FOOD

一蘭のカップ麺は490円と高いけど完売続出!その理由はお店に行った気分を味わえる

2021年2月15日に販売されてすでに60万食を突破した一蘭のカップ麺。

一蘭としては初のカップ麺の発売となり、販売直後から話題になりました。

その一蘭のカップ麺、なんと1個が490円と高いにも関わらず、すぐに完売状態となり現在入荷待ちの状態が続いています。

どうしてそんなに高いの?

高い分だけの美味しさはあるの?

今日はそんな一蘭のカップ麺についてご紹介します。

 

 

まずは、一蘭のカップ麺は高すぎるという感じた人の口コミをご紹介

まずは、一蘭のカップ麺は高すぎるというSNSの口コミをチェックしてみました。

味は美味しいという人が多いけど、他のカップラーメンと比べてしまうと高い、具なしなのに高い、こんな値段出すんだったら店舗に行きたいという声がありました。

しかし、実は今回の一蘭のカップ麺の発売は「カップ麺」としては販売はしていないんです。

「一蘭」になかなか行けない人たちに代わりに食べてほしいという想いから発売が開始されました。

この一蘭のカップ麺は、他のカップ麺と別ものとして考えた方がよさそうですね。

 

 

一蘭のカップ麺はお店に行けない人のために販売したのに「具なし」「味の調整なし」はなぜ?

出典:一蘭

一蘭のカップ麺は、具がなく、味も調整することが出来ないんです。

店舗では、チャーシュー、ねぎ(青ねぎかしろねぎ)が入っていて、味も注文用紙で自分好みにカスタマイズできますよね。

それだと一蘭に行った気になれなんじゃないの?と思ったのですが、ここに一蘭のこだわりがあったんです。

 

あえて具材は入れておりません。

それはラーメン本来の純粋な味わいを楽しんでいただくため。

麺・スープ・秘伝のたれが作り出す美味しさにただひたすらに向き合える一杯です。

出典:一蘭公式ホームページ

 

一蘭の味に集中して食べてほしいという思いから、具材をあえて入れていないんです。

確かに一蘭の店舗は味に集中してほしいということで席が区切られ、店員さんの様子も見れなくなっていますよね。

家でラーメンだけに集中するという空間が作れないので、あえて具をなくすことで「ラーメンに気を引き寄せ」ラーメンの味に集中させようという考えなのかもしれません。

また、味の調整をすれば、麺・スープ・秘伝のたれが作り出す美味しさに集中できなくなるので、味を好みに買えられることをなくしたんでしょうね。

 

 

ライバルは一蘭のお店のラーメン!「麺・スープ・秘伝のたれ」のこだわり

一蘭では、20年以上前からカップ麺の商品化の話があったのですが、納得できるカップ麺を作ることができなかったんです。

「いつか必ず、お客様の期待に応えたい」との想いで試行錯誤を繰り返してこのカップ麺があるそうなんです。

20年以上試行錯誤したできあがった一蘭のカップ麺「麺・スープ・秘伝のたれ」のこだわりをご紹介します。

果たしてライバルの一蘭のお店に匹敵するおいしさなのでしょうか?

 

福岡の麺ではなく一蘭らしい麺に仕上げた「一蘭の麺」

一般的にとんこつラーメンのカップ麺では、歯応えが強調されがちです。最初に出来上がった麺はバサバサしており粉感が非常に強いものでした。福岡らしい麺ではあるが、決して一蘭らしくはない…。「一蘭らしい麺とは…」と、改めて自社の麺の特長を見つめなおし、歯応えの中に潜むなめらかさ、しっとり感や麺の溶け方などを多角的に調整し、『一蘭らしい麺』の開発に成功いたしました。

細くてストレート形状のノンフライ麺で、仕上がりは固い麺なのになめらかで風味もしっかりあります。

一般的に売られている、とんこつ味のカップラーメンの麺とは明らかに違う仕上がりになっています。

 

舌触りと豚骨のとろみ感を再現した「一蘭のスープ」

一蘭の真髄であるとんこつスープ。口当たりや豊かな風味の演出が重要です。粉末だけならとんこつスープを舌で感じることができるが鼻腔に香りが残りにくい、液体だけではとんこつ特有の微細な舌触りやとろみの表現が難しい…。と、それぞれの研究を重ねた結果、最終的に「粉末も液体も、両方いれる」との決断にいたりました。

スープを入れてもとんこつ独特の臭みはありません。実際にスープを飲んでもさらっとあっさり。あっさりしていますがとんこつらしさは損なわれていないのでおいしいです。

 

 

カップ麺のために開発された「一蘭の秘伝のたれ」

それらの麺やスープに絡む「秘伝のたれ」。カップ麺に合わせた秘伝のたれを開発。一蘭では4人しかいない秘伝のたれ職人が試行錯誤を重ね、麺やスープとの相性を考慮し、このカップ麺のためだけの特別な「秘伝のたれ」の商品化に成功いたしました。

秘伝のたれは、店舗では量の調整ができますが、一蘭のカップ麺に入っている秘伝のタレは普通くらいの量に感じました。

お店では一蘭の最初スープの麺を食べ、徐々に秘伝タレを溶かしていくのですが、カップ麺でも同じように食べるのがおすすめです。

徐々に、ラーメンが複雑な味わいに変化し深みが増す味わに変わっていきます。

 

 

一蘭のカップ麺を実際に食べた人の口コミをチェックしてみました

 

この投稿をInstagramで見る

 

yutaka_fujio(@richfujio)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

hare(@queen_br0000)がシェアした投稿

一蘭を食べた人の口コミをチェックしてみました。

一蘭に気持ちになれる人が多くて、再現率が高いという口コミが多かったです。

 

 

一蘭にいる気分を味わいながら食べられる動画が配信されている

一蘭では、カップ麺をお店に行った気持ちで食べてもらおうとただ、テーブルとBGMが流れる動画を配信しています。

一蘭のカップ麺を食べる時は、この動画を見ながらラーメンだけに集中して味わってみるのもいいかもですね。

 

 

一蘭のカップ麺はどこで買える

  • 一蘭の公式ショップ
  • ローソン
  • ドン・キホーテ

一蘭のカップ麺は、公式ショップ、ローソン、ドン・キホーテで買うことができますが現在完売状態が続いています。

最新情報は一蘭の公式ページで更新されているのでぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

一蘭のカップ麺の商品情報

価格 490円
エネルギー 471kcal
たんぱく質 14.1g
脂質 20.0g
炭水化物 58.8g
食塩相当量 8.6g(めん・やくみ:1.4g/スープ:7.2g)

一蘭の店舗で食べる一杯890〜980円(店舗によって異なる)とです。

塩分量が8.6gと相当ありますが、特にスープの原材料に塩分が多く含まれています。

スープの厚みを出すために「ポークエキス」が入れたりお店の味に近づけようとするのが分かりますね。

 

 

一蘭のカップ麺は高いけど、お店の味に匹敵する美味しさだった

一蘭のカップ麺は高いけど、ライバルが一蘭のお店のラーメンということで匹敵する美味しさということが分かりました。

一般のカップ麺と比べて、一蘭のカップ麺は490円と高いですがそれだけ出す価値はありそうですね。

なかなか手に入らない状況ですが、見かけたらぜひ食べてみてくださいね。

 

-FOOD

Copyright© おすみとおかず , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.