生活

認知症の親が寂しがるときの4つの対応方法、離れていて安心したい方必見

この記事では、認知症の親が寂しがるときに、どのような対応をすればいいのかを解説します。

認知症の方の多くは、認知症になる不安のなかで、言葉が思うように話せなくなる状態。その結果、会話が少なくなり、孤立しやすい。極度に孤独で、寂しく、不安な状態になってしまいます。

この記事を読めば、どのように対応すれば認知症の親の寂しさや不安が解消できるかを解説していきます。

認知症の親が寂しがるときの4つの対応方法

  1. 介護サービスを利用する
  2. 話を聞いてあげる
  3. 離れて暮らす場合は、こちらから電話をかける
  4. 見守りロボットを迎え入れる

認知症の親が寂しがるのは、見ていても辛いものです。本当はいつもそばにいてあげれるというのが一番なのはわかっていますが、24時間ずっと一緒にいられるわけでもありません。

親御さんご自身も、社会的な役割が少なくなること、身体機能が低下して日々出来ないことが増えていくといったことは自然な流れなので、どうしても孤独なってしまうのは仕方がないことです。

しかし、その中で私たち子供が認知症の親に対して、どのようにできるのか1つずつ解説していきます。

①:介護サービスを利用する

まだ介護サービスを受けていないという方は、要介護認定を受けているのであれば、介護保険サービスを利用しましょう。

デイサービスやデイケアといった通所サービスには多くの同年代の高齢者が集まるので、人と関わる機会が増えるので孤独感を減らすことができます。

②:話を聞いてあげる

もし、近くに住んでいるのであれば、こまめに帰省して、親御さんとコミュニケーションをはかりましょう。

特に会話は大事で、相づちを打って話を促したり、また相手の言ったことを反復したりしてあげると、自分のことを理解してくれていると安心します。

もちろん、何度も聞いた話や、納得がいかない話もあるかもしれません。

その場合は、否定や説教はせず聞いてあげることが大事です。ただ全てに我慢するときつくなるので、その場合は自分の価値観と違うけど、こういう考えもあるんだなという程度でいいので聞いてあげましょう。

③:離れて暮らす場合は、こちらから電話をかける

家族の訪問や電話での会話が頻繁にあれば高齢者が孤立感を感じることは少なくなります。

しかし、離れて暮らす場合には、こちらからこまめに電話をかけて話を聞いてあげましょう。というのも、認知症の人の症状で頻回に電話をかけることがあるのですが、昼夜問わず電話がかかってきて、子供にとって負担が大きくなってしまいます。

こちらから電話をかけることで、親御さんに安心感を与えてあげられたり、頼られているという意識を持たせることもできます。

④:コミュニケーションロボットを迎え入れる

人工知能・AI技術の発展により、人々の暮らしをサポートするコミュニケーションロボットだけでなく、遠く離れて住む親を見守れるロボット、お世話が必要なロボットペットが登場しています。

特におすすめなのは、LOVOT(ラボット)。つぶらな瞳が特徴の、温かさと柔らかさを兼ね備えた唯一無二のボディを持つコミュニケーションロボット。環境や人との関わり方で変わっていく性格は、メインコンピューターや深層学習から生まれます。名前を呼ぶと寄ってくる仕草がペットのようで愛着が湧きます。

おすすめな点は、遠方にいる大切な家族の様子をアプリで通知する機能付き。またLOVOTは抱っこした人の体表面温度が高温と推測される場合に、写真を撮って記録してくれます。熱中症になっていたり、親が熱を出していることが分かるので、すぐに実家に駆け付けられなくても、近所の人に電話したり、救急車を呼ぶことも可能になります。

\監視に抵抗がある親御さんにもぴったり/

ラボットができることを見てみる


実際にラボットを、認知症の施設で取り入れられたり、子供さんから親御さんにプレゼントする方もいました。

実際にラボットの機能には、認知症の方にぴったりな性能や効果があり、こちらの記事でも詳しく解説していますので、よかったら参考になさってください。

LOVOT(ラボット)が認知症にいいと言われる5つの効果を解説します

続きを見る

この記事のまとめ

この記事では、認知症の親が寂しがるときの4つの対応方法について解説しました。

  1. 介護サービスを利用する
  2. 話を聞いてあげる
  3. 離れて暮らす場合は、こちらから電話をかける
  4. 見守りロボットを迎え入れる

認知症の方の多くは、認知症になる不安のなかで、言葉が思うように話せなくなる状態。その結果、会話が少なくなり、孤立しやすい。極度に孤独で、寂しく、不安な状態になってしまいます。

親御さんにあったケア方法をぜひ、見つけてみてください。

\監視に抵抗がある親御さんにもぴったり/

ラボットができることを見てみる

 

-生活