生活

シリカ水(飲むシリカ)は腎臓に悪い?食べもので栄養を補える方は飲む必要ありません

この記事では、シリカ水が腎臓に悪いか心配な方に向けて、シリカ水の安全性や体に与える影響についてお伝えします。

シリカ(ケイ素)は2種類あって、確かに結晶質のものはガラス、水晶、石英、珪砂(鉱物)などに含まれており、水に溶けず、生物には吸収されず、発がん性があるとも言われています。

しかし、シリカ水の『シリカ』もう1つのケイ素。腎臓に悪いというより、むしろ体内からシリカが不足することで、体に様々な影響が出てきてしまいます。

本文でも詳しく紹介していますので、もしよかったら参考になさってください。

\体内にシリカが不足する40代以上の方は/

のむシリカの公式サイトを見てみる

4500万本突破!公式サイトからの購入で20%オフ

 

 

シリカ水は腎臓への影響はありません

シリカ水(ケイ素)は、厚生労働省告示第498号の規定で、ケイ素は人の健康を損なうおそれのないことが明らかであるものとして公示されました。ケイ素は、厚生労働大臣が定める物質の中に含まれています。

食品衛生法で、健康を損なうおそれがないと定められているなら安心ですね
おすみ

またもう一つの理由としては、ケイ素はすでに人間の中にある物質で必要不可欠だからです。

実際、ケイ素は地球上で酸素についで2番目に多い物質で、根菜類・穀物など土の中で育つ野菜などに多く含まれる栄養素の一つでもあります。

ケイ素の必須栄養素としての役割や、ケイ素が必須栄養素である実証は、これまでに多くの非臨床試験(ネズミ・ウサギ・ニワトリなど)をはじめ、臨床試験(人間)でも明らかとなっています。
ケイ素は、酵素と共に生物界で最も多く存在する元素の一つです。
人の体内には約18gと非常に多くの保有量が検出されており、あらゆる臓器に含まれますが、特に骨、関節、血管、細胞壁、皮膚、毛髪、歯、爪、筋肉などに多く分布しています。
引用:一般社団法人クレディホールディングス

ケイ素は、私たちにとってとても重要な必須ミネラルで、なくてはならないものなんです。

 

 

発がん性や腎臓に悪いというのは別のシリカ

シリカ水(ケイ素水)を飲むと、腎臓にガラス(結石)が溜まるか心配する口コミがありました。

口コミで書かれているケイ素は、水晶・石英・石・砂など鉱物に含まれる不溶性の結晶質のケイ素のこと。

シリカ(ケイ素)は2種類あって、確かに結晶質のものはガラス、水晶、石英、珪砂(鉱物)などに含まれており、水に溶けず、生物には吸収されず、発がん性があるとも言われています。

身近なものだと防腐剤が結晶質のケイ素です。
おすみ

しかし、シリカ水に使われているケイ素は、もう1種類のケイ素で、食べ物に含まれていたり、ミネラルが含まれている水溶性シリカ(ケイ素)なので、結晶質のケイ素とは全く違うもの、つまり危険でありません。

 

 

人工透析や腎臓の機能が低下している場合は、シリカ水の過剰摂取に注意が必要です

シリカ水には、シリカ(ケイ素)以外にも、カリウムも含まれています。

リン自体は問題はないのですが、一緒に含まれているカリウムについては、人工透析をされている場合や、腎臓の機能が低下している場合には、過剰摂取に注意が必要となります。

 

透析患者さんの食事管理の基本は「水分」「塩分」そして「リン」と「カリウム」の摂りすぎに注意することです。

リンとカリウムに関しては1日の摂取量の目安として、血液透析患者さんの場合でカリウムが2,000mg以下です。腹膜透析患者さんの場合、カリウムについては特に制限はありません。

リンに関しては血液透析患者さん・腹膜透析患者さんとも、約700mg以下となっています。

透析患者さんの場合、1日の水分摂取量はお食事と合わせて2000ml以下が目安となっています。飲み物からの摂取量は500ml以下に抑えるようにしましょう。

引用抜粋:東京新橋透析クリニック

シリカ水に含まれるカリウムの量は、水のブランドによって変わってきます。

いくつかあるシリカ水の中でも『のむシリカ』に含まれるカリウムの量は、500mlのペットボトルあたり2.85mgなので、過剰に心配する必要はありません。

しかし、シリカ水限らず、一日の摂取量の方が問題になる可能性があります。

念のためシリカ水を飲む前に医師に相談するようにしましょう。

 

 

 

シリカ水を飲むメリット

健康維持に欠かすことのできないシリカを手軽に摂取できるのがシリカ水なのですが、どんな嬉しい効果があるのか1つずつお伝えしていきます。

 

