飲食業

店長になりたくない!店長にならずに済む断り方とその後の仕事への取り組み方

店長の打診がきたけど、やりたくない。

  • 評価を受け実力を認められているということ
  • あなたの可能性を引き伸ばしてあげたい
  • 会社として中核を担う人材へと成長させたい

会社はあなたに対して、このような思いがあって店長に昇格させたいと考えているはずですが、店長になりたくない人にとってみると苦痛でしかありません。

この記事では、うまく店長職を断る理由と、断った後にどのように仕事に取り組めばいいのかを解説しますので、店長になりたくない人は参考にしてください。

 

店長にならない場合のメリットとデメリットを解説します

店長にならない場合のメリットとデメリットを解説します。

店長を断った場合のデメリット

  • 会社からの評価が下がる可能性がある
  • マネジメント能力を高めることができない
  • 年下の上司や出世した同期に対して劣等感を抱く可能性がある
  • 会社に居づらくなるかもしれない

店長を断った場合、マネジメント能力を養うことができないので、長く勤務しようと思う場合は、自分自身を成長させるチャンスを止めてしまう可能性があります。

また、店長を断ることで会社の期待や思いを否定することになるので、評価が下がったり、この先後輩があなたの上司になって居づらくなくという状況も出てくるかもしれません。

店長になりたくないという方は、リスクも分かった上でしっかりと考えていくことが大切です。

店長職を断っても本当に後悔しないか、断る前にもう一度考えてみるようにしましょう。

 

店長を断った場合のメリット

  • プライベートの時間を確保できる
  • 精神的な負担が少ないままでいれる
  • 残業代が出る
  • 店長職よりも時給に換算すると高い給料がもらえる

もし店長職を断れば、一番のメリットは精神的にきつくないということです。

店長になれば、売上の評価があなた自身の評価につながる部分が大きくなるので、常に売上とは向き合う必要があります。

それだけでなく、シフト管理、スタッフの教育、SNSの更新など日々の業務のほかに、スタッフが欠員する場合は足りないスタッフの穴埋めもすることも発生するかもしれません。

実質の勤務時間を考えると店長になった方が、時給換算すると安くなるという人もいますので、給与面から言っても店長にならないメリットはあります。

 

 

店長になってほしいと言われて断れなかった場合は

本当は店長なんかやりたくないのに、断れず「YES」と答えてしまった場合は、撤回するのは難しいのが現状。

この場合は、店長職をする必要がありますが、すでに精神的にも体力的にも耐えられるか心配と思っている方は、いつでも転職できるように準備を始めておくのが安心です。

転職サイトは、あなたの今の状況を聞いてくれた上で、あなたにぴったりな職業を紹介してくれるので、本音を安心して打ち明けることができます。

その上であなたに合った職場を紹介してくれるので、辞めたい時にいつでも辞められる準備ができるので、お守り代わりとして登録をしておいておきましょう。

 

 

店長になってほしいと言われた時の断り方と注意点

それでは店長になってほしいと上司から言われてしまった場合は、どのように答えたらいいのでしょうか。

店長になってほしいと言われた時の断り方

  • マネジメント業よりも、いちスタッフの業務にやりがいを感じている
  • 現在スキルアップのため〇〇の資格取得のために勉強しているので、今は勉強にも力を入れたい
  • 他人の能力や成果に対して、まだ客観的に正しい評価ができない可能性が高い
  • 子どもが小さいため、今の勤務体系が職場にも家庭にも迷惑をかけない

断る場合には、基本的にはメールではなく直接上司に時間を取ってもらって断るようにしましょう。

その際には、「ありがたいお話をいただきありがとうございます。」などと、店長の話をいただいたことに感謝を言いましょう。

そして、今の仕事への前向きな姿勢を示しつつ、自分の能力不足や家庭のことの理由で店長になるのは難しいということをしっかりと伝えます。

もしこの先も会社にいたいという場合は、決して「責任ある立場にはなりたくありません」ということは言わないでください。

断りを入れつつも、将来的には店長をやってみたいと思っている、という事は十分に含ませておくことが大事です。

 

店長を断った後の仕事の取り組み方

店長を断った場合は、会社の期待を受け入れなかったので、もしかしたら会社の中での評価が下がってしまう可能性もあります。

店長になりたくないけど、会社に留まる場合には、「この仕事はこの人にしかできない」「この人に任せれば安心だ」と思われるような知識や実力をつけていくようにしましょう。

また、あなたが店長を断った席に同期や後輩が店長になり、あなたの上司になる可能性もありますが、嫌な態度を取らないことも大事です。

もし、評価が下がって会社に居づらくなった場合には、転職するという道も選択肢に入れていきましょう。

 

 

この記事のまとめ

店長になりたくない方は、体を犠牲にしてまでも店長になる必要はありません。

しかし、店長を断るということは会社の期待を受け入れないということになるので、この先評価が下がる可能性はあります。

今働いている会社での店長職は就きたくないという方は、あなた自身を守るためにも転職することを選択肢に入れて、行動に移すようにするにしましょう。

 

 

 

-飲食業

Copyright© おすみとおかず , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.