飲食業

調理師にぴったりな おすすめハンド クリーム!痛くてひどい手荒れを改善する方法

この記事では、仕事中でも使える手荒れ、特にひび割れやあかぎれにぴったりなハンドクリームや、ハンドクリームを使って手荒れを改善できる方法をご紹介します。

病院に行きたくてもなかなか行けないという方も、この記事を読めば今の辛い状況から抜け出すことができますので、ぜひ参考になさってください。

[toc]

調理師にぴったりな仕事中にも使えるおすすめハンド クリーム

ドラッグストアや通販サイトで買えるハンドクリームってたくさんあって悩みますが、商品によって含まれている成分が違います。

ご自身の手の状態によって使い分けるのが一番です。

とはいっても、調理師の手荒れって、ての乾燥に加えて、ひび割れや、あかぎれに悩む方が多いのが現状。

見た目もよくないし、とにかく痛いし時にはかゆくなったり。

商品を選ぶ時には、ご紹介したひび割れ、あかぎれに有効な成分が入ったハンドクリームを最優先に選ぶようにするのがおすすめです。

また仕事中に使うハンドクリームを選ぶ場合は、無香料のものを選びましょう。

尿素が配合されたハンドクリームは、傷があると刺激感が出てしまって悪化する可能性があるのでので注意が必要です
おすみ

おすすめ①:大容量が嬉しい「スキンプロテクトクリーム(メデッサスキンクリーム)」

香料 無香料
内容量 200g
金額 3,630円~

スキンプロテクトクリーム(メデッサスキンクリーム)は、医薬品のヒルドイド成分は入っていませんが、お湯や洗剤で洗っても落ちないで、水をはじくのが特徴なので、業務中に使うのにはぴったりです。

3時間に1回塗ることで、水や洗剤・汚れから、しっかり手を保護し、手荒れの予防をしてくれます。

大容量なのも嬉しいポイントです。

\仕事中に手袋をする暇がない方にもぴったり/

スキンプロテクトクリームを詳しく見てみる

送料無料でお取り寄せできます

おすすめ②:楽天35部門1位獲得の『NALCヘパリン ハンドクリーム』

香料 無香料
内容量 40g
金額 1,816円~

NALCヘパリン ハンドクリームもユースキンも、同じひび、あかぎれに合う成分が配合されていますが、飲食業のひどい手荒れ対策には『NALC ヘパリンハンドクリーム』がおすすめです。

その理由が、NALC(ナルク)には、医薬品のヒルドイドと同じ薬用有効成分が含まれていて、血行をよくするだけでなく水分保持作用で皮膚に潤いが戻ることが期待されています。

私の主人も、現在3本目を使っているくらい料理人の手に合っていると言っています。
おすみ

ポンプ式もあるので、我が家では家ではポンプ式、外ではチューブ式と使い分けているので、コスパもいいです。

NALC(ナルク)のハンドクリームは、プレゼント用にラッピングもしれくれるので、調理師へのプレゼントにもぴったりです。

\色んなハンドクリームを使ったけど手荒れが変わらない方は/

NALC(ナルク)の公式サイトから取り寄せる

ラッピングもしれくれるので、プレゼントにもぴったり

おすすめ③:第2医薬品のヒルマイルドクリーム

出典:健栄製薬
香料 無香料
内容量 30g
金額 1,078円~

ヒルマイルドクリームは第2医薬品で、医薬品のヒルドイドと同じ薬用有効成分が含まれているハンドクリームです。

病院で処方してもらわなくても、ドラッグストアで購入することができる手軽さが嬉しいです。

>>楽天市場から取り寄せる

すぐにできる!市販のハンドクリームでひどい手荒れ改善する方法

ドラッグストアや、通販サイトで購入できる身近なハンドクリームを使って、ひどい手荒れを改善できる方法をご紹介します。

ハンドクリームでおなじみの、ユースキン製薬が運営する「肌育研究所」で、ひびやあかぎれに悩む看護師さんを対象にした実験で紹介されていたハンドケアが効果的なんです。

事前調査では、ほとんどの看護師が、正しいハンドケアが行えていなかったことが明らかにされています。間違ったハンドケアは、手荒れが起こりやすい関節や、指の間にハンドケア剤(ハンドクリームなど)がしっかり塗れておらず、塗布量も少なめでした。
正しいハンドケアを日中3回と就寝前に2週間行ったところ、最初の1週間で手荒れの重症度が低下し、ひびやあかぎれが改善した
出典:肌育研究所

