糖質ダイエット

ヨーグレットの本当の効果はプラセボ!食べすぎは太るので注意が必要

ヨーグレットを食べると、花粉症や便秘解消、口臭に効くと言われていますが、これははっきりとした効果はありません。

ヨーグレットは、薬を飲んだ気分になって元気になれる効果があります。

この記事では、ヨーグレットで噂になっている効果をご紹介します。

 

 

 

ヨーグレットを食べると花粉症などに効くといった効果は根拠なし!

  • 花粉症緩和
  • 便秘解消
  • 口臭予防

ヨーグレットを食べただけで、花粉症、便秘、口臭に効果があるなどと言われていますが、ヨーグレットを食べただけで効果があるという根拠はありません。

ヨーグレットには、1箱あたりビフィズス菌が2億8千万個、1粒だと約1,500万個のビフィズス菌しか入ってなく、ヨーグレットだけで整腸作用を期待するためにはビフィズス菌の数が不足しています。

また、ビフィズス菌は生きたまま大腸まで届けることが大事なのですが、ヨーグレットの乳酸菌は、粉末状になっていてビフィズス菌が死んだ状態(死菌)で入っています。

ビフィズス菌自体は、腸内環境を整え、便秘を解消したり、アレルギー症状の改善などの効果が報告されている私たちの体にとって大切なものですが、

ヨーグレットでは少量のビフィズス菌はとれますが、効果として期待するためには数が足りていないんです。

 

 

ヨーグレットにはプラセボ効果があります ~SNS上の口コミをチェック~

ヨーグレットは、花粉症や口臭、便秘症の効果は期待できませんが、元気になれる効果があります。

見た目が薬なので、薬と信じ込ませて食べると「なんだか元気になった」「なんだか調子がいい」という気持ちになれる人が多いんです。

『プラセボ効果』というのですが、実際にSNS上でも効果を感じている人がいるのでチェックしていきましょう。

 

ヨーグレットのプラセボ効果①:ヨーグレットを食べたら一瞬効いた

花粉症に効くと言って食べさせてたら、一瞬鼻詰まりに効いたという声もありました。

 

ヨーグレットのプラセボ効果②:ヨーグレットを食べたら眠れるようになった

ヨーグレットを食べたらよく眠れるようになった人もいました。

 

ヨーグレットのプラセボ効果③:ヨーグレットを食べたらおねしょが止まった

ヨーグレットを子供に食べさせたらおねしょが止まったという声もありました。

 

ヨーグレットのプラセボ効果の口コミのまとめ

ヨーグレットにプラセボ効果があったという口コミをご紹介しました。

他にも子供に酔止めと言って食べさせているという口コミもありました。

ヨーグレットは、製薬会社が自社の薬品パッケージ技術で作ったので見た目も薬のようになっています。

病は気からと言われるのも納得です。

 

 

ヨーグレットは栄養機能性食品

そんなヨーグレットですが、実は栄養機能食品。

大人が1日に必要とするカルシウムの半分の量を1箱で摂れるんです。

一日に摂るカルシウムの目標量は成人が600~800mg、成長期の子どもは700~1000mgと言われているので、1箱に300mg入っているのはとっても嬉しいです。

ビフィズス菌の効果はありませんが、お子さんから大人までヨーグレットでしっかりカルシウムを摂ることができますよ。

カルシウムも補給できるサプリ感覚のお菓子としてぜひ食べてくださいね。

 

 

 

ヨーグレットは1日1箱まで!食べすぎると太るので注意が必要

ヨーグレットは、1日1箱(18粒)までにしましょう。

ヨーグレットは栄養機能食品なので、1日の摂取量が書かれてあり「1日1箱(18粒)まで」と書かれています。

それ以外にも、ヨーグレットのカロリーは1箱で111kcal、炭水化物25.8g。

白米で言えばお茶碗1/2のカロリーと炭水化物があります。

ヨーグレットは一度食べだしたら、止まらなくなってしまうことが多いので十分に気をつけてくださいね。

 

 

この記事のまとめ

この記事ではヨーグレットの効果についてご紹介しました。

ヨーグレットはカルシウムが豊富に含まれた栄養機能食品ですが、便秘解消や花粉症対策に効果的なビフィズス菌は多く含まれていません。

しかしカルシウムがしっかり含まれていたり、プラセボ効果もあるという口コミもありました。

気分転換をしたいときや、カルシウムを気軽に摂りたい時に、ヨーグレットを食べてみてくださいね。

 

 

 

 

-糖質ダイエット

Copyright© おすみとおかず , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.