給与交渉などをしてくれる
ちなみに、転職エージェントを使わず転職活動をする場合は、これらのことを1人で全部やらないといけません
おすみ

以下の転職エージェントは、第二新卒転職に強いので、登録しておくのをおすすめします。

転職エージェント 特徴
ハタラクティブ  応募者の経歴を問わない未経験求人が豊富でサポートが手厚い
マイナビ 20~30代の転職求人数が多い、若手のサポートが手厚い
doda 未経験でも他業種にチャレンジしやすい、転職サポート体制共に業界トップクラス

転職をスムーズに進めるたり、転職エージェントとの相性もあるので、転職エージェントは、1つだけでなく複数の転職エージェントに登録する方がほとんどです。

転職エージェントを利用するのは無料ですので、複数登録してもお金がかかることはありませんので安心してください。
おすみ

学歴や自分に自信がない人は、ハタラクティブとマイナビ、転職をしっかりサポートしてほしいという方は、ハタラクティブとdodaに登録しておけば安心です。

>>ハタラクティブに登録してみる

>>マイナビに登録してみる

>>dodaに登録してみる

 

 

この記事のまとめ

接客業の世界は、想像以上に過酷です。

接客業に向かないと思っているのなら、一度別の道に進んでみるのをおすすめします。

そのために、転職エージェントに登録して、将来の自分の夢や働き方を相談しましょう。

自分の条件に合った転職先を見つけて、新しい道を切り開らいていきましょう。

学歴や自分に自信がない人は、ハタラクティブとマイナビ、転職をしっかりサポートしてほしいという方は、ハタラクティブとdodaに登録しておけば安心です。

>>ハタラクティブに登録してみる

>>マイナビに登録してみる

>>dodaに登録してみる

 

 

-生活