本ページには広告が含まれています。

生活の質を上げる

バルミューダ掃除機のデメリットは3つ!実際に買って感じたリアルな口コミ

この記事では、いいものプレミアムやディノスなどのテレビ通販でも見かけるバルミューダ掃除機についてご紹介します。

私自身バリュミューダが好きということもあって、テレビショッピングを見てすぐに飛びついたのですが、実際使ってみてデメリットがありました。

【バルミューダ掃除機のデメリットまとめ】

  • 思っていたより重い
  • 吸引力が弱い
  • ヘッドが大きくベッドの下に入らない

もちろんバリュミューダ掃除機を購入してよかった点もありますが、購入する前にデメリットを知っておくことも大事です。

この記事を読めば、バリュミューダの掃除機のことが分かるようになりますので、よかったら本文もチェックしてみてください。

 

バルミューダ掃除機のデメリットは3つ

  1. 重い
  2. 吸引力は期待ができない
  3. ヘッドが大きくベッドの下に入らない

冒頭でもお伝えしましたが、私が実際に購入して感じたデメリットは3点あります。

それぞれ解説します。

デメリット①:重い

バリュミューダの掃除機の重量は2.2kg。

以前は3.1kgだったのですが、900gの軽量化となり新型が販売されています。
すみれ
すみれ

マキタとかダイソンの掃除機だと重量2kg以下のものがほとんどなので、他の掃除機から比べるとずっしりきます。

特に私が重く感じたのが、バリュミューダの掃除機を持って階段を上り下りする時でした。

ただ、階段を下るときも登る時も掃除機をかけながら上り下りをすればいいんだ!ということに気付き、それからはバリュミューダのホバーテクノロジーで、重さをそこまで感じなくなりました。

ホバーとは、空気圧で水面や地面から浮いて進むという乗り物のことで、バリュミューダは、スイッチを入れて掃除機をかけ始めると空気圧で浮くようになっています。
すみれ
すみれ

使い心地はフローリングだと氷の上を滑らせているような軽さですが、カーペットの上だと軽さは感じられないので、通常の掃除機のように力を入れて掃除する必要があります。

 

デメリット②:吸引力が弱い

もともと、キャニスター式の掃除機から、バリュミューダに変えると吸引力は正直落ちます。

これは、バリュミューダに限らずスティック式の掃除機にした場合も同じことが言えます。

かと言って全然ゴミを吸わないかと言うと、髪の毛やペットの毛なども吸うので、普通に掃除することは問題なくできます。

 

デメリット③:ヘッドが大きくベッドの下に入らない

バリュミューダは重心を安定させたり、腕や手首の負担を減らすために、重心を下にもってきています。

そのため、ヘッド部分が大きくなっているので、高さが低いベッドの下など掃除機が入りませんでした。

ノズルを変えることでベッドの下も掃除することができるようになりますが、キャニスター式の掃除機に比べると奥まで届く距離は短くなってしまいます。

ちなみに、我が家のベッド下は11cm。

高さが15cmあればベッド下にも入れることができますが、バリュミューダの新型は、ヘッドの部分は従来のものよりスリムになっています。

我が家ではクイックルワイパーも併用してベッド下は掃除していますが、ベッドの下まで掃除機を入れたいという方は、新型にしてみるのもおすすめです。

 

 

バルミューダ掃除機を買ってよかった点

  1. クイックルワイパーのように自由自在に動く
  2. おしゃれなので使っていて楽しい
  3. 音が静か
  4. コードレスなのですぐに掃除ができる

よかった点①:クイックルワイパーのように自由自在に動く

最初慣れないと使いずらいと感じてしまうのですが、バリューミューダの掃除機のヘッドは360°回転するのでクイックルワイパーのように楽に掃除機をかけることができます。

というのも掃除機は前後に動かすものという概念があったので、最初バリュミューダの掃除機を使い始めた時はヘッドがクルクル回るので使いずらいなと思っていたんです。

でもクイックルワイパーだと思い使い始めると、床を滑るように軽いかけるだけでゴミを吸い取ってくれるし、360°ヘッドが動くので椅子などを動かすといった手間もなくなりました。

