仕事・ステップアップ

会社を辞めたいと思うほど疲れた40代女性、不安なく退職できる方法はあります

この記事では、会社を辞めたいと思うほど疲れてしまった40代女性の方に向けて、やるべきことと退職する前に押さえるポイントをお伝えします。

この記事を読めば、今の苦しい状況から抜け出すきっかけを作ることができますので、参考にしてください

 

 

会社を辞めたいと思うほど疲れてしまった40代女性が今すぐできる3つのこと

あなたが辞めたいと思うほど疲れている時は、体も心もエネルギー切れの状態。

もしかしたらそのエネルギーが充電できないほど、ダメージを受けてしまっている可能性があります。

そんな疲れているあなたが、元気を取り戻せて前向きになれる方法についてお伝えしていきます。

 

1.会社を辞めたいと思っている理由を書きだしてみる

会社を辞めたいほど辛い思いをしている場合、キャパオーバーになっている状態です。

そのため、冷静な判断ができない場合もあります。

まずは30分、気持ちが落ち着く場所で、会社を辞めたいと思っている理由や原因を紙に書き出してみましょう。

紙に書き出すことで、頭の中のモヤモヤが視覚で見えてくるので、気持ちがはっきりと分かってきます。

解決の糸口を見つけたらり、辞めるべきかを整理したい時にやってみてください。

なお、なんとなく職場を違和感を感じている、スピリチュアル的なサインも感じているという方は、こちらの記事も参考にしてください。

仕事をやめなさいのスピリチュアルサインに気付く方法、運気の波に乗る転職の方法

続きを見る

 

2.休める環境ならまず休んで、心も体力も回復させる

  • 体を動かしてみる
  • 景色がいい場所へ旅行へ行く
  • 寺院巡りをしてみる
  • スパやマッサージでリラックスする
  • 親しい友人や家族と過ごす
  • 動物と触れ合う
  • 断捨離をしてみる

あなたの心身は、どんな状況にしろ負荷がかかっている状態です。

まず休んで仕事のことを忘れ、疲れを取り除いてあげることに優先しましょう。

もし、会社に休職制度があれば利用する、もしなければ一旦会社から離れて退職するのもひとつです。

 

3.疲れている原因が他にないかチェックしてみる

  • 全てにおいてイライラする
  • 体がだるい
  • 無償にむなしくなってくる
  • 仕事にやる気がない

とにかく心身ともに疲れているという場合は、もしかしたら更年期障害が原因ということもあるかもしれません。

更年期障害になってしまうと、仕事の質が落ちたり、体調が悪いのが続き働けなくなって離職するケースもあるほど、想像以上に心身ともにやられます。

心当たりがある方は、早めに婦人科に相談することをおすすめします。

>> 厚生労働省「ヘルスケアラボ」で更年期チェックを行う

もし更年期による不調だとわかれば、治療を受けることで、あなたの体も心も楽になる可能性が高いです。

 

 

辞めたいほど疲れているなら退職した方がいい

40代まで働いてきたあなたは、今までも色んな経験を積んできたはずです。

そんなあなたが、辞めたいほど疲れ切っているという状態ということは、限界といってもいい状態。

簡単に乗り越えられる悩みではない状態にきていることを、知ってほしいです。

  1. 「職場の人間関係が好ましくなかった」16.15%
  2. 「労働時間、休日などの労働条件が悪かった」14.95%
  3. 「給料等収入が少なかった」9.55%
  4. 「会社都合」6.35%
  5. 「仕事の内容に興味を持てなかった」5.65%
  6. 「会社の将来が不安だった」3.55%
  7. 「能力・個性・資格を活かせなかった」3.1%
  8. 「出産・育児」2.15%
  9. 「結婚」1.5%
  10. 「介護・看護」0.4%

厚生労働省の令和2年上半期雇用動向調査によると、40代女性の6.5%の人が退職しています。

退職の理由を見てみると、「職場の人間関係が好ましくなかった」が一番多く、次に「労働時間、休日などの労働条件が悪かった」など、自分の努力だけでは乗り越えられない問題ばかりです。

私も、周りが若い子ばかりで職場に居場所がなくて、周囲からも煙たがられているのが分かってすごく辛かったです。
おすみ

疲れて会社を辞めたいと思っているのに、自分の心や体に背を向き続けるのはやめたほうがいいです。

退職するまで、毎日悩み続けることで、うつ病などを発症して、正常な判断ができなくなる可能性が高いからです。

うつ病を発症すると、これから先何年もクリニックに通って、薬やカウンセリングを受けながら、治療をする必要があります。

治ったときには50代になっていることも考えられます。

50代になってしまうと転職がとても難しくなってしまいます。

そうならないためにも、今の危険信号から抜け出すことを一番に考えるべきです。

 

 

退職するなら押さえておきたい3つのポイント

40代で退職を決めた場合は、準備をして退職した方がいいです。

具体的にどのような準備をした方がいいのか、解説していきます。

 

