糖質制限

ベースブレッドは一日何個まで食べていい?決まりはないけど食べすぎはNG

この記事では、ベースブレッドを1日何個まで食べていいのかをお伝えします。

結論からいうと、公式サイトで公表されましたが、はっきりした決まりはありません。

しかし、食べすぎると太ることもありますので、注意が必要です。

本文では、さらに詳しく解説していきますので、食事にベースブレッドを取り入れたいという方は、続きも参考になさってください。

\パン好きだけど栄養もしっかり摂りたい方は/

BASEBREADの公式サイトを見てみる

初回20%OFF、2回目以降も10%OFFで購入することができます

 

 

ベースブレッドは一日何個まで食べていい?

摂取上限は設けておりませんが、ご自身の摂取可能カロリーや運動レベルによってご調整いただきますようお願いいたします。また、1度に1食分全てをお召し上がりいただく必要はなく、1日のお食事の中で自由に調整していただければと思います。
引用:BASEFOOD公式サイト

ベースブレッドは、1食*あたりで、栄養素等表示基準値に基づき、脂質・飽和脂肪酸・n-6系脂肪酸・炭水化物・ナトリウム・熱量を除いて、全ての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含んでいます。

* BASE PASTAは1袋で1食、BASE BREADは2袋で1食、BASE Cookiesは4袋で1食

栄養素だけでいうと、ベースブレッドでいうと1日3食(6個)で1日分の基準値が摂れます。

そのため1日の必要な栄養素をベースブレッドで摂りたいという方は、1日6個のベースブレッドを食べれば数字上では問題がありません。

しかし、この栄養素にはカロリー、炭水化物、脂質といった数値が含まれていません。

そのため、1日何を食べたかなど人によってベースブレッド以外のカロリーや脂質などが違うので、ベースブレッド以外に何を食べたのかによって大きく変わってきます。

こちらの記事では、ベースブレッドで太る原因や肌荒れについてご紹介していますので、よかったら一緒にチェックしてみてください。

ベースブレッドって太る?ダイエット中や糖質制限中のおすすめの食べ方をご紹介

この記事では、糖質制限として、BASEBREAD(ベースブレッド)食べてみた感想や、体重を何とかしたいと思っている方へ、おすすめの食べ方をご紹介します。

続きを見る

ベースブレッドで肌荒れが改善する?美容のための食事管理中に肌荒れをする人は必見

この記事で、ベースブレッドを美容のための食事管理としてぴったりなのか解説します。

続きを見る

 

 

BASEBREAD(ベースブレッド)でよくある失敗

ベースブレッドは、ダイエット食ではないので、カロリーも脂質もあります。

そのため1日何個食べるかと決めるより、その日によって食べる個数を変えておきましょう。

実際、ベースブレットを知らないまま始めてしまうと、ベースブレッドしか食べてないけど、太ってしまうことも。

ベースブレッドをこれから使って健康管理を始めようとする方は、まず特徴を分かった上で購入するようにしましょう。

 

 

その①:ベースブレッド食べるだけで痩せると思ってしまっている

ベースブレッドのカロリー・糖質

  • カロリー(1食2個)・・・400~520kcal
  • 糖質(1食2個)・・・41.4~54.2g

ベースブレッドは、置き換えでよくみかける「置き換えスムージー」や「置き換えコーヒー」に比べると、カロリーも糖質も高いんです。

なので、置き換えドリンクと同じ感覚で、置き換え以外の食事をたくさん食べてしまうと、当然カロリーや糖質がオーバーになって太ってしまいます。

とは言えども、ベースブレットは、普段の食事として取り入れる場合、腹持ちもよく、置き換えドリンクのように空腹に耐えるという必要がないので、普通のパンとして食べることができます。

 

その②:ベースブレッドにトッピングをしすぎる

ベースブレッドの公式サイトやブログなどに、美味しそうなトッピングが紹介されていますが、挟む具材のカロリーや糖質に気をつけないと、糖質・カロリーオーバーとなってしまいます。

 

私も以前、カロリーと糖質を気にせずたまごポテトサンドとスライスチーズを挟んでいました。

すごく美味しかったのですが、後でカロリーを計算したら1食(2個)で726kcalになっていてゾッとしました。

ベースブレッドはトッピングなしで食べるのが一番いいのですが、糖質制限をしている場合は、具材を野菜やささみなどにしてカロリーや糖質をおさえたものにしましょう。

 

 

太る原因その③:おやつにベースブレッドを食べる

ベースブレッドには、チョコ味、メープル味などおやつにぴったりな味がありますが、3食しっかり食事をした上でおやつにベースブレッドを食べてしまうと

カロリーと糖質オーバーとなります。

糖質制限をしている方は、おやつの糖質を10gにおさえることが推奨されているんです。

食・楽・健康協会の山田悟代表理事によると、食事一食あたりの糖質量を20~40gとし、それとは別に間食からの糖質10gを含めた一日の糖質量(=適正糖質)を70~130gにすることが推奨されています。
出典:グリコ