片手で掃除機をかけることもできるようなったのもびっくりでした。
すみれ
すみれ

掃除の効率があがり、結果お部屋の掃除時間の短縮にもつながるようになりました。

 

よかった点②:おしゃれなので使っていて楽しい

毎日お掃除するにはやはり見た目も重要ですが、バリュミューダの掃除機は、シンプルでおしゃれ。

特にバリュミューダが好きという方にとっては、毎日テンションが上がりながら掃除をすることができます。

 

よかった点③:音が静か

今までダイソンのキャニスター式の掃除機を使っていたのですが、バリュミューダに変えて掃除機の音が静かだなと実感しました。

キャニスター式の掃除機が高い音とすると、バリュミューダの掃除機は低音です。

 

よかった点④:コードレスなのですぐに掃除ができる

バリュミューダの掃除機はコードレスタイプなので、コンセントの位置を計算して掃除機をかける必要がありません。

階段で掃除機のコードがあるといつも「ひっかかったらどうしよう、怖いな」と思っていたのですが、バリュミューダにしてその心配はなくなりました。
すみれ
すみれ

掃除しようと思ったら、いつでもどこでも掃除機をかけ始められるという点はよかったです。

 

 

バリュミューダの掃除機の口コミ

バリュミューダの掃除機の口コミが、SNS上にありましたのでご紹介します。

口コミ①:使いずらそう

360°回転する掃除機を使ったことがなかったので、私自身も体と頭が慣れるまで1週間ほど時間がかかりましたが、使い方に慣れると片手でも掃除機をかけることができるようになりました。

 

口コミ②:D社と比べると軽くて吸引力も満足

バリュミューダの掃除機は、下に重心があるので手に負担がないのも嬉しいポイントです。

毎日使うからこそ、体にもやさしいものがいいですよね。

 

口コミ②:電源を入れると軽くなる

バリュミューダを充電機から取り外して、充電機に戻すまで掃除機をかけ続けると、重さのストレスもあまり感じることなく使えるようになりますし、お部屋も綺麗になり一石二鳥です。

 

購入してから後悔をしたくないという方は、まずはレンタルがおすすめ

バリュミューダの掃除機の定価は、64,900円(税込)で、決して安い買い物ではありません。

購入したけど

  • 重くて使うのが辛くなった
  • 吸引力に満足できない
  • 前の掃除機の方がよかった

こんな後悔をしたくない方は、まずはレンタルして使ってみるのがおすすです。

私自身、バリュミューダのコーヒーメーカーなど、まずはレンタルしてみて購入を検討したこともあります。
すみれ
すみれ

レンタルサービスの「airRoom(エアールーム)」では、バリュミューダの掃除機を1日あたり237円で借りることができます。

送料も返却するときの送料も無料なのも嬉しいポイントです。

気に入れば購入すればいいし、気に入らないという場合は返却して、今の掃除機を使い続けることも新たに掃除機を見つけることもできるようになりますので、本当に気に入った掃除機を手に入れられるようになります。

\ご自身にあった掃除機を選びたいという方は/

バリュミューダの掃除機のレンタルを詳しく見る

返却時も送料無料!

 

この記事のまとめ

この記事では、いいものプレミアムやディノスなどのテレビ通販でも見かけるバルミューダ掃除機についてご紹介しました。

【バルミューダ掃除機のデメリットまとめ】

  • 重い
  • 吸引力が弱い
  • ヘッドが大きくベッドの下に入らない

実際デメリットもありますが、他の掃除機にはないバリュミューダのスタイルと、クイックルワイパーのような新感覚で使いやすいところもあります。

でも、実際にご自身の目で確認して自分に合っているか確かめるのも重要です。

レンタルサービスの「airRoom(エアールーム)」では、バリュミューダの掃除機を1日あたり237円で借りることができます。

実際に使ってみて、本当に気に入った掃除機を手に入れてくださいね。

\ご自身にあった掃除機を選びたいという方は/

バリュミューダの掃除機のレンタルを詳しく見る

返却時も送料無料!

 

  • この記事を書いた人

すみれ&かず

おすみとおかずの編集部です。 40代以上のお得な情報を中心に役に立つ体験談などのリアルな声をお届けしています。

-生活の質を上げる
-