ポイント①:好きなことをみつけたり資格を取ってみる

辞めると決めた後は、将来に向かって前に進まなければ未来はありません。

もし、これまで漠然とやりたいことや興味があることある場合は、退職までの時間でスキルアップや資格を取っておきましょう。

転職をする場合でも、資格の欄に何もないのとあるとでは転職活動をする上で、重要になってきます。

短期間で好きなことを見つけながら、資格も取りたいという方は

SARAの資格講座であれば、短期間で2種類の資格が取れるので、退職するまでに手に職をつけられます。

何も資格がないと心配といういう方も今からでも遅くないので、履歴書にかける資格は取っておきましょう。

\いつか自分に合った仕事がしたい方は/

SARAの資格講座をみてみる

通信講座なので、家やカフェで勉強ができます

 

ポイント②:この先のことだけを考える

会社に退職を言うのには、かなり勇気がいるもの。

40代だと定年まであと何年働けるかって見えてくるから、色々考えてしまい二の足を踏んでしまうこともあるでしょう。

しかし、辞めると決めたのであれば不安な感情はなくしましょう。

不安な感情が出てしまうと、余計な心配ごとが増えるだけです。

退職に関しては事務作業を淡々と進めていく方が、精神的にも楽に退職ができます。

 

ポイント③:しばらくの生活費は貯めておく

仕事を辞めると定期収入がなくなるので、しばらく生活できるだけのお金は用意しておきましょう。

雇用保険に入っていても、失業保険が支給されるのは、自己都合退職なら3ヶ月先となります。

2か月間の待機期間は収入がなくなりますので、最低でも2か月間の生活費は貯めておく必要があります。

もし、生活費に余裕がないという場合は、社会保険給付金を活用しましょう。

 

 

療養のための退職なら、社会保険給付金で退職後の不安をカバーできます

心身が不調で限界を感じていて、仕事を辞めたけど生活ができないという方は

社会保険給付金(傷病手当金・失業保険)を活用しましょう。

社会保険給付金(傷病手当金・失業保険)を活用すれば、お金の心配をすることなく、しっかり心も体のエネルギーをチャージしてから仕事探しをすることができます。

 

傷病手当金と失業保険を利用すれば、最長28ヶ月給付金がもらえる

もらえる給付金

  • 傷病手当:健康保険制度の給付金。給与の2/3程度の金額が最長18ヶ月支給される
  • 失業手当:失業保険とも呼ばれていて、給与の50~80%の金額が3~10ヶ月支給される。

この2つの給付金をもらうことで、最長28か月の公的給付金をもらうことができます。

条件

  • 年齢が20歳~59歳
  • 退職前の方、退職予定の方
  • 現時点で転職先が決まっていない
  • 社会保険に1年以上加入している(保険証の”資格取得年月日”をご確認ください)

一定の条件をクリアすればもらえる傷病手当を18か月間もらった後に、失業手当をもらうという流れになります。

 

自分で手続きするのが不安な場合は、申請サポートを利用しよう

公的制度で支給される給付金ですので、誰でも申請手続きができますが

この給付金、わかりにくさや手続きが複雑ということがあって、あまり利用する人がいないのが現状です。

  • 心身が辛くて、自分であれこれ手続きできるような状態じゃない…
  • ちゃんと手続きができか心配

という方は、社会保険給付金の申請サポートを利用するのがおすすめです。

社会保険給付金サポートは、専任のコンシェルジュによる万全のサポートが受けられるだけでなく、いつでも相談できるので不安な気持ちを解消できます。

サポートを利用するには費用がかかりますが、社会保険給付金が受給できない場合は、全額返金保証もついています。

会社を辞めたいと思うほど疲れているけど、退職後の生活を安心て送りたいという方や、体調を整えながら転職活動をしたいと言う方は、申請サポートを利用しましょう。

\退職後の生活が不安な方は/

社会保険給付金のサポートを受ける

ゆっくり休んで次のステップに進むことができます

 

 

40代だからといって我慢する必要はありません

この記事では、会社を辞めたいと思うほど疲れてしまった40代女性の方に向けてやるべきことと、

40代であってもつらい環境であれば、会社を辞めるのを強くおすすめします。

とは言っても、すぐに辞められないという状況もあるかもしれません。

すぐに辞められないという原因がお金の問題であれば、社会保険給付金の申請サポートを利用して、生活の基盤をしっかり立てた上で退職しましょう。

今までストレスが限界でも生活や転職のことを考えると二の足を踏んでしまっていたけど、社会保険給付金のサポートを受けることで、退職後にこれからのことを焦らず時間をかけて計画することができるようになります。

\退職後の生活は心配していないと言う方は必要ありません/

社会保険給付金のサポートを受ける

最大28か月、国から給付金が受け取れます

 

 

 

 

-仕事・ステップアップ

Copyright© おすみとおかず , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.