FOOD

ヨーグレットの効果『花粉症や便秘解消』は嘘!ビフィズス菌を摂りたい人は別の方法で

WEB上でヨーグレットを食べると、花粉症や便秘解消などに効くと言われていますが、これははっきりとした効果はありません。

この記事では、ヨーグレットではっきりとした効果がない理由と、アレルギーや腸内環境を整えるための方法をご紹介します。

 

 

ヨーグレットを食べただけで効果があるというのは根拠なし

  • 花粉症緩和
  • 便秘解消

ヨーグレットを食べただけで、花粉症、便秘に効果があるなどと言われていますが、ヨーグレットを食べただけで効果があるという根拠はありません。

ヨーグレットには、1箱あたりビフィズス菌が2億8千万個、1粒だと約1,500万個のビフィズス菌しか入ってなく、ヨーグレットだけで整腸作用を期待するためにはビフィズス菌の数が不足しています。

また、ビフィズス菌は生きたまま大腸まで届けることが大事なのですが、ヨーグレットの乳酸菌は、粉末状になっていてビフィズス菌が死んだ状態(死菌)で入っています。

 

ビフィズス菌は人の腸管内に生息し、体に良い様々な働きをしています。
下痢の発生を抑制したり便秘の改善を行うなどです。また腸内フローラの改善を通じて感染防御の効果も発揮します。さらに重要な作用としては免疫調節作用があります。これはビフィズス菌が人体最大の免疫器官である腸管を刺激し、免疫力を高め感染防御、発ガン抑制、アレルギー症状の改善(花粉症など)など様々な効果に通じます。またビフィズス菌を飲用することによる脂質代謝改善効果なども報告されています。

抜粋:公益財団法人 腸内殺菌学会

ビフィズス菌自体は、腸内環境を整え、便秘を解消したり、アレルギー症状の改善などの効果が報告されている私たちの体にとって大切なものなんです。

ヨーグレットでは少量のビフィズス菌はとれますが、効果として期待するためにはしっかりビフィズス菌を摂ることが必要になってきます。

 

ヨーグレットの『栄養機能食品』はビフィズス菌とは関係ない

ヨーグレットは栄養機能食品と言われていますが、ビフィズス菌は関係ありません

ヨーグレットの中に、カルシウムが300㎎と豊富に含まれているから栄養機能食品となっているんです。

ビフィズス菌の効果があると言える根拠のあるものは、「特定保健用食品」「機能性表示食品」だけとなっています。

 

ヨーグレットはおやつ感覚で手軽にカルシウムが摂れる

ヨーグレットは、ビフィズス菌は少ないものの、大人が1日に必要とするカルシウムの半分の量を1箱で摂れるんです。

一日に摂るカルシウムの目標量は成人が600~800mg、成長期の子どもは700~1000mgと言われているので、1箱に300mg入っているのは嬉しいですね。

ビフィズス菌の効果はありませんが、お子さんから大人までヨーグレットでしっかりカルシウムを摂ることができますよ。

 

 

 

ビフィズス菌を摂りたいならサプリメントがおすすめ

ビフィズス菌を増やすには、ビフィズス菌を増やす働きをするオリゴ糖を含む食品を摂るように心掛けることいいでしょう。

しかし、ビフィズス菌は、年齢を重ねるごとに減っていき、50代になると赤ちゃんのときと比べて10分の1まで減ってしまいます。

ビフィズス菌は毎日摂ることが大切なのですが、毎日生きたままのビフィズス菌をたくさん大腸まで送り届けるためには、サプリメントで摂るのが効率がいいです。

ビフィズス菌がしっかり摂れるサプリメントとしておすすめするのが、「森永のビヒダスBB536」。

森永のビヒダスBB536は、機能性表示食品で、1日2粒飲むだけで、ビフィズス菌を150億個摂ることができます。

カプセルになっているので、生きたままビフィズス菌を大腸に届けることが可能なんです。

腸内環境をしっかり整えたいという方は、この機会に見直してみてくださいね。

 

この記事のまとめ

この記事ではヨーグレットの効果についてご紹介しました。

ヨーグレットはカルシウムが豊富に含まれた栄養機能食品ですが、便秘解消や花粉症対策に効果的なビフィズス菌は多く含まれていません。

ビフィズス菌は、年齢を重ねるごとに年々減っていくので、サプリなどでビフィズス菌を摂るのが効果的です。

森永のビヒダスBB536は、1日2粒飲むだけで、ビフィズス菌を150億個摂ることができます。

ビフィズス菌をしっかりとって、腸内環境を整えたい方はぜひ森永のビヒダスBB536を、まずは7日間飲んでみてくださいね。

 

 

-FOOD

Copyright© おすみとおかず , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.