パート

生活が苦しいけどパートに行きたくない主婦が今すぐできる家計を楽にする方法

2022年1月25日

この記事では、生活が苦しいけどパートに行きたくないという主婦の方向けて、パートに行かずに済む方法についてお伝えします。

生活が苦しいというだけで、行きたくもないパートに行ったとしてもなかなか続けるのも難しいですし、何よりもあなたの心身的に疲れていって、家族にイライラしてしまったりする可能性が高くなります。

この記事を読めば、パートに行かないといけないという考えがなくなり、次に進む方向性が見えてきますよ。

[toc]

 

生活が苦しいけどパートに行きたくない主婦向け:家計を楽にする3つの方法

  1. 家計をもう一度見直してみる
  2. 自治体のキャンペーンを利用してみる
  3. 自宅にある不用品を手放す
  4. ご自身ができる範囲のお小遣い稼ぎをしてみる
  5. 求職者支援制度を利用してスキルアップをする

生活は苦しいけどどうしてもパートに行きたくない、そんな時に家計を楽にして、お金の悩みから抜け出す方法についてご紹介します。

 

①:家計をもう一度見直してみる

いつも家計には気を付けていると思いますが、今一度削れる部分がないか見直してみましょう。

保険料や、光熱費、通信費など見直せる部分があるかもしれません。

1人ではなかなか解決できないという場合は、ファイナンシャルプランナー(FP)の無料相談サービスなども、上手に利用して見るのも手です。

 

②:自治体のキャンペーンを利用してみる

お住まいの自治体では、地域活性化を目的としたキャンペーンが開催されていることが多いです。

実際、最近ではPayPayと自治体がタッグを組んで、20~30%のポイント還元キャンペーンを行っています。

ちなみにこのキャンペーンはお住まいの地域住民限定ではないので、対象の自治体であればぜひ使ってほしいキャンペーンです。

 

PayPay-ペイペイ

PayPay-ペイペイ
開発元:PayPay Corporation
無料
posted withアプリーチ

 

この他にもお得になる商品券や、無料で受けられるサービスなどもあります。

一度ぜひ、お住まいの自治体のホームページもチェックしてみてくださいね。

 

③:自宅にある不用品を手放す

自宅で眠っていてもう使わないものがあれば、この機会に手放しましょう。

本や洋服、家具、おもちゃ以外にも

身の回りでもう使っていない、使い切れないものなども買い取ってくれるサービスもあります。

 

④:ご自身ができる範囲のお小遣い稼ぎをしてみる


治験モニター募集
仕事内容 飲食モニター アンケート、データ入力など 治験モニター
在宅
報酬 ポイント dポイントか現金 治験協力費(謝礼)
仕事の難易度
自由度

本当はパートに行くべきだけど、人間関係やストレスでなかなか仕事ができないという場合、ご自身のペースでまずはお小遣いを稼ぐのがおすすめです。

日給100万円なんていう闇バイトは、犯罪に巻き込まれる可能性が非常に高いので、絶対に止めましょう。
おすみ

そうして少しずつお小遣いをしながら、スキルアップもするという方法もあるでしょう。

スキルアップをすれば、Webライターや、動画編集など、在宅でできる仕事の枠が増えてきますよ。

 

⑤:求職者支援制度を利用してスキルアップをする

ハローワークには、「求職者支援制度」というものがあって、無料の職業訓練が受けられ、就職サポートまでしてくれる制度があります。

「求職者支援制度」の対象となるのは、ハローワークに登録して仕事を探している人のうち、失業手当をもらう資格がなかったり手当がもらえる期間が終わってしまった人、そして働く意思がある人です。

PCスキルやビジネスマナーなど、企業で働くための基本を学べる「基礎コース」や、ITや介護、簿記といった専門的なスキルを身につけられる「実践コース」など幅広く分野から訓練を受けることができます。

時間はかかりますが、費用をかけずにスキルアップをするにはとてもおすすめな方法です。

>>ハローワーク求職者支援制度について詳しくはこちら

 

 

この記事のまとめ

この記事では、生活が苦しいけどパートに行きたくないという主婦の方向けて、パートに行かずに済む方法についてお伝えします。

生活が苦しいというだけで、行きたくもないパートに行ったとしてもなかなか続けるのも難しいですし、何よりもあなたの心身的に疲れていって、家族にイライラしてしまったりする可能性が高くなります。

  1. 家計をもう一度見直してみる
  2. 自治体のキャンペーンを利用してみる
  3. 自宅にある不用品を手放す
  4. ご自身ができる範囲のお小遣い稼ぎをしてみる
  5. 求職者支援制度を利用してスキルアップをする

今日からでも出来る悩みから解放される方法をご紹介しました。

出来るところから、ぜひ始めてみてくださいね。あ

 

 

  • この記事を書いた人

おすみとおかず

40代、50代の飲食業で働く夫婦が運営するのメディア。 『食』『仕事』『生活』を通して、生活の質を上げるためにアイデアを提供しています。

-パート
-, ,