糖質ダイエット

ダイエット二ヶ月目で痩せない!私も体験して分かった停滞期を抜け出す方法

この記事では、ダイエットをはじめて二ヶ月で、体重が減らなくなった停滞期を抜け出す方法についてご紹介します。

ダイエットを頑張っているのに、停滞期で思うように痩せなくて辛い方、この停滞期の壁を乗り越えることがダイエットの成功の明暗を分けます。

どのようにすれば停滞期を脱出することができるか、解説していきますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

大丈夫です!ダイエット二ヶ月目の停滞期は体の自然な反応

ダイエットをはじめて二か月目、停滞期で思うように痩せないのは、「ホメオスタシス機能」が働いているから。

体の機能が正常に働いているからなんで、あなたが悪いのではないので安心してください。

非常時で食事がほとんど摂れない生活が続いた場合でも、ある程度の体重減少が起きた時点で「ホメオスタシス機能」が働くことにより、食事からのエネルギー吸収率が高まり、また基礎代謝量や運動時の消費エネルギーも低く抑えられ、それ以上の体重減少を防ぎ生命を守ることが可能になります。
引用:医療法人社団健徳会吉田医院

では、ホメオスタシス機能がいつ起こるかというのは個人差があるのですが、1カ月で3~5kg落とした時にホメオスタシス機能が働き停滞期に入りやすくなります。

ダイエットをしていても体重がなかなか減らない時は、「ホメオスタシス機能が働きはじめた」から停滞期がきたんだと思うことで、冷静に受け入れることができストレスも少なくなるのではないでしょうか。

この停滞期は約1ヶ月ほど続きます。

この1ヶ月の期間は、ホメオスタシス機能の働きを最小限にとどめるダイエットを行うようにしましょう。

 

停滞期のダイエットの方法|ホメオスタシス機能の働きを最小限にとどめる方法

  • ダイエット方法を見直す
  • 減量の目標を0.5~1kgとゆるやかに設定する
  • チートデーを作る

停滞期は、過度や食事制限や運動をやっても痩せにくいのでストレスが溜まってしまいます。

減量の目標も0.5~1kgとゆるやかに設定し、ゆるやかな糖質制限と適度な運動で少しずつ体重を落としていくことで、ホメオスタシス機能の働きを最小限にとどめながらダイエットをすることができます。

また、週に1日だけは食事制限することなく好きなものを食べる「チートデー」を設け、しっかりカロリーを摂取することで、飢餓状態から脱したと体に錯覚させ、ホメオスタシスの機能をとどめるようにしましょう。

ただし、チートデイで食べる1日の総カロリーは「体重×40kcal」におさえるようにしましょう。

この方法を1ヶ月継続していくことで、停滞期を抜け出すことができます。

停滞期は、ずっと続くわけではないので1ヶ月我慢して乗り越えていきましょう。

 

ダイエット停滞期やってはいけない3つのこと

  1. さらにハードなダイエットを行う
  2. 暴飲暴食をする
  3. ダイエットをやめる

ダイエット停滞期、なかなか体重が減らない焦りやストレスで、どうしたらいいのかダイエットが分からなくなることも。

ダイエットの倦怠期で痩せないからといって、さらに糖質制限をしたり、激しい運動をしてしまうと、余計に「ホメオスタシス機能」が飢餓状態に入っていると錯覚していしまい、ホメオスタシス機能が活発になってしまいます。

停滞期には、さらにハードなダイエットをするより、適度な運動と適度な食事制限をするようにしましょう。

また停滞期にダイエットをやめないようにしましょう。

ホメオスタシスは、停滞期にダイエットをやめた場合も機能し続けています。

ダイエットを諦めて食事の量を元に戻した場合、エネルギー消費が以前より減少しているので、余分な脂肪が蓄積されることになり、太ってしまいます。

1ヶ月の停滞期さえ乗り越えてしまえば、再び痩せる期間がくるので、あきらめずにダイエットを続けていきましょう。

 

 

停滞期が長く続く場合は、ダイエットの方法が合ってないのかも

ダイエットをやっていて、停滞期が続くという場合はもしかしたら、ダイエットが合ってないかもしれません。

逆を言えば、ダイエットが合っていると分かれば、停滞期もストレスなくダイエットを続けることができます。

ダイエット方法が、自分に合っているかチェックする方法として「遺伝子博士」というキットを使った検査があるんです。

 

自宅で簡単に検査することができ、遺伝子レベルで自分の体質を明らかにしてくれて、どんなダイエットをすればいいか教えてくれるんです。

 

 

一般的なダイエット遺伝子検査キットは他にもあるのですが、ほとんどが大きく3~4の体質タイプに分類されるのに比べ、遺伝子博士は33種類とより細かく分類されているので、自分の体質がより明確に判明できるんです。

 

結果には、効果的なトレーニング方法の他に体質も詳しく書かれているので、糖質を抑えた食事をすれば痩せるのかなども書かれていて、より効果的にダイエットをすることが可能となります。

実際に遺伝子博士を使って、ダイエット方法が見つかったという口コミがありますので、ご紹介します。

 

遺伝子博士を使っている人のSNS上の口コミ

 

 

遺伝子博士をやった人は、自分の体質を遺伝子レベルで知ることで、どんなダイエットをすればいいのかというのが明確になっている人が多かったです。

自分に合ったダイエット方法が分かれば、効果がないダイエットをする必要もないし無駄なお金を使う必要もなくなりますよね。

\ 戦略的に減量をしたい方は /

遺伝子博士を詳しくみてみる

公式サイトからの購入で25%オフ!

 

遺伝子博士はこんな人におすすめします

  • 倦怠期がなかなか終わらない
  • 今まで自己流でダイエットしたけど痩せない

倦怠期がなかなか終わらないという方や、今まで自己流でダイエットをしたけど痩せなかったという方は、ダイエットの方法が合っていないかもしれません。

遺伝子博士で検査することで、自分でも気づいていなかった体質について分かることができ、自己流ダイエットも見直すことができます。

自分の体質が分かった上で、ダイエットを行っていくのも成功への近道ですよ。

 

この記事のまとめ

この記事では、ダイエットをはじめて二ヶ月で、体重が減らなくなった停滞期を抜け出す方法についてご紹介します。

ダイエットを頑張っているのに、停滞期で思うように痩せなくて辛い方、この停滞期の壁を乗り越えることがダイエットの成功の明暗を分けます。

停滞期は1ヶ月ほどで終わりますので、諦めずにダイエットを続けていきましょう。

ただし、なかなか停滞期が終わらないという方は、ダイエット方法が合っていない可能性があります。

遺伝子博士で遺伝子レベルで体質をチェックすることで、どんなエクササイズや食生活をすればいいか分かるようになりました。

なかなか頑張っても結果が出ない人は、この機会に遺伝子博士で自分の体質を知ってみてくださいね。

\ 痩せパターンが知りたい方は /

遺伝子博士の公式サイトはこちら

公式サイトからの購入で25%オフ!

 

 

 

 

 

-糖質ダイエット

Copyright© おすみとおかず , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.