糖質ダイエット

【必見】ほっともっとをダイエット中でも食べられる!カロリーと糖質が低いメニューをご紹介

この記事では、ダイエット中でも食べられるほっともっとの糖質とカロリーが低いメニューをご紹介します。

私もダイエット中に、無性にほっともっとが食べたくなるのですが、糖質が低いものを選べば安心してほっともっとも食べられるようになりました。

この記事を読めば、糖質とカロリーが低いメニューがすぐ分かり、ダイエット中でも安心してほっともっとを食べることができるようになるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

ほっともっとはおかずのみを注文!ダイエット中でも食べられるメニュー 総合ベスト10

順位 メニュー 糖質(g) 熱量(kcal)
1位 カレールーのみ 14.7 223
2位 肉野菜炒め おかずのみ 14 281
3位 サラダプレートおろしハンバーグおかずのみ 13.2 315
4位 サラダプレートデミハンバーグおかずのみ 12.5 321
5位 スパイスカレールーのみ 19.7 320
6位 おろしハンバーグおかずのみ 21.1 356
7位 デミハンバーグおかずのみ 20.1 362
8位 サラダプレートから揚おかずのみ(4コ入り) 12.6 375
9位 サラダプレートしょうが焼きおかずのみ 13.4 376
10位 サラダプレートチーズハンバーグおかずのみ 13.6 420

ほっともっとのダイエット中にも食べられるカロリーも低く、糖質も低いメニューをランキング方式でご紹介します。

ほっともっとはおかずのみを注文すれば、ダイエット中でも食べられるんです。

9位までのメニューは、低糖質で400kcal以下で食べられて、ハンバーグや唐揚げも楽しめるのって嬉しいです。

また糖質とカロリー(熱量)別でもランキングをご紹介していきますので、併せて参考にしてみてくださいね。

 

ほっともっとの糖質が低いメニューベスト10

順位 メニュー 糖質(g)
1位 サラダプレートデミハンバーグおかずのみ 12.5
2位 サラダプレートから揚おかずのみ(4コ入り) 12.6
3位 サラダプレートおろしハンバーグおかずのみ 13.2
4位 サラダプレートしょうが焼きおかずのみ 13.4
5位 サラダプレートチーズハンバーグおかずのみ 13.6
6位 肉野菜炒め おかずのみ 14
7位 カレールーのみ 14.7
8位 サラダプレート特から揚おかずのみ(6コ入り) 17.4
9位 スパイスカレールーのみ 19.7
10位 デミハンバーグおかずのみ 20.1

ほっともっとの糖質が低いベスト1は、サラダプレートデミハンバーグおかずのみです。

サラダプレートシリーズが上位を占めているのですが、どれもほっともっとで人気のメニューがランクイン。

糖質オフのダイエットでは、成人で1日70〜130gほどに糖質をおさえるといいと言われているので、他の食事や食べ方に気をつければ、ダイエット中でも安心してほっともっとが食べられますよ。

 

ほっともっとのカロリーが低いメニューベスト10

順位 メニュー 熱量(Kcal)
1位 カレールーのみ 223
2位 肉野菜炒め おかずのみ 281
3位 サラダプレートおろしハンバーグおかずのみ 315
4位 スパイスカレールーのみ 320
5位 サラダプレートデミハンバーグおかずのみ 321
6位 おろしハンバーグおかずのみ 356
7位 デミハンバーグおかずのみ 362
8位 サラダプレートから揚おかずのみ(4コ入り) 375
9位 しょうが焼きおかずのみ 417
10位 サラダプレートチーズハンバーグおかずのみ 420

ほっともっとのカロリーが低いベスト1は、カレールーで、2位が肉野菜炒めおかずのみです。

肉野菜炒めは、リニューアルで野菜が20%増量され、キャベツ、玉葱、もやし、人参、枝豆とたっぷりの野菜が入っているのでダイエット中の人で野菜をしっかり摂りたいという人にもぴったりです。

ほっともっとはおかずのみを買うことと、食べ方さえ気をつければ、ダイエット中でも美味しく食べられるので、早速食べ方をご紹介します。

 

ほっともっとでダイエット中でも食べられるおすすめのメニュー

ほっともっとのダイエット中に食べられるおすすめベスト3をご紹介します。

 

おすすめ1位:肉野菜炒め おかずのみ


蛋⽩
脂質
炭⽔化物
糖質
食物繊維
⾷塩相当量
カリウム
リン
281kcal 16.7g 16.4g 14.0g 5.5g 4.3g 4.3g 820mg 200mg
肉野菜炒めは、キャベツ、玉葱、もやし、人参、枝豆の野菜と肉厚の豚バラ肉がたっぷり入っていますが、リニューアルで、さらに野菜が20%増量に。
宗田節のコクと豊かな風味にかつおの旨味を加えた、醤油味の特製だれと、大きめにカットされたキャベツの噛みごたえは、ダイエット中にぴったりです。

おすすめ2位:プラスサラダしょうが焼き おかずのみ

熱量
蛋⽩質
脂質
炭⽔化物
糖質
食物繊維
⾷塩相当量
カリウム
リン
376kcal 23.7g 24.6g 16.0g 13.4g 2.6g 3.1g 550mg 161mg

プラスサラダしょうが焼きは、ダイエット中の健康的な体作りに欠かせないたんぱく質が多く含まれていて、しょうがも含まれているので燃焼効果もありダイエット中にぴったりなおかず。