おやつにベースブレッドを食べたいという場合は、ベースブレッドを1/4にカットして食べましょう。

種類 1個あたりの熱量/糖質 1/4個あたりの熱量/糖質
ベースブレッドチョコ 255kcal/25.9g 63kcal/6.47g
ベースブレッドメープル 264kcal/27.1g 66kcal/6.77g

糖質が10g以下に抑えられ、カロリーも低くおさえられ、安心して食べることができます。

しかも、栄養分が豊富なのでケーキやスナック菓子よりも健康的なおやつに変身しますよ。

 

太る原因その④:1日のカロリーや糖質がオーバーしてしまう

指原莉乃さんもベースブレッドを愛用しているのですが、注意をうながしていました。

指原莉乃さんが言うように、ベースブレッドは、通常のパンよりは糖質やカロリーが抑えられていますが、あくまでも1日の栄養素の1/3が摂れる完全食なんです。
※1食(2袋)で、栄養素等表示基準値に基づき、他の食事で過剰摂取が懸念される、脂質・飽和脂肪酸・炭水化物・ナトリウムを除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む。

ベースブレッドは、1食につき2袋食べると公式サイトに書かれていますが、普段運動をしない人が1食2袋を朝、昼、晩と3食食べてしまうと栄養の摂りすぎになってしまいます。

もし、カロリーの高いメープルを1食2袋を3食食べた場合、摂取カロリーは1,548kcal、糖質量に関しては162.6gとなってしまいます。

ベースブレッドを1食1袋にしたり、食べる回数を調整しながら食べるようにしましょう。

さらに、指原莉乃さんがいう通り、ベースブレッドは食べるだけでは痩せません

今の体重を何とかしたいと思ってベースブレッドを食べる場合は、食事にも気をつけたり、有酸素運動を取り入れるようにしましょう。

ちまみに、ベースブレッドには、プロテインと同じくらいのたんぱく質が含まれています。

逆にいうと、ベースブレッドとの相性ともいいんです。

 

ベースブレッドの特徴をうまく取り入れている人のSNS上の口コミ

ベースブレッドを食べてよかったという声を、口コミサイトやSNSで調べてみました。

ツイッター、@コスメ(2件)、ダイエットカフェ(108件)(※2022年11月調べ)にベースブレッドについても口コミがありました。

今回は、口コミ数が一番多かったツイッターでの口コミをいくつかご紹介します。

※個人の感想であり効果・効能を示すものではありません。

 

口コミ①:少しずつ目標に近づいている

目立った食事制限はせず、朝食にベースブレッドを取り入れているという口コミがありました。

 

口コミ②:ベースブレッド置き換え

ベースブレッドに主食に置き換えた人の口コミがありました。

ベースブレッドは、大豆成分が含まれているので糖の吸収が遅く、腹持ちがいいし食後に眠くもなりにくいんです。

 

口コミ③:ベースブレッドと朝と昼に食べている

ベースブレッドを食べた後に、筋トレをしたという口コミもありました。

ベースブレッドはたんぱく質が豊富に含まれているので、運動との相性もバッチリなんです。

 

口コミ④:必須脂肪酸が入っているのがよかった

栄養が偏りがちなボディケア期間中にベースブレッドを食べたという口コミがありました。

必須脂肪酸は、必須というだけあり、不足・欠乏すると以下のような症状を引き起こします。
・皮膚の乾燥、急進、脱毛など
・脂肪肝
・免疫不全、血栓形成、血小板減少
・(小児)成長障害、脳の発達障害 など。
引用:東北大学病院

なお、詳しく解説した記事で特集していますので、併せてチェックしてみてくださいね。

ベースブレッドで肌荒れが改善する?美容のための食事管理中に肌荒れをする人は必見

この記事で、ベースブレッドを美容のための食事管理としてぴったりなのか解説します。

続きを見る

 

ベースブレッドを食べてよかったというSNS上の口コミのまとめ

ベースブレッドのツイッター上の口コミを調べていくと、食べてよかったという口コミが圧倒的に多かったです。

ベースブレッドは完全栄養食ということで、ご自身に食生活や運動量によって変えていきましょう。

 

 

この記事のまとめ

この記事では、ベースブレッドを1日何個まで食べていいのかをお伝えします。

結論からいうと、公式サイトで公表されましたが、はっきりした決まりはありません。

しかし、食べすぎると太ることもありますので、注意が必要ですので、ベースブレッドの特徴をよく理解した上でまずは1回試してみましょう。

\パン好きだけど栄養もしっかり摂りたい方は/

ベースブレッドのスタートセットを申し込む

初回20%OFF、2回目以降も10%OFFで購入することができます

 

 

 

  • この記事を書いた人

おすみとおかず

40代、50代の飲食業で働く夫婦が運営するのメディア。 『食』『仕事』『生活』を通して、生活の質を上げるためにアイデアを提供しています。

-糖質制限