実際に2か月間、正しいハンドケアをして、どうなったというデータがありましたのでご紹介しますね。

出典:肌育研究所

この表では、1日2gのハンドクリームを使って2か月塗り続けたデータなのですが、両手ともに重症度のスコアが下がっているのが分かります。

ベタベタするからといって少ない量で塗った場合、重症度のグラフは横ばいのままだったんそうなんです。

これはしっかり正しいハンドケアを行う必要がありますね。
おすみ

どんなハンドケア方法をすればいいのか、詳しくご紹介しますのでぜひやってみてくださいね。

手荒れを改善する方法その1.ハンドケアを正しく行う

  • 日中3回と就寝前に正しいハンドケアを行う
  • 手を温めて塗る
  • 量は1日2gは使う
  • 手袋をはめて寝る(休憩中もするとさらによい)

ハンドケアは、日中3回と夜寝る前の合計4回行います。

出勤前、仕事開始前、休憩の時、仕事が終わって着替える時、就寝前だと、忙しくても1日4回のハンドケアできそうですよね。

仕事中はハンドクリームが塗れないと思いますので、ぜひこの4回のタイミングで習慣づけるようにしてみてください。

また、冷えた肌にそのままクリームを塗っても、成分をしっかりと浸透しないので手を温めてから塗りましょう。

ハンドクリームを塗る前に、両手を軽くこすりあわせて手を温めたり、冷えやすい手の甲は、反対側の手のひらで包むようにして温めるようにしてくださいね。

出典:肌育研究所

ハンドケアは、上の図のように塗り残しがないように丁寧に行っていきましょう。

使用するハンドクリームの量は1日2g程度で、1回あたり0.5g塗っていきます。

5gの目安は、人差し指の先端から第一関節までを2回絞り出した量です
おすみ

休憩中や夜寝る前は、0.5gよりも多めに塗るのがおすすめです。

ベタベタと感じる方もいるかもしれませんが、少ない量だと意味がないので、しっかりとつけてくださいね。

綿100%の手袋は、夜寝る前だけでなく、休憩中に休む時にもつけることでしっかりクリームを浸透させることができるので、ぜひ休憩中にも手袋を使ってみてください。

>>楽天市場で綿100%の手袋を探してみる

今すぐ手荒れを治したい方は、オンライン診療で薬をもらう方法がおすすめ

市販のハンドクリームでもなかなか改善しないという方は、病院からもらうクリームやステロイドを使ってまずは症状を落ち着かせるというのがおすすめです。

とは言っても、行きたいのはやまやまだけど、昼間はなかなか病院に行けないという方も多いと思います。

病院に行く時間がないという方は、スマホで簡単に医師に相談でき薬を処方してくれる「オンライン診察処方」がおすすめです。

医療法人ASが提供をはじめたサービスで、スマホで申込をするとオンラインで医師が病状にあわせて診断処方してくれ、薬を自宅に送ってくれます。

今まで病院で診察して、調剤薬局に行くという必要がなくなりお薬をもらうことができるので、昼間なかなか病院に行けないという方にぴったりです。

もちろん保険証が使えるので、薬局で色んな市販のハンドクリームを買うよりも、金額の負担も少なくて済みます。

んなハンドクリームを試しているけどなかなか治らないという方は、まずは病院の薬で症状を落ち着かせることで、辛い痛みやかゆみから早く解放され楽になれます

\今の辛い症状をすぐにおさえたい方は/

オンライン診療を詳しく見てみる

病院に行かなくても症状を伝えてぴったりなお薬を処方してくれます

この記事のまとめ

ひどい手荒れを改善する方法

  1. ハンドケアを正しく行う
  2. ひび割れ・あかぎれなど重症化した手に合う成分が入っているハンドクリームを選ぶ

ひび割れ、あかぎれとひどい手荒れでも、きちんとしたお手入れをすることと、ハンドクリームを選ぶことで、市販のハンドクリームでも重症度が低くなることが分かりました。

しかし、市販のハンドクリームを使っているけどなかなか手荒れが治らないという方は、オンライン診療で先生に相談してみましょう。

手荒れをどうにかしたいけど病院にも行く時間がなかったという方は、オンライン診療を受けることで手荒れが治療できるクリームやお薬を自宅まで送ってくれるので、もうハンドクリームを探す手間なく、楽に手荒れを治すことができます。

\今の辛い症状をすぐにおさえたい方は/

オンライン診療で薬を取り寄せてみる

病院に行かなくても症状を伝えてぴったりなお薬を処方してくれます

-飲食業