サラダも入っているのも嬉しいです。

プラスサラダしょうが焼きを食べた後は、エクササイズを取り入れてみてくださいね。

 

おすすめ3位:プラスサラダおろしハンバーグ おかずのみ

熱量
蛋⽩質
脂質
炭⽔化物
糖質
食物繊維
⾷塩相当量
カリウム
リン
315kcal 17.5g 19.0g 20.2g 13.2g 7.0g 3.8g 666mg 175mg

プラスサラダおろしハンバーグは、1日に必要な食物繊維を約半分を摂ることができます。

ハンバーグには、牛肉、豚肉、鶏肉の3つの肉が使われていて、ダイエット中でもしっかりと食べられるのが嬉しいです。

ゆず、すだち、かぼす、だいだい、レモンの5種の柑橘果汁のぽん酢と、たっぷりの大根おろしの組み合わせがハンバーグの美味しさを引き立たせてくれます。

 

ほっともっとをダイエット中に食べるための3つのポイント

ほっともっとでは、糖質制限中でもダイエット中でもおかずのみを注文すれば、ハンバーグや唐揚げも食べることができます。

ダイエット中にほっともっとを食べる3つのポイントをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ポイントその①:おかずを食べる前に野菜を食べる

ほっともっとには野菜がついてくるメニューがありますが、もし野菜がついていれば先に野菜を食べましょう。

もし野菜がないおかずを選んだ場合は、別にサラダを用意してほっともっとを食べる前に野菜を食べてください。

ほっともっともおかずを食べる前に野菜を食べることで、血液中の糖の値があがってしまうのを防止し、緩やかにしてくれるので、インスリンが出過ぎるのを抑制してくれます。

野菜を食べるときのドレッシングは、ノンオイルドレッシングタイプにしてくださいね。

 

ポイントその②:量が足りない場合はサイドメニューを活用する

メニュー 糖質(g) 熱量
白菜キムチ 3.6 32
グリーンサラダ 1.8 12
豆もやしナムル 1.1 42
小松菜と油揚げの和え物 1.3 32
キンピラゴボウ 5.6 35

もし量が足りないと感じたら、ほっともっとのサイドメニューを上手に活用しましょう。

ほっともっとのサイドメニューは、発酵食品のキムチや、鉄分がとれる小松菜、食物繊維たっぷりのキンピラゴボウなどが揃っています。

どれも100円前後で買えるメニューでお手頃なので、量が物足りないなと感じた場合はぜひおかずと一緒に併せて食べてくださいね。

 

ポイントその③:どうしてもお米が食べたくなったら糖質をコントロールする

ほっともっとの味付けは食欲をそそるものばかりなので、どうしてもお米が食べたくなるときがありますよね。

その時は、ほっともっとの「小盛り」利用して糖質コントロールをしましょう。

しかし、小盛りでも糖質が気になる方や、小盛りでは満足できないという方は、食べる前に糖の吸収をおさえるサプリメントを摂りましょう。

ファンケルの大人のカロリミット」を食事前に摂ると、糖だけでなく脂肪の吸収も抑えてくれ、脂肪を消費しやすくなります。

我慢ばかりの食事制限を少しお休みして、痩せたいという方にぴったりなんです。

 

大人のカロリミットを摂っている人のSNS上の口コミをチェックしてみました

ほっともっとの揚げ物を週6食べていた時、カロリミットを摂っていたから体重が太らなかったという口コミがありました。

 

食べまくったのに太っていないという声がありました。

 

大人のカロリミットの「ブラックジンジャー由来ポリメトキフラボン」の成分は、脂肪の代謝を助け消費してくれるという働きがあるので、動くと脂肪が燃えやすくなります。

大人のカロリミットを実際に摂っている人の口コミで、食べているのに体重が変わらなかった、痩せたという口コミがありました。

しっかり食べても太ってないと、体重計に乗るのが怖くなくなりますし、ストレスなくダイエットを続けることができますね。

 

  • たまにはお米を食べたい
  • 食べながらしっかり糖の吸収を抑えたい
  • 我慢ばかりの食事制限に疲れている

という方は、ほっともっとを食べるときはもちろん、普段の食事にも大人のカロリミットを摂ってから食事をしてみてくださいね。

\ 糖質を本気でおさえたい方は /

大人のカロリミットの詳細はこちら

通販限定!28日分1,000円でしっかり試せる

 

 

この記事のまとめ

この記事では、ほっともっとのお弁当の中でカロリーや糖質が低いメニューやおすすめの食べ方についてご紹介しました。

  • おかずを食べる前に野菜を食べる
  • ほっともっとのサイドメニューを活用する
  • どうしてもお米が食べたくなったら糖質をコントロールする

ほっともっとは、食べ方を気をつければ、ダイエット中や糖質制限中でも安心して食べられます。

もしお米が食べたくなった場合も、小盛りサイズにしたり、糖質の吸収をおさえるサプリメントを食事の前に摂ることで安心して食べることができるので、ダイエット中にほっともっとを食べたい方はぜひ取り入れてみてくださいね。

\ ごはんをしっかり食べたい方は /

大人のカロリミットの詳細はこちら

お試し価格は28日分1,000円!送料無料

 

 

 

 

-糖質ダイエット

Copyright© おすみとおかず , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.