効果その①:体内で生成することができないシリカを摂取できる

シリカ(ケイ素)は、血管・関節・軟骨・骨・爪・髪・肌・歯を構成する成分が多く含まれているのですが、体内のシリカの量は加齢によって失われていき、体内で生成することができません。

普通の食事から、1日に消費される10~40mgのケイ素を食事で補うとなると

玄米:10~40合
ほうれん草:50~200株
大根:2.5本~10本
らっきょう:625~2500個

を毎日食べ続けなければいけません。

玄米40合なんて無理すぎるー
おすみ

しかも、年齢を重ねるごとに私たちのケイ素を摂取する力が落ちていきます。

体内で形成されるコラーゲン・ヒアルロン酸など違い、ケイ素は自分では作り出せないので、そのため食品で補給する必要があります。

シリカが多く含まれているシリカ水を飲めば、毎日大量の玄米やらっきょうを食べなくても、失われていくケイ素を体内に取り込むことができます。

 

 

効果その②:肌の弾力性を保つ効果が期待される

シリカ(ケイ素)にはコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸という美容に欠かせない3大要素を結びつける働きがあります。

結合組織が丈夫になることで、弾力性のあるハリと潤いのある肌になります。

また髪や爪でもコラーゲンなどの構成成分を結びつけてくれるので、美しい髪と爪を保つことができます。

そのためシリカの摂取量は皮膚や関節の弾力性にも影響を与えます。張りのある肌を目指すためにも、シリカ水を積極的に生活に取り入れていくとよいでしょう。

 

効果その③:骨や歯、爪などを丈夫にする効果が期待される

ケイ素は加齢にともない減少傾向にあり、40代以降はほとんど失われてしまうと言われています

シリカにはコラーゲンやエラスチンなどの構成成分をつなぎ合わせる働きがあり、シリカをしっかり摂取することで、骨や歯、爪、髪の毛などの強度を保つ上で欠かせない成分です。

唯一のシリカ水のデメリットとしては、普通のお水と比べると、1本あたり150円と高い点です。しかし、ケイ素のサプリメントや、食事で毎日ケイ素補うということを考えると、シリカ水を飲んだ方が、効率よく続けることができます。

\体に嬉しいシリカを楽に摂りたい人は/

のむシリカの公式サイトを見てみる

1秒に1本売れている水、今なら20%オフ+クオカードがもらえる

 

 

シリカ水を飲んでいる人のSNS上の口コミ

SNSやアットコスメにシリカ水を飲んでいる人の口コミを調べてみました。

2022年3月現在、1096件の口コミがあり、その一部をご紹介します。

 

 

シリカ水を飲み続けたら、実際私のアトピー肌もだいぶよくなりました。
シリカ水以外にもスキンケアをしっかりしたり、食事にもきをつけていましたが、シリカ水の効果もあったんじゃないかと思います。
白髪も歳のわりには少ないので、シリカがよかったのかな?
お通じがよくなるし、簡単にミネラル補給できます。さらに味もくせがなく飲みやすいのでこれからも続けたいです。
引用:@cosume 

シリカ水を飲んでいる人の一部の口コミをご紹介しましたが、クセがなく飲みやすいという口コミや、体調がいいという口コミがありました。

毎日水を飲むなら、せっかくだったら体に嬉しい効果が感じられる水の方がいいですね。

1日に失われていくシリカが10~40mgなのに比べて、「のむシリカ」はペットボトル1本(500ml)で48.5mgのシリカ(ケイ素)を摂ることができるんです。

「のむシリカ」は、加熱したも成分がほとんど変わらないので、お水としてだけでなく、ご飯やみそ汁の料理などにも使うことができます。

効率よく楽にシリカを摂取したい方は「のむシリカ」にしておきましょう。

\体に嬉しいシリカを楽に摂りたい人は/

のむシリカの公式サイトを見てみる

1秒に1本売れている水、今なら20%オフ+クオカードがもらえる

 

 

この記事のまとめ

この記事では、シリカ水が腎臓に悪いのかをお伝えしましたが、シリカ水は腎臓の機能が低下していている人以外は、むしろ毎日飲むことが大切ということが分かりました。

健康な人にとってシリカ水が体にいいという3つの理由

  1. 肌の弾力性を保つ効果が期待される
  2. 体内で生成することができないシリカを摂取できる
  3. 骨や歯、爪などを丈夫にする効果が期待される

私たちの体からは、毎日シリカが10~40mg失われていきますが、自分の体でシリカを作ることができず食べ物や水で補う必要があります。

「のむシリカ」はペットボトル1本(500ml)で48.5mgのシリカ(ケイ素)を取り入れることができるので、楽に効率よくシリカを補充したい人は、のむシリカを飲むようにしましょう。

\食べもので補える方は必要ありません/

のむシリカの公式サイトから1回だけ取り寄せてみる

回数の縛りなし!1回だけの注文でも20%オフで購入できます

 

 

 

 

 

-生活